マリリン・マックーとアンディ・ギブの紹介で歌うのは…バートン・カミングス。

 “アメリカン・ウーマン“を歌っていたゲス・フーというバンド、そのリード・ボーカルだった人…というのが彼のプロフィール。暗記モノのテストの試験勉強じゃないけど、顔も声も知らないなかでそのことだけは記憶しておりました!

 ですので、激しいロック・ボーカルのシンガー?と思っていたら、なんだ、とってもメロディアスでいい曲を歌ってくれるボーカリストなんだ!
 この曲もとっても素敵な一曲でした。

◆この曲は元々は、バートン・カミングスとグリニス・オコナーが恋人どうしを演じた映画『メラニー』のために書かれ録音されたもの。第4回ジーニー賞(カナダの映画賞)で最優秀オリジナル曲賞を獲得した一曲だそうです!

Screenshot 2022-11-11 08.39.56


Songwriter(s) Burton Cummings

Released in 1981
US Billboard Hot100#37 
From the Album “Sweet Sweet”

*原詞の引用は太字

We went together for so long
Ev'ry second record on the radioseemed like our song
How we hurt each other;
oh baby it was so wrong

Something in the bottom of my heart
will keep me holding on


僕ら一緒にいたね 本当にずっと
ラジオの一秒一秒が僕らの歌みたいだった
僕らどんな風に傷つけあったのかな
ああ間違ってたんだ
僕の心の奥底にある何かが
僕をこれからも留まらせる…

'cause you saved my soul
You came along and took me out of the night time
Yeah you saved my soul
Taught me to fly...and I gave my heart
And babe that's something that there's just no returning
'cause if I have you now
I'll never have to make it alone


きみが僕の魂を救ってくれた
きみがやってきて僕を夜から連れ出してくれた
そう きみが僕の魂を救ってくれた
飛ぶことを教えてくれた...そして僕は心を捧げた
ベイビー それはもう戻れないものだね
もし今きみがいてくれたなら  
僕は一人でいる必要なんて絶対にないんだ

We were lovers for so long
Every second record on the radio seemed like our song
Even though we're older,
things we're feeling can't be all wrong

Something in the bottom of my heart
will keep me holding on


僕らはずっと恋人でいた
ラジオの一秒その瞬間がまるで僕らの歌みたいだった
もしも年を取ったとしても
僕らの感情は間違っていないよ
心の奥底にある何かが
僕をこれからも留まらせるんだ

'cause you....(repeat chorus)
..............I'll never have to make it alone
Saved my soul; saved my soul
Saved my soul; saved my soul

だってきみが救ってくれたんだ
僕は一人でなんていなかったよ
きみが救ってくれた
僕は魂を失わずに済んだんだ

You saved my soul....(repeat chorus)...
...............never have to make it alone

Yes if I have you now
I'll never have to make it alone

Yes if I have you now
I'll never have to make it alone

そう いまきみが僕のそばにいる
僕はもう一人でなんかいないよ
そう いま 僕はきみと一緒さ
もう一人でなんて いるものか

日本語訳 by 音時
11261938_5a1a999bc1448


◆映画「メラニー」の内容は?というと…Wikipediaでは、

アーカンソー州の田舎町に住むメラニーは、前夫カールから息子の親権を取り戻すため、ロサンゼルスに向かう。文盲の彼女は大きな障害となる。そんな中、彼女は色あせたミュージシャン、リックと出会い、関係を持つ。リックの弁護士から読み書きを教わった彼女は、親権争いの手助けをする。

ミュージシャン“リック”役がバートン・カミングス。そんなわけで、映画のラストでこの曲がかかり、バートン自らが作品のなかでも歌います。ちなみにこの映画に“マイアミ・ヴァイス”でブレイクする前のドン・ジョンソンも出演しています。




◆こんないい曲、なんでそんなにヒットしなかったのか?と疑問に思ったら…わかりました!なぜチャートの37位にとどまったのか、わかりました!

 この曲が収録されたバートンのアルバム“Sweet Sweet”の海外でのオリジナルジャケットとこの曲のシングルジャケットを見てください!

ab67616d0000b273d656c8e0a23449e89df5487c

R-5611615-1553121516-3874

はい、どうでしょう。アヤしい、意味不明な海外盤ジャケット。これじゃ売れませんよね!
 バートンは朝のJR新宿駅で、ホームで満員電車に両手で背中を押して乗客を詰め込む駅員さんのお仕事を手伝ったりしてるんでしょうか !?(^_^;)