ミッシング・パーソンズは全米シングルHOT100チャートではTop40ヒットはありません。
デビュー・アルバムからは“Words”とこの曲“Destination Unknow”がともに最高位42位で、チャートインまでもう一歩のところでした。

でも日本ではFMなんかでよくかかっていた気がします。
このジャケットもよく目にしました。アップになっている女性はデイル・ポジオ(Dale Bozzio)。


83e8b58e4d

◆Missing Personsについて:ウィキペディアより

ミッシング・パーソンズ(Missing Persons)は、ギタリストのウォーレン・ククルロ、ボーカリストのデイル・ボジオ、ドラマーのテリー・ボジオによって、1980年にロサンゼルスで結成されたアメリカのロック・バンドである。後にベーシストのパトリック・オハーンとキーボード奏者のチャック・ワイルドを加えた。デイルの風変わりな声と奇抜なメイクは、1980年代初頭にバンドをMTVのお気に入りへと導いた。


◆邦題は「失われた未来」。
和訳して思ったのですが、んー、これは違うなあ。

Life is So strange   (人生はとっても不思議)
Destination Unknown(行き先もわからないのよ)

と主人公は人生を楽しんでる?もしくは考えても仕方がないと思ってるのであって、
未来が失われてる、とか悲観しているわけじゃない。
レコードのジャケットなんかはSFチックな感じはありますが、
SFというよりも「人生訓」を歌っているような歌詞です。

ではどうぞ。



R-4372243-1452575020-9237


Songwriter(s)
Dale Bozzio、Terry Bozzio、Warren Cuccurullo

Released in 1982 
US Billboard Hot100#42 
From the Album “ Spring Session M”
(このアルバムタイトルは、Missing Persons の言葉を入れ替えたアナグラムであるとのこと)


*原詞の引用は太字


Life is so strange when you don't know
How can you tell where you're going to
You can't be sure of any situation
Something could change and then you won't know

人生は知らないととても不思議なものよ
どこに進むのか あなたはわかってる?
自分がどんな状況なのか理解できてなくても 
何かが変わるかもしれない 
そしてあなたは気づかない

Ask yourself
Where do we go from here
It seems so all to near
Just as far beyond as I can see
I still don't know what this all means to me

自分自身に聞いてみる
人は ここからどこに行くのかな?
とても近くの場所に思えるけど
私は知ってる限りの話だけど
それが私にとって
何を意味するのかわからない

Tell yourself
I have nowhere to go
I don't know what to do
And I don't even know the time of day
I guess it doesn't matter any way

自分自身に言い聞かせる
どこにも行くところがなくて
何をしたらいいのか分からない
一日の時間すら分からないのよ
だけど そんなの どうでもいいこと

Life is so strange
Destination unknown
When you don't know
Your destination
Something could change
It's unknown
And then you won't know
Destination unknown

人生ってとても不思議
まるで見知らぬ場所への冒険よ
誰にもわからない
自分の目的地がどこなのか
何かが変わるかもしれない
気づかないうちにね
そして この先もわからない
行き先のわからない旅みたいね

Life is so strange
Destination unknown
When you don't know
Your destination
Something could change
It's unknown
And then you won't know
Destination unknown

You ask yourself
When will my time come
Has it all been said and done
I know I'll leave when it's my time to go
'Til then I'll carry on with what I know

あなたは自分自身に問いかける
自分の時代はいつやって来るの?
結局のところ もう来てしまったのかな?
そのときになったら 出発するのよ
それまでは わかってることを続けるわ

Life is so strange
Destination unknown
When you don't know
Your destination
Something could change
It's unknown
And then you won't know
Destination unknown

人生ってとても不思議
まるで見知らぬ場所への冒険よ
誰にもわからない
自分の目的地がどこなのか
何かが変わるかもしれない
気づかないうちにね
そして この先もわからない
行き先のわからない旅みたい

Life is so strange
Destination unknown
When you don't know
Your destination
And something could change
It's unknown
And then you won't know
Destination unknown

Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange
Life is so strange

人生って不思議
人生って奇妙よね
人生ってだから面白い

(Words and Idioms)
as far as I can see 見渡す限り 私が見る[知る・分かる・判断できる]限りでは

日本語訳 by 音時


R-1351746-1212015336


ちょっと主人公が、この先がわからないからこそ人生を楽しんでいるように意訳してしまいました。
が、この曲のSongmeaningsのページに、この曲が書かれた背景について情報をコメントしている方がいました(二人ほど)。
 二人が書かれていたのは、この曲をデイルが書いたのはちょうど彼女の男兄弟のブライアンが亡くなってしまい、この経験を踏まえて書かれた、との情報です。

デールは弟のブライアンが亡くなったばかりだったので、死を恐れていました。 彼女はこの出来事から生じる不安やその他の感情を処理することができないので、彼女が思いつくことができるのは、「私が知っていることを続ける」という、いつもと同じようなことをすることだけでした…。

私はまさにこの状況について「Destination Unknown」を書いたの。自分が亡くなることは分かっていた。そうなるべくしてなったのよ。イエス "とも "ノー "とも言うチャンスはなかったのよ…。

詳しいことは調べてみたのですがこの方達からの情報からしかわかりませんでした。

主人公は「人生を楽しんでいる」のではなく、どうなるかわからない人生だから、ただいつものことをやり続けるしかないわ…っていうことかもしれません…。