洋楽和訳 Neverending Music

当ブログ管理人の「音時(オンタイム)」です。 ◆なくなってほしくない、永遠に残して、次の時代の人達にもぜひ聴いてほしいと思う洋楽を自分の想い出と曲が書かれた背景と日本語訳を紹介していきます。 ◆日本語訳を通じて、さらにその曲で歌われている物語やメッセージを知っていただき、その曲をより好きになってもらえたら嬉しいです。

カテゴリ: 楽しい・元気!

 “Like a Virgin”の大ヒットは曲もキャッチーでよかったけど何よりも僕はタイトルでぶっ飛びました!(^_^;) そして、次のシングルがこの曲“マテリアル・ガール”。この曲はこのPVにやられました! マドンナ、敢えて…のカッコ良さがありますよね!◆この曲のPVはマリリ ...

 ジミー・バフェットは当初はカントリー・アーティストだったようですが、その後カントリーに、ロック、フォーク、カリプソ、に南国をテーマにした歌詞を組み合わせ、彼なりの音楽ジャンルを確立していきました。彼のウィキペディアによると「ガルフ・アンド・ウエスタン」 ...

「フィジカル」がヒットする見通しはあったにせよ、全米チャート10週連続1位というのはさすがに行き過ぎ。オリビアは2位止まりになってしまったフォリナーファン筋から嫌われてしまいました。 (ちょっと架空の話です)。アルバム「Physical」の邦題はなぜか「虹色の扉」。 ...

1980年公開の映画「ザナドゥ」(Xanadu)。沢山のヒットを出したミュージカル・ファンタジー映画です。◆当時大人気のオリビア・ニュートン=ジョンを前面押し出し。映画では、半ば引退状態にあった往年のミュージカルスター、ジーン・ケリーが競演。音楽はエレクトリック・ ...

映画「グリース」(Grease)の挿入曲。この映画も楽しかったな。「あなたの夏休みはどうだった?」って歌ですね。 ストーリーはたいしたことない(失礼)が、ミュージカル映画として歌も雰囲気も楽しい。なんといっても「フィーバー!」で人気になったジョン・トラボルタと ...

(1976年日本武道館)オリビアの曲を聴くと、その頃の“僕“も思い出したりします。やはり“そよ風の誘惑”で僕はオリビアを好きになりました!でも…まだ1975年にはラジオ番組「全米トップ40」を聴いてなかったから、どうしてこの曲を好きになったのか???思い出を辿っ ...

あなたの朝に  いさせてねあなたの夜に  いさせてよ…とここまで言われたら…本音は……ちょっと一人になる時間が欲しいよね(^▽^;) オリビアの初のトップ10ヒットがこの“Let Me Be There”!(Top40ヒットだと1971年の「If Not For You」の25位があります)◆カントリー ...

そうかあ…ほんとに国内盤CDの発売はなかったんだ…。邦題「ソー・ハッピー・イット・ハーツ」でいいのかな…(^_^;)。今年(22年)3月に発売のブライアン・アダムスの15枚目の Album「So Happy It Hurts」。僕もとうとう…Spotifyで聴くことにしてCDの購入はしませんでした。 ...

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作、最新リマスター版で地上波初放送! 7月2日から3週連続! この曲も「Back To The Future」の主題歌。「The Power Of Love」よりも映画の内容っぽい曲です。“ドク”と“マーティ”も歌詞に出てきます。 シングルカットはないけ ...

↑このページのトップヘ