今年の元旦のラジオ「全米トップ40」スペシャルプログラム“一語一会”〜1ワードのタイトルを持つヒットソングの特集で、DJの矢口清治さんがチョイスした曲がこの曲“Jet”。

 小学校の時から知ってたこの曲、“ジェッツ!”(ポールの発音は“S”が入ってると思います)、タイトル通り“ジェッツ!”=スピード!のあるロックソングで大好きでした。やっぱりタイトル通りのシャウトから始まる曲で、覚えやすさもありましたね。

◆今年購入したポールが自分の作った曲の歌詞についてコメントした本「ザ・リリックス」の“Jet”のページにもこんな風なコメントがありました。(「ザ・リリックス」

「ビートルズ時代に僕らはヒット曲の書き方を学んだ。何しろ僕らはビートルズだったから、そうしなければならなかった。失敗作を書くわけにはいかない。それはビートルズにふさわしくなかったからね。(中略)“Jet”はぼくが知っている多くのコツの中からシャウトを活用している。シャウトは常に曲のオープニングに最適だ」

はい、ほんとそう思います!(^o^)

◆でもポール・マッカートニー&ウイングスでも、和訳して面白かった“Band On The Run”や“Listen What the Man Said(あの娘におせっかい)”もあれば、歌詞はよーわからん、という曲もあり、この曲“Jet”は真面目に歌詞の意味を追っても、その背景やポールのコメントなどを調べないと「まったく意味がわかりません」(^_^;)。そんなこともあって、僕は以前やっていたブログを始めたのが2013年のことなのですが、この10年間、“Jet”の和訳は手をつけずにおりました。

だって、ポール自身も、当初は“Jet”は飼っていたラブラドール・レドリバー(Labrador Retriever)犬の名前だと言っていたのに、その後、「ジェットとは、実は農場で子供たちのために飼っていた、小さなシェットランドポニーの名前なんだ。」と修正をしているんです(^_^;)。

・レドリバー説は2009年のローリングストーン誌のインタビュー
・ポニー説は、前述した「ザ・リリックス」です。現在はこのポニー説が有力な様子です。


JerPaulM
映画「ロックショウ」公開記念で日本では「Wings Over America」から“Jet”のライブバージョンがシングルになりました。



◆“Jet”のSongfactsページには、“ポニー説”でこのあたりのことが書かれていました。

 Jet "はポール・マッカートニーと妻のリンダが飼っていた黒いポニーの名前で、このポニーは曲のタイトルになっています。マッカートニー夫妻はさまざまな動物を飼っており、当時はゴールデンラブのポピー、ダルメシアンのラッキー、老牧羊犬のマーサ(ビートルズの曲「マーサ・マイ・ディア」から)などがいました。"Jet "が選ばれたのは、その名前が、アリーナで演奏するときに拳を突き上げるのに最適な、まさにスタジアム向きのタイトルになるからです。ポールは「ヘルタースケルター」で狂気について歌ったときに、遊園地の乗り物をタイトルにしたのと同じようなことをしたのです。
(ヘルター・スケルターは遊園地の巨大な滑り台の名前ですね)

◆ただ、“Jet”が飼っていたポニーの名前である、ことがほぼ判明したとしても、この曲の歌詞はまだよくわかりません。
 このことについて、Songfactsのページにはこんなことも書かれていたので、ぼんやりわかってきました。(GQ in 2018, Paul McCartney told the story behind this song:)

すべての歌詞がどこから来たのかわからない。だけどJet "の由来は知っているよ。歌詞は、たぶん私と義父のことを歌っているんだと思う。結婚して間もない頃、お義父さんがちょっと厄介だったんだよ。彼はおそらく「少佐」なんだろうけど、ただの歌だから、自分のことは自分で解決するんだ。

 ポールがリンダと結婚した頃・した後、とくにリンダのお父さんとの関係が難しかった?あたりの出来事と、家族で飼っていたポニーの“Jet”のこと、また、スタジアム級のライブ会場で拳を振り上げて観客みんなでシャウトする曲を作りたかったことがごっちゃになった曲なんですね。


 おまけになりますが、この前年にデヴィッド・ボウイがアルバム「ジギー・スターダスト」(原題「THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS」)にて、“Suffragette City”を収録してリリースしましたが、ポールは参政権を求めて戦う女性を指す「サフラジェット」という言葉が浮かんでいたんじゃないかという説があります。ポールは言葉が“バカみたいに聞こえるから好きなんだ(It sounded silly,so I liked it.)“と言っていますね。

'Suffragette' was crazy enough to work. It sounded silly, so I liked it.
— –Paul McCartney, Paul McCartney: In His Own Words.(ポールのインタビュー本)


リハーサルのデモ フェード・アウトでない終わり方もカッコいい!



Songwriter(s)
Paul McCartney、Linda McCartney

Released in 1974
US Billboard Hot100#7 
From the Album “Band On The Run”

*原詞の引用は太字

(Jet, Jet)
(Jet)


 I can almost remember their funny faces
That time you told them you were going to marrying soon
And Jet I thought the only lonely place was on the moon

ジェット ジェット
ジェット!

あいつらのおかしな顔が目に浮かぶようさ
きみがもうすぐ結婚すると言った時の
あいつらの顔ときたら!
ジェット 
僕は寂しい場所は月の上だけだと思ってたよ…

(Jet, Jet)

Jet was your father as bold as the sergeant major
How come he told you that you were hardly old enough yet
And Jet I thought the major was a lady suffragette

ジェット ジェット

きみのお父さんは
鬼軍曹みたいに勇敢だったんだよね?
きみにまだ結婚するのは早いってどうして言ったのかな?
ねえ ジェット 
僕は 少佐は 婦人参政権論者 だと思ってたんだよ

(Jet, Jet)

Ah mater want Jet to always love me
Ah mater want Jet to always love me
Ah mater, much later

ああ母さん ジェットにいつも愛されたいんだ
ああ母さん ジェットにいつも愛されたいんだよ
ああ母さん ずっといつまでもさ…

(Jet)

And Jet I thought the major was a lady suffragette
(Jet, Jet)

そうさジェット
僕は少佐は「サフラジェット」だと思ってたんだ

Ah mater want Jet to always love me
Ah mater want Jet to always love me
Ah mater, much later

Jet
with the wind in your hair

Of a thousand laces
Climb on the back and we'll go for a ride in the sky
And Jet
I thought that the major was a little lady suffragette


ジェット 
風にたなびくおまえのレースのような髪とともに
背中に乗って 僕たちは空へひとっ飛びしよう
そうさジェット
僕は思ってたんだ 少佐はサフラジェットなんだって

(Jet, Jet)

And Jet you know I thought you was a little lady suffragette

(Jet)

A little lady
My little lady, yes

可愛いレディ
僕のレディ そうさ…


(Words and Idioms)
How come? =(口語でインフォーマルな質問の仕方)なぜ物事がそうなったのか、なぜそのような状況になったのかを訊ねる。 特に驚いた時にこのフレーズを使う。
Suffragettes=19世紀末から20世紀初頭にかけて、「参政権」(英語: Suffrage)、つまり選挙で投票する権利を女性にも与えるよう主張する女性団体のメンバーだった人々を指す。
mater= おっかさん、おふくろさん
much later=かなり後に

日本語訳 by 音時

BOR W



◆はい、後半はジェットの背に乗って遊んでる娘たちの風景などを見て歌詞を書いたのでは?という気もしますね。
“ああ Mator”の部分もよくわからないのですが、「ザ・リリックス」の“Jet”の解説には、

“Mator”の起源は、学生時代のラテン語の授業まで遡る。歌詞では想像上の母親だけど、実の母親の亡霊がいつも背後にぼんやりとたたずんでいたと言っても過言ではない。

とのこと。

IMG-9245
「ザ・リリックス」より、リンダのお父さんリー・イーストマンの肖像(確かにちょっと怖そうな…笑)と、
ジェットの背に乗るメアリーの写真が載っていました。


 ですので、この曲“Jet”については前述しましたが、

 ポールがリンダと結婚した頃・した後、とくにリンダのお父さんとの関係が難しかった?あたりの出来事と、家族で飼っていたポニーの“Jet”のこと、また、スタジアム級のライブ会場で拳を振り上げて観客みんなでシャウトする曲を作りたかったことがごっちゃになった曲
というまとめになります(^_^;)  (おしまいです)


◆やっぱりこのライブがカッコいい!Wings Over Americaのオープニング。“Venus and Mars / Rockshow”
からの〜“Jet”!




◆“Jet”のシングルジャケットはやっぱり日本のものが一番カッコいいですよね。“Jet”というとすぐにこのポールのカッコいい写真が頭に浮かんできます。


JetPaul



 下の2点は海外のもの。ちょっとわけわからない感じですよね(^_^;)。
ジェット機に乗った風景のポスターと、シンクロナイズドスイミング?
(今はアーティスティックスイミングに名前が変わりましたね)
Jet_-_Paul_McCartney_&_Wings


Jet_(Paul_McCartney_and_Wings_single_-_cover_art)