1985年のアルバム“A Private Heaven”でシーナは彼女の持っていたイメージを一新しました。それまでの純粋無垢なものから、セクシーな大人の女性に、そしてサウンドも思い切りダンサブルなものに。

 1st シングルの「Strut」は気の強い女性を打ち出し、続く「Sugar Walls」では思いっ切り振り子が振り切れるくらいに!セクシーな歌詞の関係で放送禁止にもなったようです(^_^;)。
でもこの曲はシーナの歌の上手さがわかる曲でもあります!

 このブログでは“シュガー・ウォールズ”という言葉はそのまま、としました。訳しませんでしたので、不満な方は自分自身で辞書を引いてみてください(-_-;)

 この曲の作者Alexander Nevermindさんは、後ほど正体が明らかになりましたが...プリンス殿下だったんですね~!
 シーナとプリンスの初共演曲がこの曲「Sugar Walls」だったのです!
(その後の快進撃は見事でした)

200711027


Writer(s) Alexander Nevermind 
Lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1985
US Billboard Hot100#9
From The Album“A Private Heaven”

*原詞の引用は太字

My sugar walls

My sugar walls

あたしのシュガー・ウォール
あたしのシュガー・ウォール

Where I come from 
there's a place called Heaven
That's the place 
where all the good children go
The houses are of silver, 
the streets of gold
But there's more 
where you come from my sugar walls

あたしは“天国”って言われてる場所から
やってきたのよ
そこは良い子がみんな行くところ
家は銀色
通りは金色
でも“あたしのシュガー・ウォール”
そこはあなたがやってきた場所
そこはもっといいところなの

My sugar walls
My sugar walls

あたしのシュガー・ウォール
あたしのシュガー・ウォール

Blood races to your private spots
Let me know there's a fire
You can't fight passion when passion is hot
Temperatures rise inside my sugar walls

あなたの秘密の場所では血が騒ぐの
炎はどこで燃えてるのか教えてよ
情熱が燃え上りあなたは逆らえないわ
温度は上昇するのよ
あたしのシュガー・ウォールの

Let me take you somewhere, 
you've never been
I could show you things you've never seen
Well, I could make 
you never wanna fall in love again
Come spend the night inside my sugar walls

今まで行ったことない場所に連れてって
あなたの見たことのない風景を見せたげる
それからね もう二度と恋なんてしないと
思わさせてあげるわ
こっちにきて夜を過ごすといいわ
あたしのシュガー・ウォールのなかで

Take advantage
It's alright

どんなに使ったって
大丈夫なのよ

I feel so alive when I'm with you
Come and feel my presence
It's reigning tonight
Heaven on Earth inside my sugar walls

あなたと一緒だと生き返るの
そばに来て私がいることを感じて
今夜 ここでね
地上の楽園が待ってるのよ
あたしのシュガー・ウォールのなかで

Let me take you somewhere, 
you've never been
Well, I could show you 
things you've never seen
Well, I could make you 
never wanna fall in love again
Come spend the night inside my sugar walls

今まで行ったことない場所に連れてって
あなたの見たことのない風景を見せたげる
それからね もう二度と恋なんてしないと
思わさせてあげるわ
こっちにきて夜を過ごすといいわ
あたしのシュガー・ウォールのなかで

I can tell you want me
It's impossible to hide
Your body's on fire
Admit it come inside

あなたはあたしがほしいのね
隠すことはできないわ
あなたの身体が熱くなってる
そう認めて
あたしの元に来るがいいわ

My sugar walls
My sugar walls
Come inside
My sugar walls
My sugar walls

あたしのシュガー・ウォール
あたしの中に踏み込んできて

My sugar walls
Come spend the night inside
My sugar walls

あたしのシュガー・ウォール
一緒に夜を過ごしましょう

My sugar walls
My sugar walls

あたしのシュガー・ウォール
あたしのシュガー・ウォール

(Words and Idioms)
take advantage=過度に使用する
reigning=現在の 今の

日本語訳 by 音時



★「Sugar Walls」が最高位9位を記録した週のチャートです。
US Top 40 Singles March 2, 1985

1位は「ケアレス・ウィスパー」。クレジットはワム・フューチャリング・ジョージ・マイケル。もうグループよりジョージのソロ押し出しになってました。2位はREO「涙のフィーリング」。翌週1位になる!

-1 1 CARELESS WHISPER –•– Wham! Featuring George Michael
-2 4 CAN’T FIGHT THIS FEELING –•– REO Speedwagon
-3 8 CALIFORNIA GIRLS –•– David Lee Roth 
-4 7 THE HEAT IS ON –•– Glenn Frey
-5 2 LOVER BOY –•– Billy Ocean

-6 6 NEUTRON DANCE –•– The Pointer Sisters 
-7 5 I WANT TO KNOW WHAT LOVE IS –•– Foreigner
-8 3 EASY LOVER –•– Philip Bailey & Phil Collins
-9 10 SUGAR WALLS –•– Sheena Easton
10 11 THE OLD MAN DOWN THE ROAD –•– John Fogerty


R-1799553-1244127968



◆1989年第18回東京音楽祭でのシーナ“Sugar Walls”。このとき司会の小林克也さんは、ゲストのシーナ・イーストンを「筋肉質すぎて武道館の蚊も固くて刺せない」と表現したらしい。
Wikipedia 第18回東京音楽祭




◆メドレー "U Got The Look/Sugar Walls/Glamorous Life/Fingertips" at the Atlantic Club Casino And Hotel in Atlantic City, NJ on June 29, 2013.