星船さん、僕もこの曲取り上げるとは思ってませんでした…!(^_^;)

「ビルボードチャート日記」by 星船 Causing A Commotion の記事

この曲は全米チャートで最高位2位でした。この曲の首位を阻んだアーティスト・曲は何でしょう…?上記の星船さんブログをご参照ください。

◆この曲がヒットしていた時に“Causing a Commotion”ってどんな意味だろう?って当時調べました。

cause a commotion 〔突然〕騒ぎ[騒動]を(引き)起こす

邦題は「コモーション」だけですので、意味は「大騒ぎ」「騒動」ってことだから、それはどうした?って話なのですけど、原題で歌詞を追っていけば、どうも「2人ペアになって(付き合えば)、騒ぎを起こしちゃわない?」って意味かなあと思っておりました。

◆ただ、あらためて訳すとなると、いきなりの歌詞、

I've got the moves, baby, you got the motion

この私は“move”,あなたは“motion”という、日本語で言えば両方とも「運動」「動き」ということなのですがこの違いを和訳しないといけないなあ、と…こいつがなかなか難しかったです。

“motion”と“move”(ないし“movement”)の違いということで大別すると、

“motion”は「動き」そのもの、であるのに対し、
“move”は「意図的な動き」ということ。

そうすると、ダンスに例えれば、

「I've got the moves」は、考えてダンスをするのが得意。
例えば振付師のような特技を身に着けてるって意味でしょう。

その一方で、
「You got the motion」は、身体能力が高く、キレっキレの信じられないような動きができる、
って意味なのかな…と思いました。

それでこの2人のダンスユニットであれば、ファンもダンスの大会も黙っちゃおらず大騒ぎ!ってことなのかな…と。

◆でも…さらにこの曲のできた背景などを調べたら、解釈が違っていることに気づきました。
星船さんも書いていましたが、この曲のWikipediaにも書かれていた情報で、
「当時の夫ショーン・ペンの家庭内暴力のストレスを発散させるために書いた曲?」ということですね。

そんなわけで、そのことを踏まえて行った、この曲の「和訳 by 音時」です。


Whos486x486bb

Songwriter(s)
Madonna、Stephen Bray

Released in 1987
US Billboard Hot100#2
From the Album “Who's That Girl (soundtrack)”

*原詞の引用は太字

I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion
I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion

アタシは話題を作れるし  あなたは行動的
二人一緒になれば  大騒ぎを起こすわね
アタシは考えて動くけど あなたは直情的
二人一緒なったら  ひと騒動起こしそうよ

You met your match when you met me
I know that you will disagree it's crazy
But opposites attract you'll see
And I won't let you get away so easy

アタシに会ったとき  ライバルに会ったと思った?
そんなのおかしいって 異論を唱えるかもね
でも反対のものが魅かれ合うってわかるでしょ
アタシはあなたをそう簡単に逃がさない

The love you save may be your own
Can't fight this feeling, aren't you tired of being alone?
You won't admit it but you know it's true
It's not a secret how I feel when I stand next to you

あなたが温めてた愛はあなた自身のものかもしれない
だけど この気持ちに逆らえない   
一人でいることに もう飽き飽きしてなかった?
それを認めなくても 真実であることはわかってる
あなたの隣に立ったときにアタシの気持ちはバレバレよね

I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion
I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion

アタシは話題を作れるし  あなたは行動的
二人一緒になれば  大騒ぎを起こすわね
アタシは考えて動くけど あなたは直情的
二人一緒なったら  ひと騒動起こしそう

Someday you'll see my point of view
You can't keep wishing on the stars, baby
What works for me can work for you
You've got to make a compromise and maybe

いつかアタシの指摘がわかるでしょうね
星に願い続けることなんてできないわ ベイビー
アタシにとって効果的なものは
あなたにとっても効果的よ
あなたはどこかで妥協しなきゃならないわ 
おそらく

Then we can keep our love alive
And when it falls, we won't let it die
It doesn't matter if you win or lose
It's how you play the game, so get into the groove

そしたらアタシたち 愛を生かし続けられる
いつか地に落ちても  愛を死なやしないわ
勝っても負けても関係ないの
それがゲームのやり方  ノっていかなきゃ損よ

I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion
I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion

Causing a commotion, causing a commotion
Causing a commotion, causing a commotion

アタシ達 大騒ぎの二人
二人が一緒だと騒ぎが起きないはずないわ

I hope you find what you're looking for
Is it mine, walk through that door
We're wasting time, make up your mind
And get into the groove

あなたが探してるものを見つけてほしい
それは私のもの? ドアを通って来てよ
時間を無駄にしてるわ  覚悟を決めて
いい感じでカラダを動かして

Then we can keep our love alive
And when it falls, we won't let it die
It doesn't matter if you win or lose
It's how you play the game,
So get into the groove

そしたらアタシたち 愛を生かし続けられる
いつか地に落ちても  愛を死なやしないわ
勝っても負けても関係ないの
それがゲームのやり方  ノっていかなきゃ損よ

I hope you find what you're looking for
Is it mine, walk through that door
We're wasting time, make up your mind
And get into the groove

I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion
I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion

Causing a commotion, causing a commotion
Causing a commotion, causing a commotion

I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion
I've got the moves, baby, you got the motion
If we got together, we'd be causing a commotion

アタシは話題を作れるし  あなたは行動的
二人一緒になれば  大騒ぎを起こすわね
アタシは考えて動くけど あなたは直情的
二人一緒だったら  ひと騒動になっちゃうね


日本語訳 by 音時

Screenshot 2023-11-07 22.44.35


◆はい、ちょっと長くなりますが、こんなことがあったそうです。(Wikipediaより)

 マドンナは、ショーン・ペンの虐待的で暴力的な性質のせいで、ペンとの結婚生活は破綻寸前だと感じていた。 それがこの曲の背後にあるインスピレーションとして解釈された。

 1987年9月10日付のローリングストーン誌の記事で、マドンナはペンが彼女の人生に与えた影響について次のように語った。
「私は暴力が好きではありません。人を殴ることを決して容認しませんし、暴力が起こるべきだと思ったこともありません。しかし一方で、私はショーンの怒りを理解していますし、信じてください、私は彼ら(パパラッチ)を殴りたいと思っていました」

「何度も。決してそんなことはしません、だって、それが事態をさらに悪化させるだけだとわかっているからです。[...] 彼が意図的に私の気を紛らわせるために「騒動を起こしている」ように感じたのです。私はこの曲を書いて、自分のフラストレーションを発散させました。 



artworks-ZzdY9ABBXkvVjYH2-qyze2A-t500x500


うーん、解釈が難しいのですが、マドンナは自分は「考えて動く」(move)、のに対して、ショーンは「直情的」(motion)。この二人が一緒になったら、騒ぎが大きくなるでしょうね…(だから別れた方がいいのでは…)という主旨なんじゃないか。

 「最強のふたり」というか、むしろ「一緒にいてはいけないふたり」と自覚していた歌なのでは?
と思った次第です。
 (マドンナファンの皆さんから、何かさらにマドンナがコメントしていることなど知っていたら教えていただけると助かります。)