ドゥービーの50周年の来日公演。
僕の行った2023年4月17日(月)の日本武道館公演では、彼らの2021年のアルバム「リベルテ」からは3曲演奏してくれました。

(昨日の横浜公演はどうだったかな。パシフィコ横浜は仕事関係では何回かお邪魔させていただいただいた会場。洋楽のライブ会場に、それもドゥービーの日本公演会場になるなんて思わなかったなあ…!)

すでに和訳している「Easy」。これはもうトム・ジョンストン節のカラッと明るいロック!いっぺんに好きになりました。
そしてこの曲「Better Days」。こちらはパトリック・シモンズとジョン・シャンクス。パットの声もいいですよね。このちょっとしたカントリー・フレーバーのある哀愁のあるメロディ。昔の想い出が蘇るけど、それよりももっと良い日々が訪れるとは思わなかった…! これってとっても幸せなことですよね。

 嬉しい歌だよなあ。パットはロックやっていて良かった…って今思っているんだな。

IMG_9994



71ikPJ4X51L._AC_SX355_


(Patrick Simmons, Shanks)

Released in 2021
From the Album “Liberte”

*原詞の引用は太字


Listen to the sound
Of the rolling thunder
Lightning all around
As I run for cover back to you
And you pull me through

耳を傾けてみろ
雷鳴が鳴り響いてる
あたり一面 稲妻が光る
おまえの元に急いで走る
おまえが俺を呼ぶんだ

The clouds up ahead
And they start to clear
I see my past in the rear view mirror
Yeah I paid my debts
I've got no regrets

目の前に立ち込める雲が
晴れ始めてる
バックミラーに映る俺の過去
そうさ 借りは返したよ
悔いなんかない

We jumped into the river of life
Never looked back, never thought twice
Thought we had it made
Now I'm so amazed
These are the better days

俺たちは人生の川に飛び込んで
振り返りもせず 
二度と考え直しもせず
うまくやったと思ってきた
だけどいま 驚かされてるんだ
さらに良い日が待っていたんだ 

I've been drivin' all night
Through the pouring rain
Thinking about the mistakes I made
I was so in pain everyday

降り注ぐ雨のなか
一晩中 車で走ってた
犯した過ちの数々を考えながら
毎日のように心を痛めてた

I was so far down
There was no doubt
I had one foot in
And one foot out
I was so alone 'til you carried me home

ひどく落ち込んだよ
疑う余地もなく
片足を踏み入れて
もう片方で踏み出す
孤独だったんだ
おまえが家に運んでくれるまで

We jumped into the river of life
Never looked back, never thought twice
Thought we had it made
Now I'm so amazed
These are the better days

俺たちは人生の川に飛び込んで
振り返りもせず 
二度と考え直しもせず
うまくやったと思ってきた
だけどいま 驚かされてるんだ
さらに良い日が待っていたんだ 

When the waters started to rise, all around us
Baby, you were fearless, so fearless

俺たちを取り囲む
水位が上がり始めても
ベイビー おまえは恐れもしなかった
ちっとも恐れはしなかったよな

We jumped into the river of life
Never looked back, never thought twice
Thought we had it made
Now I'm so amazed
These are the better days
These are the better days
Better days
These are the better days
Better days

俺たちは人生の川に飛び込んで
振り返りもせず 
二度と考え直しもせず
うまくやったと思ってきた
だけどいま 驚かされてるんだ
さらに良い日が待っていたんだ 
こんなに良い日が
とっても良い日が待ってたのさ


(Words and Idioms)
Run for cover=急いで避難する


日本語訳 by 音時
そしてアルバム「Librte」から3曲めは"Don't Ya Mess with Me"。この曲はまた別の機会に…。


◆Doobie Brothers - Better Days - October 14, 2021