Deep Purple 10月の来日(東京幕張、大阪、博多)が決まりました!
デビュー50周年、深紫伝説、遂に最終章!? 


(チケットぴあ)

メンバーは、
IAN GILLAN
STEVE MORSE
DON AIREY
ROGER GLOVER
IAN PAICE





:僕はロック・ギタリストを本気では目指しませんでした(^▽^;)。でもエレキギターを買って、Highway Starのリッチー・ブラックモアのギターフレーズは練習した(すぐに挫折)。でも世界中でも多くのロック少年が、とりわけ日本のロック少年はPurpleの「Highway Star」と、Led Zeppelinの「Stairway To Heaven(天国への階段)」は猛練習・大特訓しましたね!

Wikipediaより:
この楽曲では、中盤部分に入るジョン・ロードのバッハのコード進行を引用したキーボードソロと後半のリッチー・ブラックモアの面目躍如たる速弾きギターソロが特に有名である。
 バンドの代表格であるブラックモア、ロードはクラシック音楽の影響を非常に強く受けており、それまでにもロックとクラシックの融合を試みた経緯がある。そこで彼らはこの楽曲にもクラシックフレーズ導入を決意し、中盤部分でバッハのコード進行が遺憾なく発揮されている。このクラシックフレーズ導入は結果として成功し、パープル第三期の曲「burn」でも、バッハのコード進行は引用されている。

◆海外サイトの「すごいロックギターソロベスト」などでも「Highway Star」は必ず入りますね。
こちらのGuitar Worldのサイトでは第15位でした。

◆今回の日本公演のニュースでは「深紫伝説、遂に最終章!?」とあります。第2期黄金時代のボーカルを務めたイアン・ギランも既に70歳を越えています。最終章、見ておきたいですね。

Released in 1972
From The Album"Machine Head"

Songwriters: Blackmore, Ritchie / Gillan, Ian / Glover, Roger / Lord, Jon / Paice, Ian Anderson
lyrics © EMI Music Publishing

"Highway Star"Lyrics


俺の車には誰も乗れやしない
俺は地の果てまで乗りこなしてやるぜ
俺の車は誰にも負けやしない
音速以上の走りを見せるぜ
ああ まるで殺人マシーンだ
何だって装備されてるのさ
パワーエンジン でかくてぶっといタイヤ
何もかもさ

そいつが好きなんだ!
俺には必要なんだ!
そいつのためなら喜んで血を流すぜ!
まさに荒れ狂ったハリケーン
いいか しっかりつかまってろよ
俺はハイウェイ・スターなんだから

俺の女は誰にも渡さねえ
ずっと俺のものなんだからな
俺の女は誰にも触れさせねえ
どんな曲がった道だって
彼女は俺から離れたりしないのさ
ああ 彼女こそ殺人マシーン
何だって持ってる女なんだ
おしゃべりな口 引き締まった体
何もかもさ

アイツが好きなんだ!
俺には必要なんだ!
俺がいい女にしてやるんだ!
アイツが俺をその気にさせやがる
そうさ しっかり見とけよ
俺こそハイウェイ・スターなんだから

誰にも俺のまえは行かせない
俺の脳みそはスピードでいっぱい
誰も俺の前を走ろうったって無理さ
そいで俺はまた道路を走るんだ
まるで天国の気分さ
なんだって持ってるからな
大地を揺るがせる爆音が公道に響いてるぜ

そいつがたまんねえ!
そいつなしではいらんねえ!
俺こそ そいつの主なのさ
八気筒はぜんぶ俺のもの
わかったかい
よく聞いてろよ
俺こそがハイウェイ・スターなんだ!

まるで荒れ狂うハリケーンさ
わかったかい
よく聞けよ
俺がハイウェイの
俺がハイウェイ・スター
俺こそがハイウェイの星☆彡なんだ


(Words & Idioms)
bend=(道路の)カーブ

日本語訳 by 音時

(PS)"愛してる! 必要だ! 首ったけ! 激しい嵐 大丈夫 抱いてやる オイラ高速道路の星~!♬" 王様の「高速道路の星」は衝撃的でした(笑)