スティーヴィーの名曲のラヴ・ソング「マイ・シェリー・アモール」。

仏語のタイトルが付いてますね。
そのまま英語にすると “My Darling Love”,というところでしょうか。日本語にすると“僕の親密な恋人”…かな?曲自体も可愛くて、純粋な少年スティーヴィーの姿が見えます…!

イメージとして可愛い感じの和訳にしようとしたのですが、
でも…なんだか、雑踏で付け回すストーカー…?
そんな感じがしてしまいますな(^_^;)。


Screenshot 2023-08-03 22.50.43



Songwriter(s) Stevie Wonder, Henry Cosby, Sylvia MoyProducer(s) Henry Cosby

Released in 1969
US Billboard Hot100#4 
From the Album “ My Cherie Amour”

*原詞の引用は太字


La la la la la la
La la la la la la

My cherie amour, lovely as a summer day
My cherie amour, distant as the Milky Way
My cherie amour, pretty little one that I adore
You're the only girl my heart beats for
How I wish that you were mine

僕の愛しいきみ
 夏の日のように愛らしい
僕の愛しいきみ
 天の川のように遥か遠い
僕の愛しいきみ
 僕が愛するちっちゃくて可愛い娘
きみだけが僕のハートをどきどきさせる
ああ きみが僕のものになってくれたらな…


In a cafe or sometimes on a crowded street
I've been near you, but you never noticed me
My cherie amour, won't you tell me
how could you ignore

That behind that little smile I wore
How I wish that you were mine

カフェだったり時には雑踏のなかで
きみのそばにいたんだ  でもきみは僕に気づかない
僕の愛しいきみ どうして僕を無視するんだい
薄っぺらい微笑みを浮かべるその下で
僕は どんなにきみを欲しがってるかわかるかい


La la la la la la
La la la la la la

Maybe someday, you'll see my face among the crowd
Maybe someday, I'll share your little distant cloud
Oh, cherie amour, pretty little one that I adore
You're the only girl my heart beats for
How I wish that you were mine
いつかおそらく きみは人混みのなかで僕を見つける
いつかおそらく きみのちょっとの憂鬱も分かち合うさ
ああ 愛しいきみ 僕の愛するちっちゃな女の娘 
僕の心を波打たせるのはきみだけなんだ
きみが僕の彼女になってくれたらいいのに…


La la la la la la
La la la la la la

(Words and Idioms)
cloud=〈文〉憂鬱、落胆、意気阻喪

日本語訳 by 音時

78535443


◆この曲のウィキペディア情報ですが、もともとはスティーヴィーがミシガン州のランシングの盲学校に通っていたころにガールフレンドについて書いた曲が原曲で、スティーヴィーは約1時間で書き上げて、曲名を「Oh My Mercia」と付けました。
 
 ベリー・ゴーディはこの曲を聴いて、もっと改善できるのではないかと考え、モータウンのソングライター、ヘンリー・コスビーとシルヴィア・モイに協力を依頼します。2人は、ビートルズの「ミッシェル」のように、英語とフランス語を組み合わせ、興味深いタイトルにしようと考えて“My Cherie Amour”とタイトルを変更しました。

 ところがモータウンレコードは、この曲があまりにポール・マッカートニーの作品と似ていると判断し、シングルのA面を避けB面に収録します。ですがA面の曲“I Don't Know Why”が1969年『ビルボード』のランキングで最高39位であったのに対し、この曲はラジオDJがこぞってシングルをひっくり返し、“My Cherie Amour”をかけました。この曲に対するファンの反応は高まり、レコード会社がこの曲をA面としてラジオに再リリースします。そして2か月間上昇し、8月の第1週には全米にて最高4位となりました。


◆2008年のロンドンでのライブから。イントロから大合唱…!



◆当初のA面はこの曲でした。“I Don't Know Why”