エス・オー・エス・バンドのこの曲、女性ボーカルが気合いの入った歌い方をしますよね!
それがまだグループ名の「S.O.S」という言葉のイメージにあった感じがして、かっこよく聞いておりました!

 でも今回調べてみたら「S.O.S」というのは、一般的なSOS=“助けを求める合図”という意味はなく、“Sounds of Success“の略、であること...!(^_^;)

◆このバンドは、ジョージア州アトランタで結成。男性7人+女性1人の構成で、紅一点の女性ボーカルはメアリー・ディヴィス。キーボード/ボーカルはジェイソン・ブライアント、サックス奏者のビリー・エリスとウィリー・"ソニー"・キルブリュー、ギターのブルーノ・スペイト、ベースのジョン・レクサンダー・シンプソン、ドラムスのジェームズ・アール・ジョーンズIII...であるとのこと。


887fa9a6887a38b2da1248bb6ce26998


 当初は「サウンズ・オブ・サンタモニカ」というグループ名でしたが、ソングライター兼プロデューサーのシギディ・アブドゥラが新しいバンド名“Sounds of Success“=S.O.Sバンド、を思いついたようです。(Wikipediaからの情報です)

◆内容は曲調からしても「イケイケ!」なイメージだったのですが、“Take Your Time”って“焦らずに時間をかけてゆっくりと”という意味。
 現代人、疲れていちゃ、やるべきこともできませんね(^_^;)。

ゆっくりと時間をかけて2人きりでやりましょう...!って歌なわけです。


Screenshot 2023-03-21 21.47.53



Songwriter(s)
Harold Clayton、Sigidi

Released in 1980
US Billboard Hot100#3 
From the Album “S.O.S”

*原詞の引用は太字


Oo-ooh, baby
Let's do it
Take your time
Let's do it
Oo-ooh

そうよ ベイビー
やるのよ
ゆっくりとね
そうするの

Come on, baby
Let's do it
Take your time
Let's do it

You know you ought to slow down
You've been working too hard and that's a fact
Sit back and relax a while
Take some time to laugh and smile

Lay your heavy load down
So we can stop and kick back
It seems we never take the time to do
All the things we want to, yeah

ゆっくりとやらなきゃね
あなたは働きすぎなの そうでしょ
座って しばらくリラックスすることね
笑い声を出して笑顔になる時間が大切よ

背負った重い荷物を下ろして
そう立ち止まってリラックスすることよ
私たち時間をかけてこなかったわ
自分たちがしたいことに ええ

Now, baby we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight

Baby, we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight

そうよベイビー 
私たちできるはずよ
時間をかけて やりましょう
そしたらできるでしょ
今夜 がその時

ベイビー やりましょう
ゆっくりと それがいいわ
私たちできるはず ベイビー
今夜ならきっと

The love I feel for you
You feel for me
One life is all we have to live
Our love is all we have to give, yeah

There are so many things for us
To do and see, yeah
Let's take some time to be alone
Lock the door pull out the phone, yeah

私があなたに感じる愛
あなたが感じるのは私のためなの
私たちが生きてるのは一度きりの人生
私たちが互いに与え合うのは互いの愛

私たち やりたいことが沢山あるわ
やってみないとだめよ ええ
二人きりになる時間を作りましょ
ドアに鍵をかけて 電話も抜いちゃって

And baby we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight

Baby, we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight

そうよベイビー 
私たちできるはずよ
時間をかけて やりましょう
そしたらできるでしょ
今夜 がその時

ベイビー やりましょう
ゆっくりと それがいいわ
私たちできるはず ベイビー
今夜ならきっと

Baby we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight

Baby, we can do it
Take the time, do it right
We can do it, baby
Do it tonight
...

(Words and Idioms)
kick back ; 〈話〉もたれて休む、リラックスする(relax)

日本語訳 by 音時


20180927_692636



◆この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみましょう。

US Top 40 Singles For Week Ending 16th August, 1980
TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart (Peak To Date) 

映画サントラ「Xanadu」からオリビア“Magic”が首位。クリストファーの“Sailing”が首位に迫ります。S.O.Sバンドは3位を2週間キープ、これで力付きます...。勢いいいのが10→5位のダイアナ・ロス。19→9位のピート・タウンシェンドも勢いありました。そこで、問題です。この週9位のピートのソロでのシングルヒット“Let My Love Open The Door”の邦題は何?→正解はこちらをクリック

1 1 MAGIC –•– Olivia Newton-John (MCA)-13 (3 weeks at #1) (1)
2 5 SAILING –•– Christopher Cross (Warner Brothers)-10 (2)
3 4 TAKE YOUR TIME (Do It Right) (Part 1) –•– The S.O.S. Band (Tabu)-12 (3)
4 7 EMOTIONAL RESCUE –•– The Rolling Stones (Rolling Stones)-7 (4)
5 10 UPSIDE DOWN –•– Diana Ross (Motown)-6 (5)

6 2 IT’S STILL ROCK AND ROLL TO ME –•– Billy Joel (Columbia)-13 (1)
7 6 SHINING STAR –•– The Manhattans (Columbia)-17 (5)
8 3 LITTLE JEANNIE –•– Elton John (MCA)-16 (3)
9 19 LET MY LOVE OPEN THE DOOR –•– Pete Townshend (Atco)-10 (9)
10 12 MORE LOVE –•– Kim Carnes (EMI-America)-12 (10)


◆7分42秒あるエクステンデッド・ヴァージョンです。踊りたい方向き...!