(Stripped live amsterdam)

金持ちのとこにいっちまったおまえ、"地下の世界"で落ちぶれたオレ...。


でも俺は一人じゃ生きられないヤツだから、地下の世界のオンナと一緒にいるんだ。おまえがキャデラックのなかで優雅にダービーを予想したりする一方、俺は地下室でヤクにも漬かって...。ああみすぼらしい女と一緒にいる俺の姿を見ないでくれ。

それでもあいつはスージーっていう、まだネンネの女なんだ。俺がセレブになったおまえのことをまだ思ってるのをわかってるからか、自称「アンダーグラウンドの女王」って名乗ってるよ。

そんな俺には枯れた花がお似合さ。
そんな俺でも、それでも、おまえには薔薇の花束を捧げよう...


◆この曲の大意はこういう感じかな?と受け止めています。

R-2657027-1574413162-7490



Songwriters: JAGGER, MICK / RICHARDS, KEITH

Released in 1971
From The Album"Sticky Fingers"

*原詞の引用は太字

Well when you're sitting there 
in your silk upholstered chair 
Talkin' to some rich folk that you know 
Well I hope you won't see me 
in my ragged company 
Well, you know I could never be alone 

ああ おまえがそこに座ってる
絹ばりの椅子に腰かけて
知り合いの金持ちの話を話してるんだ
ああ 会わないで欲しいんだ
ひでえ女と付き合ってる俺に
そうさ 俺はオンナなしじゃいられないヤツ

Take me down little Susie, 
take me down 
I know you think 
you're the queen of the underground 

連れてってくれよ スージー
なあ連れてってくれ
知ってるさ おまえは自分が
"地下の世界の女王"だと思ってることを

And you can send me dead flowers every morning 
Send me dead flowers by the mail 
Send me dead flowers to my wedding 
And I won't forget to put roses on your grave 

枯れた花を俺に送ってくれよ 毎朝
郵送でたのむよ 俺に枯れた花を
結婚式に贈ってくれよ 俺に枯れた花を
俺は忘れないさ
おまえの墓に 薔薇の花束を供することを

Well when you're sitting back 
in your rose pink Cadillac 
Making bets on Kentucky Derby Day 
Ah, I'll be in my basement room 
with a needle and a spoon 
And another girl to take my pain away 

ああ おまえは座ってくつろいでる
ローズピンクのキャデラックの中で
ケンタッキー・ダービーの予想をしてるんだ
ああ 一方 俺は地下室に行くだろう
針とスプーンを持ってね
ほかのオンナが俺の痛みを癒してくれる

Take me down little Susie, 
take me down 
I know you think 
you're the queen of the underground 

連れてってくれよ スージー
なあ連れてってくれ
知ってるさ おまえは
"地下の世界の女王"なんだもんな

And you can send me dead flowers every morning 
Send me dead flowers by the mail 
Send me dead flowers to my wedding 
And I won't forget to put roses on your grave 

枯れた花を俺に送ってくれよ 毎朝
郵送でたのむよ 俺に枯れた花を
結婚式に贈ってくれよ 俺に枯れた花を
俺は忘れないさ
おまえの墓に 薔薇の花束を捧げることを

Take me down little Susie, 
take me down 
I know you think 
you're the queen of the underground 

連れてってくれよ スージー
なあ連れてってくれ
ああそうさ おまえは
"地下の世界の女王"なんだからな

And you can send me dead flowers every morning 
Send me dead flowers by the U.S. Mail 
Say it with dead flowers in my wedding 
And I won't forget to put roses on your grave 
No, I won't forget to put roses on your grave
 
俺に枯れた花を送ってくれよ 毎朝に
郵送でたのむよ 俺に枯れた花を
結婚式に贈ってくれよ 俺に枯れた花を
ああ 俺は忘れない
薔薇の花束を贈ろう おまえの墓に
いいや 忘れないよ
薔薇の花束を おまえに墓に捧げるさ


(Words and Idioms)
upholstered=布[革]張りをした.
Ragged=ぼろぼろの
sit back=深く座る.傍観する.くつろぐ

日本語訳 by 音時


artworks-000623566972-pafylx-t500x500



◆ローリング・ストーンズ「Stripped」の全貌を明らかにしたライヴ・ドキュメンタリー作品「Totally Stripped」。

 ストーンズが1995年にリリースしたアコースティックのライヴ・アルバム「Stripped」。この作品の全貌を明らかにしたドキュメンタリー作品「Totally Stripped」が発売されました。


「Stripped」は、1994年-1995年に行われた<ヴードゥー・ラウンジ>ツアーの中盤-後半に、日本のスタジオで録音したセッションの模様をはじめ、ヨーロッパ各国で行われたライヴ/セッションの模様をまとめた“変則的”なライヴ・アルバムです。

 初回限定版にはアムステルダム/パリ/ロンドン公演からのベスト・パフォーマンスを集めたライヴCDが付いてます!




◆「Totally Stripped」にはこの曲「Dead Flowers」もアムステルダム公演のものが収録されてます(冒頭のビデオと同じ映像かな)。
「Dead Flowers」は1971年4月リリースの「Sticky Fingers」からの1曲。彼らが設立したレーベル"ローリング・ストーンズ・レコード"からの初のアルバムで、ジーンズを前から撮ったジャケットで、LPレコードには実際のジッパーがついていました!


 こうした話題性も先行しましたが、アルバムは秀曲揃い!「ブラウン・シュガー」をはじめとして、ストーンズのライヴセットのなかでも重要な曲が収められてます。

artworks-fz2usaXl4tiT-0-t500x500



◆アルバム「Sticky Fingers」のデラックスバージョンのプロモ映像です。





 ウィキペディアによると、このアルバムに収録されている楽曲は全て後にライヴで一度以上取り上げられているとのこと。(全曲演奏されているのは、ストーンズのオリジナルアルバムでいうと「Sticky Fingers」「Black and Blue」「女たち(Some Girls)」の3枚だけだそうです)それだけメンバーも気合い入れて作ったアルバムなんでしょうね!

◆Dead Flowers - From The Vault - The Marquee - Live In 1971