僕がちょうど洋楽を聴き始めた1976〜1980年頃、“イーグルスのフォロワー“というようなキャッチコピーで、ウエストコ−ストのバンドがいくつか日本でも紹介されていましたね。

 ファイアフォールもその一つ。爽やかな“You Are The Woman”や“Just Remember I Love You”は好きだったけど、その後、なぜか、チャートインしてくるのが、割と暗めの曲 “Strange Way”や“Goodbye I Love You”、そしてこの曲“Headed For A Fall”で、あまり聴かなくなってしまいました苦笑。

(Firefallの全米トップ40ヒットは全6曲あります)

(1976)
"You Are the Woman" #8
(1977)
"Cinderella" #30
"Just Remember I Love You" #9
(1978)
"Strange Way"  #11
(1979)
"Goodbye, I Love You" #43(40位入惜しかった)(^_^;)
(1980)
"Headed for a Fall" #35
(1981)
"Staying with It" #37

◆アルバムは「アンダートゥ」から、邦題は「悲しみのロマンス」と点けられていました。
ちなみに「undertow」の意味は、英和辞典をひくと…
(水面下の)逆流、(岸から返す)引き波 とのこと。やっぱりなんだか暗い感じです…(^_^;)


Screenshot 2023-09-15 19.46.06


Written-By – Rick Roberts

Released in 1980
US Billboard Hot100#35 
From the Album “Undertow”

*原詞の引用は太字

Runnin' from the feelin'
Can't disguise
Findin' all your reasons
Were alibis
You can say your breezin'
It's not that way at all...
Youre headed for a fall

感情から走り出してしまう
もう隠しきれない
理由をすべて見つけたところで
それはきみの言い訳だろ?
簡単なことだって言うけれど
それは間違ってる
きみは転落に向かってるんだ

Lookin' for excuses
To hide your shame
But all your little loose ends
Don't change a thing
You're the one who loses
By runnin' from it all
Backs against the wall
Youre headed for a fall
For a fall

言い訳を探している
自分の恥を隠すために
でも まだ解決してない小さなことも
何も変えやしない
負けるのはきみだよ
すべてから逃げ出すんだから
追い詰められてしまったんだ
転落に向かって…
きみは落ちていくんだ…

Starin' out your window
At the pourin' rain
Tryin' to hide your sorrow
In your sweet champagne
You can't lose your troubles
In the bubbles of your wine
Only makes them easier to find
Easier to find

土砂降りの雨のなか
窓の外を見つめる
きみの甘いシャンパンで
悲しみを隠そうとしてるのかい
きみのワインの泡のなかだけで
問題を解決することなんてできないんだ
ほころびを見つけやすくするだけ
見つけやすくするだけなんだ…

All your wasted chances
How do they feel
All your sweet romances
Were never real
Cause you're the one who dances
Got to pay the piper's call
Backs against the wall
You're headed for a fall
You're headed for a fall
You're headed for a fall

無駄にしたチャンスをすべて
どう感じているんだい?
きみの甘いロマンスもぜんぶ
決して現実ではなかったんだ
踊るのはきみだけで
カネを支払うのも きみだよ
追い詰められてしまったきみは
あとは落ちていくしかない…
転落に向かって…
終わりに向けて進むしかないんだ…

For a fall
You're headed for a fall
You're headed for a fall
You're fallin', I see you fallin'
For a fall
You're fallin', I see you fallin'
You're headed for a fall...

落ちていく…
終わりへと向かって…
進んでいくしかないんだ…
落ちぃていく きみは落ちていく…
終幕へと進んでいくんだ
きみは落ちていく
もうやり直しはきかないんだよ…

(Words and Idioms)
breeze =いとも簡単にできること、楽な仕事、楽勝、とても扱いやすいもの
・That's a breeze. : そんなの楽な仕事さ。
loose ends=〔仕事などの〕未決事項
back is against the wall 《one's ~》追い詰められた状態である、窮地に陥っている -
He who pays the piper calls the tune.
(金を出す者に決定権がある)
◆解説◆
「笛吹きにお金を払う人が曲をリクエストできる」から転じて「金を出す者に決定権がある」ということを意味しています。「金がものをいう」という意味でも用いられます。

日本語訳 by 音時

71EPqtW5rHL._UF1000,1000_QL80_

うーん、この曲、主人公と「転落に向けて踏み出している“きみ”」の関係はどうなっているのだろう?
さすがに恋愛相手に対して(かつて愛して人へ)、“きみは落ちていくだけ”…なんて呪われろ〜って祈ってるようでイヤですよね。

これはやっぱりこの主人公は「物語の語り手」である恋愛の行方を客観的に見ている立場なのでしょう。言ってみれば「神のつぶやき」でしょうか…。


R-2615526-1295185070