ワム!の明るいポップスソングは時代を明るくしてくれました!





 この曲"I'm Your Man"をシングルでリリースしたときは1985年9月。…ワム!の突然の解散の発表は86年3月だったから、まだ解散なんて考えてもいなかった。(もちろん、ジョージのソロ活動は目立ち始めていたので、不思議ではなかったけれど...)。その後、ワムのラストアルバムとして、2枚組の"The Final"、また、北米と日本のみ発売の"Music from the Edge Of Heaven"に"I'm Your Man"は収録されます。

◆ワム!は、"ワム・ラップ!"や"ヤング・ガンズ"など、デビュー作ではまだ「バッド・ボーイズ」的な打ち出しがされていたワム!ですが、アルバム"Make It Big"の"Wake Me Up Before You Go-Go"から名実ともに「ポップスター」になりましたね。
 "Freedomやこの曲"I'm Your Man"なんかはズンズン進んでいくようなリズムのポップスで、まるで60年代のモータウンのヒット曲を想い出します。そんなあたり、ジョージの曲作りのポイントがあるところだろうな。
 歌詞は今にして、ジョージがゲイであったことを思うと、ふむふむ、そうか...と感慨深いのですが...(^▽^;) ライヴでの、"If you're gonna do it, do it right"に"- right? Do it with me"の掛け合いは、なかなか楽しそうです。


ジョージ、きみの作った楽しい作品、僕はいまだに聴くことが沢山あるよ。
天国でもみんなを音楽で楽しませてあげてください…。



Writer(s): George Michael

Released in 1985
US Billboard Hot100#3
UK Single Chart#1
From The Album“The Final”
From The Album“Music from the Edge of Heaven”


"I'm Your Man"Lyrics

:原詞は太字

僕をいいヤツと言っても
僕を悪いヤツと言ってもいい
お望み通り 何て呼んでもいいさベイビー
だけどわかってるよ  きみが悲しいんだって
僕がきみをハッピーにさせてあげられる
これまでにないような素敵な愛でね

ベイビー 僕がきみの彼氏なんだ
(わからないかい?)
ベイビー 僕がきみの恋人だからね
絶対だよ
きみがその気なら やっちゃえばいい
僕と一緒にね

素敵だよ
きみは女神さまさ
きみが欲しいし
きみを気持ちよくさせてあげたい
でもみんなそれが罪だって言うんだ
善良な人達が行く場所は誰もがわかってる
でも僕らはどこに行くんだい? ベイビー
そこでは"ノー"なんて言葉はないんだよ

ベイビー 僕こそきみの恋人さ
(僕が誰だかわからない?)
ベイビー 僕がきみの彼氏だからね
絶対だよ
きみがその気なら やっちゃえばいい
僕と一緒にね
さあおいでベイビー 家に連れてってよ
僕をここに残して行かないで
ひとりじゃ できやしないさ


ファーストクラスの情報さ
僕はきみの
セクシャルインスピレーションになるんだ
ちょっとばかし刺激的で
ひとりでなんかできやしない
そうさ どうして他のヤツらと遊んで
時間を無駄にするんだい?
僕のものをあげるよ
犠牲になったって構わないさ
きみの友だちも知らなくていいんだよ
僕が本当に素敵な場所に連れていってあげる

聞いてくれ
きみに構ってもらわなくたっていい
きみにわかってもらえなくてもいい
僕はきみのためにそこにいたいだけ
そして僕がその気になったら
きみが僕を求めるのなら…
僕はきみの男なのさ!

きみがその気なら そうしちゃおう
そうだろ? 一緒にね
ねえ よく聞いてよ
きみがその気なら…僕が言うことわかるかい
きみがその気なら…投げ出したりしないでね
途中で放り投げたりしないでよ

だってさ
僕はきみの男の子にも オトナの男性にも
きみの良き理解者にもなる
僕は最初で 最後の
きみが求めるただ一人の男になる
きみの友だちで きみのオモチャで
きみに歓びを運ぶ男にもなる
きみの希望にもなり きみの真珠にもなる
きみを地球の裏側にも連れて行ってあげる
きみを金持ちにも 貧乏にもしてあげる
だから 出て行ったりしないで

僕と一緒にどう...?


(Words & Idioms)
stimulation=刺激
halfway around the world=地球の反対側に


日本語訳 by 音時




wham-im_your_man_s_1

シングルのジャケット写真はこちらのサイトからいただきました。