B面ラス前はこのアルバムのタイトル「She's So Unusual」の「元」と考えられる曲“He's So Unusual“。

この曲はシンディのオリジナルではなくて、1920 年代後半にヘレン・ケインが歌った歌で、ベティ・ブープ(ベティちゃん)のキャラクターのインスピレーションの元となった曲であるとのこと。映画「スウィーティー」でも使用された、とのこと。(この記事の最後に音源と歌詞、日本語訳を載せます)

Sweetie_(1929_film)_poster

シンディがキャラクターのような声で“He's So Unusial…♫”と歌い終わると、
すぐ“Yeah Yeah”のイントロのドラムが入るところにハッとします!


A1UFSTttMGL._UF1000,1000_QL80_



Songwriter(s) Al Sherman, Al Lewis, Abner Silver

Released in 1984
From the Album “She's So Unusual”

*原詞の引用は太字

You talk of sweeties bashful sweeties
I've got one of those
Oh he's handsome as can be
But he worries me

内気な可愛い子のことを話してる
アタシにもそんな子がいるわ
ああ 彼は最高にハンサム
だけど 彼は私を心配させるのよ

He goes to college
And gathers knowledge
Oo, what that boy knows
He's up in his Latin and Greek
But in his sheikin' he's weak cause
When I want some lovin'
And I gotta have some lovin'
He says please, stop it, please
He's so unusual...

彼は大学に通って
知識を蓄えている
ああ 彼は何を知ってるのかな
ラテン語とギリシャ語が得意
でも 彼は弱いところがある
だって 私が愛されたいとき
愛されなきゃいけないとき
彼はお願い  やめて お願いって言うの
彼はすごく変わってる男の子...


(Words and Idioms)
bashful 【形】〔人が社交的な状況で〕恥ずかしがりの、内気な


日本語訳 by 音時

71s2OKu3TgL._UF1000,1000_QL80_





◆Cyndi Lauper - He's So Unusual / Yeah Yeah (Greek Theatre, Los Angeles CA 6/13/13)




◆こちらヘレン・ケインのオリジナル。





You talk of sweeties, bashful sweeties, 
I got one of those, 
Oh, he's handsome as can be, 
But he worries me; 
He goes to college and gathers knowledge, 
Hooh! What that boy knows! 
He's up in his Latin and Greek, 
But in his sheikin', he's weak! 

内気でステキな子について話してるけど
私にもそんな子がいるわ
ああ 彼は最高にハンサムよ
だけど私は心配なの
彼は大学に行って知識を蓄えてる、
うー!彼はどれだけ頭がいいの!
彼はラテン語とギリシャ語が得意
だけど 揺さぶられると弱いところがある

Cause when I want some lovin', 
And I gotta have some lovin', 
He says, "Please! Stop it, please!" 
He's so unusual! 

だって私が愛されたいとき
愛されなきゃいけないとき
彼は「お願い! やめてB お願い!」って言うの
彼は本当に普通じゃない

When I want some kissin', 
And I gotta have some kissin', 
He says, "No! Let me go." 
He's so unusual! 

私がキスしたいとき
キスされなきゃいけないとき、
彼は「やだ! 放してくれ」って言う
彼は本当に普通じゃないの

I know lots of boys who would be crazy over me, 
If they only had this fellow's opportunity. 
You know, I would let him pet me, 
But the darn fool, he doesn't let me! 
Oh, he's so unusual that he drives me wild! 

私に夢中になる男の子は たくさんいるわ
彼らに この子みたいな機会さえあればね
ほら  私は彼に撫でさせてあげるのに
でもなんてこと! 彼は私にさせてくれない!
ああ 彼はとても変わっているから
私は夢中になっちゃうの!

When we're in the moonlight, 
He says, "I don't like the moonlight. 
Aw, let's not talk in the dark." 
Huh, he's so unusual! 

私たちが月明かりの下にいるとき
彼は「僕は月明かりは嫌いさ
ああ 暗闇で話すのはやめよう」と言う
はぁ…彼はとても変わっている!

And when we're riding in a taxi, 
He converses with the chauffeur, 
Oh, why don't he talk to me? 
Oh, he's so different! 

タクシーに乗ってる時だって
彼は運転手と会話するのに
ああ どうして私に話しかけないの?
ああ 彼はとても変わってる

Others would be tickled pink to bop-op-a-dop-e-dop! 
He don't even know what bop-op-op-a-dop's about! 
He says love is hokum, 
Oh, I'd like to choke, choke, choke him! 
Cause he's so unusual that he drives me wild! 

他の人は(bop-op-a-dop-e-dop)に大喜びする
彼は(bop-op-a-dop-e-dop)が何なのかさえ知らない
彼は愛なんてでたらめだって言う
ああ 私は彼の息を止まらせてあげたいわ!
だって 彼は普通じゃない 
だから私を乱暴にさせるのよ!

You might as well be by yourself as in his company, 
When we're out together, I'm as lonesome as can be. 

彼と一緒にいるのと同じくらい一人でいるのもいい
だけど一緒に出かけるとき これ以上ないほど孤独になるの

But still I'm mad about him, 
And I just can't live without him,
Cause he's so unusual
that he drives me bop-bop-a-dop-bop!

でも 私はまだ彼に夢中なの
そして彼なしでは生きていけない
彼はとても変わっているから
私を夢中にさせるのよ

(Words and Idioms)
be tickled pink [to death] ... 《口語》〈人が〉非常に喜ぶ[楽しむ]. 
hokum 【名】 〈米話〉〔本当らしく見える〕でっち上げ、いかさま

日本語訳 by 音時