この曲が全米Top40でチャートに入ってきたとき、“Use Ta Be My Girl”というのが辞書を引いてもわかりませんでした…!
 (英和辞典の引き方もわかってなかったんでしょうね…!)

◆Weblio英和辞典では…こう載っておりました。

useta=
(informal) used to: accustomed to

はい、
“ she used to be my girl “

used to doは「以前はよく〜した」「かつては常に〜していた」という意味で、「今と違って昔は」とういニュアンスがありますね。

◆この曲の「Song to tell」ページに載っていたこの曲の解説文を紹介しましょう。

 オージェイズの曲「Use Ta Be My Girl」は、歌手がかつて愛した女性との関係に敬意を表したものである。 歌詞は、歌手が元恋人とのつながりを切望していることと、彼女を「魅力的な性格」で「私にぴったりだった」人として懐かしく思い出している様子を強調している。 彼は、昔は彼女を無視していたが、今でも彼女のことを深く気にかけていて、「良い愛情」と「かつては私の彼女だった」ことを切望していたことを懐かしく表現します。 この曲の歌詞は、関係の終わり方に対する後悔と、もし二度目のチャンスがあれば「今日のようにすぐに」彼女を取り戻してほしいという願いを表現している。

…だそうです(^_^;)。

うーん、邦題は“愛しのマイ・ガール”だけど、元カノで今は別れてるけど、彼女を取り戻したいニュアンスが欠けてるなぁ…。ニュアンスを邦題でも入れるなら…「かつてのマイ・ガール」「懐かしのマイ・ガール」「取り戻したいよマイ・ガール」…やっぱり“マイ・ガール”は残したいな…。

作者ギャンブル&ハフで、ノリもよく、明るい曲で好きだったな。

O'JayUta


Songwriter(s) Kenny Gamble & Leon Huff

Released in 1978
US Billboard Hot100#4
From the Album “So Full of Love”

*原詞の引用は太字

(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Doo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Doo-doo

Ooh, good lovin'
The girl's got plenty good lovin'
Ask me how I know
And I'll tell you so
She used ta be my girl

I, I respect her
When she was mine
I used to neglect her
Oh, she wanted more
Than I could give
But as long as I live
She'll be my girl
She...

ああ 愛してるよ
そぼ娘はたくさんの愛を持ってるのさ
なんで知ってるか?って聞きたいかい?
教えてあげる
彼女はかつて僕の彼女だった

僕はね 彼女を尊敬してるんだ
彼女が僕のものだったとき
僕は彼女に見向きもしなかったけど
ああ 彼女は僕よりも もっと
愛が欲しかったんだ
だけど僕が生きている限り
彼女はまた僕の彼女になる
そうなんだ

She use ta be my girl
She use ta be my girl
She had a charming personality
The girl was so right for me
She's my girl

彼女は以前僕の彼女だったんだ
彼女は僕の元カノなんだよ
彼女は魅力的な性格をしていた
そして僕との相性もぴったりだった
彼女は僕の彼女

And if I had the chance
Lord knows I'd take her back
As a matter of fact
Right away like today
Not only good lookin'
The girl was so smart
You can't beat her cookin'
Oh, ask me how I know
And I'll tell you so
She used ta be my girl, ooh

もし 機会があったら
僕は彼女を連れ戻したいよ
実際のところ
今日とか いますぐにだって
見た目がいいだけじゃないのさ
彼女はとっても賢かった
彼女の料理に勝るものはないよ
ああ なんでわかるか 聞きたいかい?
じゃあ 教えてあげるよ
彼女はかつては僕の彼女だったのさ

Deep down inside
I still love her
I place no one above her
She's warm and sensitive
For as long as I live
She'll be my girl
And if I had the chance
Lord knows I'd take her back
As a matter of fact
Right away like today
Ooh, well

僕は心の奥深くで
まだ彼女を愛してる
僕にとって彼女はいまだに最高の女性さ
温かくて  感受性が豊かなんだ
僕が生きている限り
彼女は僕の彼女だよ
そして もしチャンスがあったら
僕は彼女を連れ戻したいのさ
本当なんだ
もう今日だって いますぐにでも
ああ そうだよ

Shoo-doo-doo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Doo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shooby-dooby-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shoo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Doo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo) Shooby-dooby-doo

Good lovin'
The girl's got plenty good lovin'
Ask me how I know
And I'll tell you so
She use ta be my girl, my girl
She used to be

素敵な娘なんだ
その娘はいっぱい愛を持ってるのさ
そんなこと何でしってるかって?
じゃあ 教えてあげるよ
彼女は僕の元カノなんだ  僕の彼女
以前は僕の彼女だったんだ

She use ta be my girl
She use ta be my girl
(I wouldn't lie about a thing like that)
She use ta be my girl
She use ta be my girl
(She was mine, all mine, all mine)
She use ta be my girl
She use ta be my girl
She use ta be my girl
She use ta be my girl

Deep down inside, I still love her
I'll place no one above her
Just got to say shoo-doo, shoo-doo
Shoo-doo-doo-doo, doo-doo-doo
She was mine, all mine
Shoo-doo-doo-doo
(Shoop-shoop-shoo-doo-doo)
She use ta be my girl
She used to be my girl
She use ta be my girl
She use ta be my girl, my girl
She use ta be my girl

僕は心の奥深くで
まだ彼女を愛してる
ああ 言わせてくれよ
彼女は僕のものだったんだ
そしていまも僕のものさ
彼女は僕の元カノだった
彼女は僕の恋人だったんだ

日本語訳 by 音時


71dhufAhJcL._AC_UL600_SR600,600_



◆この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみましょう。

US Top 40 Singles Week Ending 8th July, 1978 
TW LW TITLE Artist (Label) -Weeks on Chart (Peak To Date)

アンディの1位が続きます。(ジェリー・ラファティ、アバ、ゴメンナサイ by アンディ)
オージェイズはこの4位が最高位。2週4位を記録して翌々週に8位に後退します。
5位のボブ・シーガー好きでした。ストーンズがディスコ?問題作“Miss You”は14位からトップ10入。9位ヒートウェイヴ、当時“フ〜フ〜ソング”とか言われてたな。

1 1 SHADOW DANCING –•– Andy Gibb (RSO) -13 (4 weeks at #1) (1)
2 2 BAKER STREET –•– Gerry Rafferty (United Artists) -12 (2)
3 4 TAKE A CHANCE ON ME –•– Abba (Atlantic) -12 (3)
4 5 USE TA BE MY GIRL –•– The O’Jays (Philadelphia International) -11 (4)
5 7 STILL THE SAME –•– Bob Seger and the Silver Bullet Band (Capitol) -9 (5)

6 3 IT’S A HEARTACHE –•– Bonnie Tyler (RCA) -16 (3)
7 14 MISS YOU –•– Rolling Stones (Rolling Stones) -7 (7)
8 9 DANCE WITH ME –•– Peter Brown with Betty Wright (Drive) -19 (8)
9 10 THE GROOVE LINE –•– Heatwave (Epic) -10 (9)
10 6 YOU BELONG TO ME –•– Carly Simon (Elektra) -13 (6)