フォリナーのヴォーカリストといえば、ルー・グラムの絞り出すシャウト!を思い浮かべますよね。現在のフォリナーも音がだいぶロックになってカッコいいけれど、やっぱりルーを思い浮かべてしまいます。

この曲はルーのセカンド・ソロ・アルバム「Long Hard Look」の1stシングル。作者にルーと一緒に名前のある"Holly Knight"はパット・ベネターの"Love Is A Battlefield"やエアロスミスの"Rag Doll"の作品なども手掛けたソングライターですね。


Long Hard Look


(Gramm, Holly Knight) 

Released in 1989
US Billboard Hot100#6
From The Album“Long Hard Look”

*原詞の引用は太字


Staring at each other with accusing eyes
keep our voices low
Don't act surprised if the word gets out, 
yeah, that's alright

互いに責めるような目で見つめ合い
会話は小声でひそやかに
噂が広がっても決して騒ぐんじゃない
そうするんだよ

I know you're just looking for some sympathy
but listen you don't know 
how it gets back to me
You're getting reckless girl, 
but that's alright

おまえは同情が欲しいだけに見える
でもよく聞け おまえはわからないんだ
俺への説明の仕方がね
だんだん落ち着きがなくなってるぜ
でも まあそれもいい...

Don't you know that one cold word 
is going to lead to another
and then we'll have nowhere to go

ちょっとした冷たい言葉が
他の言葉に繋がっていくんだ
そして俺たちは行き場がなくなっていく

Even if heaven and earth collide tonight
we'll be all alone in a different light
I don't care what the world can't see
It's just between you and me

もしも今夜 天と地がぶつかり合っても
俺たちふたりには違った光が射してくるんだ
世間がどう見ようと俺は気にしない
だってそれはおまえと俺の問題だから

I see telltale signs of a love in decline
There should be something to say
but we don't take the time
and I don't understand, 
but that's alright

愛が終わろうとしてるって 
噂好きなヤツがなんか言ってるよ
何か言ってやらないといけないだろうけど
俺たちには時間がないんだ
俺には理解できないけどね
でも 仕方がない...

Now you can turn the page 
or you can tear me apart
Don't make an open book out of my private heart
You should know better now, 
but that's alright

次のページをめくるかい?
それとも 俺を切り刻むのかい?
俺の赤裸々なハートから
すべてをさらけ出したりしないでくれ
おまえにももうわかるだろう
でも もういいさ...

Don't you know that one cold word 
is going to lead to another
and then we'll have nowhere to go

ちょっとした冷たい言葉が
他の言葉に繋がっていくんだ
そして俺たちは行き場がなくなっていく

Even if heaven and earth collide tonight
we'll be all alone in a different light
I don't care what the world can't see
It's just between you and me
I see it's just between you and me

もしも今夜 天と地がぶつかり合っても
俺たちふたりには違った光が射してくる
世間がどう見ようと俺は気にしない
だってそれはおまえと俺の問題だから
俺たち二人の間の問題なんだ

If we don't work this out we won't recover
We'll loose this soulfful love for one another
But with all I've heard and all I've seen
I'm still lost in your mystery

これで俺たちがうまくやっていけないなら
もう元に戻れはしない
想いがこもった この愛を互いに手離すことになる
今まですべて 聞いて見てきたけれど
俺は未だに 迷ってる
おまえのミステリーのなかで...

Don't you know that one cold word 
is going to lead to another
and then we'll have nowhere to go

ちょっとした冷たい言葉が
他の言葉に繋がっていくんだ
そして俺たちは行き場がなくなっていく

Even if heaven and earth collide tonight
we'll be all alone in a different light
I don't care what the world can't see
It's just between you and me

もしも今夜 天と地がぶつかり合っても
俺たちふたりには違った光が射してくる
世間がどう見ようと俺は気にしない
だってそれはおまえと俺の問題だから

Even if heaven and earth collide tonight
we'll be all alone in a different light
I don't care what the world can't see
It's just between you and me
It's just between you and me...

それはおまえと俺の問題だから
それは俺たち二人の問題なんだ…

(Words and Idioms)

word gets out that=~といううわさが立つ、~ということがうわさになる・
Get back to me.=「私に報告して。」 
telltale=告げ口屋、密告屋
in decline=下り坂になって、衰退の道をたどって

日本語訳 by 音時

Lou_Gramm_-_Just_Between_You_and_Me


◆フォリナーは音楽的リーダーのミック・ジョーンズとルーが音楽性の理由などで衝突することがよくあったそうです。バンドもメンバーチェンジを繰り返しました。ルーが純粋なロックサウンドを志向したのに対して、ミックが1980年代当時の売れ筋であったシンセサイザー・バラードのスタイルを主張したといいますね。

 1984年の"Agent Provocateur"のあと、ルーはソロ・アルバムを作成し、1987年1月に"Ready Or Not"をリリースし、高評価を得ます。ルーはソロでも活動しながら、バンドも継続します。その後、フォリナーのアルバム"Inside Information"が1987年12月に発売。ルーのセカンドアルバム"Long Hard Look"は1989年10月に発売。ルーは1990年5月にグループを離脱…となります(-_-;)。

R-13910781-1563879795-8988

その後、フォリナーはヴォーカリストにジョニー・エドワーズを加えアルバム"Unusual Heat"を1枚リリースしますがヒットせず。1994年4月にルーが復帰。フォリナーとしてはアルバム"Mr.Moonlight"をリリースします。その後、ルーの病気やキリスト教徒としての生き方の問題など様々な問題がありましたが...2017年にはフォリナー結成40周年のステージでルーが姿を見せてくれました。闘病もあってか、ルーもだいぶ貫禄つきましたね(^▽^;)。ちょっと身体が心配。長生きしてほしいな…。



"Long Long Way From Home"を演ったあと、現在のフォリナーのヴォーカルのケリーが登場。ルーをたてながらも2人で"I Want To Know What Love Is"をコーラス隊と一緒に歌います。


◆“Just Between You And Me”が最高位6位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending January 27, 1990

おおっマイケル・ボルトンやロッドの"ダウンタウン・トレイン"頃だったか…。
ジョディ・ワトリーの"Everything"もいい曲でした。トム・ペティの"Free Fallin"もスキッド・ロウの"I Remember You"も懐かしい。

-1 1 HOW AM I SUPPOSED TO LIVE WITHOUT YOU –•– Michael Bolton
-2 2 PUMP UP THE JAM –•– Technotronic Featuring Felly
-3 5 DOWNTOWN TRAIN –•– Rod Stewart
-4 4 EVERYTHING –•– Jody Watley
-5 9 TWO TO MAKE IT RIGHT –•– Seduction 

-6 7 JUST BETWEEN YOU AND ME –•– Lou Gramm
-7 8 FREE FALLIN’ –•– Tom Petty 
-8 16 OPPOSITES ATTRACT –•– Paula Abdul
-9 12 I REMEMBER YOU –•– Skid Row 
10 3 ANOTHER DAY IN PARADISE –•– Phil Collins


◆こちらはルーの最初のソロアルバム"Ready Or Not"から"Midnight Blue".



◆"Long Hard Look"からのセカンド・シングル"True Blue Love"は全米40位のヒットとなりました。