僕は狩りの真っ最中 獲物はきみだ
オオカミのように…僕は飢えてるんだ!




 デュラン・デュランは最初は「全英トップ20」で聴いていたアーチストだったと思います。
 「Planet Earth」や「Girls On Film」は全英ではヒットして、メンバーも美形だったもんだからMTVでもよくビデオを流してたので目にもしていました。(なかなかおもしろく、エッチな?ビデオ)

    でも全米でチャートに入ってこないので、僕のなかでは『まだ認めん』ってところがあったんですよ。「娘をください」と娘の彼氏が言ってきても、その男がまだ仕事でも何か一つ「これをやった」というものがない間は「認めない」というのと同じかな←娘もいないくせに(^▽^;)
 するとまもなく「Hungry Like The Wolf」が全米3位に!~「認めた!」

娘ををやってもいい!
↑だから娘いないだろって(-_-;)

12HungryWolf

◆当初この曲は邦題で「狼のように飢えて」と付いていたと思うのですが、今は「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」になってるようですね。冒頭の女の人の笑い声と途中の「吐息」が印象的です。歌詞も「狩り」ということでそういった言葉を使いつつも、内容はちょっとエッチ‼?な感じです。このブログでは少々ボカさせていただきましたが(-_-;)!

「night is a wire」「I smell like I sound」の意味がわからないのでいろいろ辞書を引いたりネットで検索していたのですが、「Wordreference.com」というサイトで、海外の人で「night is a wire」の意味をほかの人に訪ねてる人がいました。
 そのなかである人が次のように答えていました…。

「誰にもわかりませんよ。これは成句ではありません。歌の歌詞にはその言葉以外の意味で使わることもあるので聞き手は想像するしかありません。ときにはミュージシャンが「韻」や「長さ」や「カッコいいから」という理由で使うときもあります。あなたができることは、その言葉の意味を前後の文章のなかから想像することです。“Wire”と聞いてあなたはどんな印象を受けますか?
“張りつめた感じ”“細い”“電気を通す”?etc...「都会の夜」ということで思いつくのはどんな意味ですか?」


 成句や慣用句、単語の持つ意味については辞書にてしっかり調べることは重視しつつも、こうしたことも一方で大切にしたいですね!

Songwriters:
Taylor, Roger Andrew / Le Bon, Simon / Rhodes, Nick / Taylor, John / Taylor, Andy
Lyrics c EMI Music Publishing

Released in 1983
US Billboard Hot100#3
From The Album"Rio"

"Hungry Like The Wolf"lyrics(英語詞はこちらのサイトからいただきました)
:原詞は太字
Dark in the city
night is a wire
Steam in the subway
the earth is a fire
Do do do do do do do do do do do do do, do do

都会の暗闇のなか
危ない罠が張り巡らされてる
地下鉄から出る熱気で
地球が燃えているようさ
Do do do do do do do do do do do do do, do do

Woman you want me
give me a sign
And catch my breathing
even closer behind
Do do do do do do do do do do do do do, do do

そこの彼女 僕がほしいなら
サインを出してくれよ
そしたら僕の息遣いを感じてよ
後ろからもっと近くにね

In touch with the ground
I'm on the hunt I'm after you
Smell like I sound, I'm lost in a crowd
And I'm hungry like the wolf

Straddle the line,
in discord and rhyme
I'm on the hunt I'm after you
Mouth is alive with juices like wine
And I'm hungry like the wolf

地面に身を伏せて
僕は狩りの真っ最中 きみを追いかけて
闇にまぎれて 匂いもさせない
僕はオオカミのように飢えている

まっすぐに両足で立ち
正しく韻を踏んだり 調子を狂わせて
僕は狩りの真っ最中 獲物はきみだ
口元にワインのような唾液を流してるよ
僕はオオカミのように飢えてるんだ

Stalked in the forest
too close to hide
I'll be upon you
by the moonlight side
Do do do do do do do do do do do do do, do do

森の中 獲物に忍び寄るんだ
近すぎて隠れることのできないくらい
きみの上から襲いかかる
月の光が見える方角から
Do do do do do do do do do do do do do, do do

Hot blood drumming on your skin
it's so tight
You feel my heat
I'm just a moment behind
Do do do do do do do do do do do do do, do do

きみの肌から熱い血が脈打つ
きつく抱きしめるんだ
僕の熱いものを感じるだろ
あとから行くよ もうすぐだ
Do do do do do do do do do do do do do, do do

In touch with the ground
I'm on the hunt I'm after you
Scent and a sound,
I'm lost and I'm found
And I'm hungry like the wolf

Strut on a line,
it's discord and rhyme
I howl and I whine I'm after you
Mouth is alive all running inside
And I'm hungry like the wolf

地面に身を伏せて
僕は狩りの真っ最中 きみを追いかけて
匂いも音もさせず
我を失い また正気に戻る
僕はオオカミのように飢えている

終始気取ってるのさ
正しく韻を踏んだり 調子を狂わせて
吠えたり すすり泣いたり きみを追いかけて
口元が敏感になって 唾液があふれ出る
僕はオオカミのように飢えてるんだ

Hungry like the wolf
Hungry like the wolf
Hungry like the wolf

オオカミのように…
オオカミのように…
僕は飢えてるんだ!

Burning the ground
I break from the crowd
I'm on the hunt I'm after you
I smell like I sound,
I'm lost and I'm found
And I'm hungry like the wolf

大地を焼き払い
人ごみから離れて
僕は狩りの真っ最中 獲物はきみさ
匂いも音も一緒になって
気を失い 正気に返る
オオカミのように飢えてるんだ

Strut on a line,
it's discord and rhyme
I'm on the hunt I'm after you,
Mouth is alive
with juices like wine
And I'm hungry like the wolf

終始気取りながら
不規則の次に規則的に
僕は狩りの真っ最中 獲物はきみさ
口元は溢れてる
ワインのような唾液でね
僕はオオカミのように飢えている

Burning the ground
I break from the crowd
I'm on the hunt I'm after you
Scent and a sound,
I'm lost and I'm found
And I'm hungry like the wolf
Strut on a line,
it's discord and rhyme
I howl and I whine I'm after you
Mouth is alive
all running inside
And I'm hungry like the wolf

もう僕から逃れられないよ
僕はオオカミのように飢えてるんだから

(Words and Idioms)
straddle=両足を広げる またぐ
discord=不一致
whine=すすり泣く
break from=離れる

日本語訳 by 音時


(PS)冒頭のこの曲のPVはスリランカでの撮影らしいですよ。

(PS2)Wikipediaより。Duran Duranの初来日時に『夜のヒットスタジオ』に出演した際、司会の芳村真理が「何か知っている日本語はありますか?」と質問し、ル・ボンが話した言葉は「コンヤ、ドウ?(今夜、どう?)」であった。これは同じく司会の井上順が教えたと言われている。

◆PVはなかなか面白いですね。音は全盛期のライヴのサウンド。映像には虎が出てきたり、警察が登場してきたり、メンバーが逆に追われたり…!



◆1982年のNYでのライブ。歌うサイモンのTシャツに何故か「拳」の文字。But、演奏にこのサックスがいるのかよくわからない。最後はサイモンの雄叫び!