“ストライパー”はウィキペディアによると、“1980年代のLAメタル・ムーブメントから誕生したグループの一つ、で、“ゴスペルと激しいメタルのサウンドの融合でクリスチャン・メタルというジャンルを確立した“とあります。“クリスチャン・メタル”というジャンルも面白いですね。

ストライパーについて、詳しくはこちらウィキペディアをどうぞ。


Striperimages
やっぱり阪神ファンか…?違うんか〜い!


◆この曲の歌い出し…静かで、最初女性ボーカルなのかな?と思いました。この曲のYouTubeのコメント欄に、ある方(ファンでキリスト教徒の方)が「神が語りかけてくれている」とコメントしています。

私はいつも、これは神が私たちに歌っているのだと信じてきた。私はカトリック教徒だが、この歌はあらゆるレベルで私に語りかけてくる。私は良いカトリック教徒ではありませんでしたが、自分の行動を正し、神に許しを請う時間があることを知っています。美しい曲だ。これまでも、そしてこれからも…。

異性・同姓問わず、愛情と友情を歌ったものとして和訳しましたが、たしかに「神が語りかけてくれている」とも解釈できるのかな、と思いました。


R-9822421-1487936709-1947


Songwriter(s) Michael Sweet

Released in 1987
US Billboard Hot100#23 
From the Album “To Hell with the Devil” 

*原詞の引用は太字


Honestly
I believe in you
Do you trust
In me?

心から
きみを信頼してる
きみは僕を
信頼してるかい?

Patiently
I will stand by you
I will stand
Beside you faithfully


ひたすらに
きみの味方でいるよ
僕は変わらず
誠実にきみのそばにいる

And through the years
I will be
A friend
For always and forever

何年もずっと
僕はずっと
友達であり続ける
いつでも いつまでもそうさ


Call on me
And I'll be there for you
I'm a friend
Who always will be true
And I love you, can't you see?
That I can say I love you


僕を呼んでくれ
きみのためにそこにいくから
いつだって
きみの真実の友達なんだ

きみを愛している  わかるかい

はっきり愛してると言えるんだ


Honestly

こころからずっと

[Instrumental solo]

Call on me
And I'll be there for you
I'm a friend
Who always will be true
And I love you, can you see?
That I love you honestly
I will never
Betray your trust in me!
And I love you, can you see?
That I can say I love you


僕を呼んでくれ
きみのためにそこにいくから
いつだって
きみの真実の友達さ
きみを愛している  わかるかい
はっきり愛してると言えるのさ
僕は決して
きみの僕への信頼を裏切らない
きみを愛してる  わかるだと
はっきり愛してると言えるんだ


Honestly

こころからまっすぐに


日本語訳 by 音時

Stryper-THWTD-1st



◆全米Hot100チャートでトップ40にチャートインした曲はこの“Honestly”一曲だけです。

この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみると…

US Top 40 Singles For The Week Ending 30th January, 1988
TW LW TITLE Artist – Weeks on Chart (Peak Position) 

イネスクセスが1位。ティファニー、バングルス、マイケルを挟んでエクスポゼのバラードがトップ5。7位にジョージ、8位にエリックの復活組もチャートを賑わしていて懐かしいな。
こんな週にストライパーは最高位23位を記録しています。この頃は、FM東京でのトップ40を聴いていたなあ。

1 2 NEED YOU TONIGHT –•– INXS – 15 (1)
2 3 COULD’VE BEEN –•– Tiffany – 10 (2)
3 5 HAZY SHADE OF WINTER –•– The Bangles – 12 (3)
4 1 THE WAY YOU MAKE ME FEEL –•– Michael Jackson – 11 (1)
5 8 SEASONS CHANGE –•– Expose – 10 (5)

6 10 I WANT TO BE YOUR MAN –•– Roger – 12 (6)
7 4 GOT MY MIND SET ON YOU –•– George Harrison – 15 (1)
8 11 HUNGRY EYES –•– Eric Carmen – 13 (8)
9 6 CANDLE IN THE WIND –•– Elton John – 13 (6)
10 7 TELL IT TO MY HEART –•– Taylor Dayne – 17 (7)

23 25 HONESTLY –•– Stryper – 13 (23)




◆武道館でのライヴのようです。