Band Aid にWe Are The World…1985年〜1986年にはミュージシャン達が声をあげ、レーベルを越えた複数のアーティストによるチャリティの曲が多く作られヒットしました…!

アパルトヘイト政策にするこの曲“Sun City”に参加しtらアーティストは、提唱者のスティーヴ・ヴァン・ザント(Eストリートバンドメンバー)ほか、マイルス・デイヴィス、ホール&オーツ、パット・ベネター、ブルース・スプリングスティーン、デヴィッド・ラフィン、エディ・ケンドリックス、ピーター・ギャレット、ボノ、アフリカ・バンバータ、ボブ・ディラン、RUN D.M.C.、ノナ・ヘンドリックス、キース・リチャーズ、ロン・ウッド、グランドマスター・メリー・メル、ルー・リード、リンゴ・スター、ザック・スターキー等、計49組。

 この曲をチャリティとするのはちょっと違うかもしれませんが、南アフリカのアパルトヘイト政策に反対するミュージシャン達がカッコよかったな。僕の好きなブルース・スプリングスティーンおよびスティーヴ・ヴァン・ザント(リトル・スティーヴン)が参加していたということもあるかな。
 このシングル、買いました!

Screenshot 2022-08-19 19.09.07

◆この曲のウィキペディアから:

 「サン・シティ」(Sun City)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、リトル・スティーヴンことスティーヴ・ヴァン・ザントを中心としたプロジェクト「アパルトヘイトに反対するアーティストたち」が1985年に発表した楽曲。シングルとして発表された後、アルバム『サン・シティ』(1985年)にも収録された。南アフリカ共和国のアパルトヘイトを批判した内容の歌で、タイトルは南アフリカ共和国の白人専用のリゾート、サン・シティ(1985年当時はボプタツワナに属していた)に由来している。合計49人・組のアーティストが参加し、「こんなリゾートでは演奏しない」と歌い上げた。

 でもヨーロッパではオランダ、スウェーデンやスイスなどいくつかの国々でヒットしましたが、アメリカではMTVでは注目されましたが、ラジオでのオンエアが振るわず、チャートも最高38位(Billboard Hot100)にとどまるなど大ヒットには至らなかったんですね。

 原因は、メッセージ性の強いこの曲を流すことがラジオ局の現場で受け入れられなかったことのほか、当時の全米トップ40のフォーマットにそぐわない攻撃的なラップを含む内容のためではないかという意見があり、ヴァン・ザント自身も「典型的なヒット・シングルの手法を取ったレコードではない」と語っていました。

◆また僕からすると、「サン・シティなんかじゃ演奏しないぜ」と誓い合うように歌っているアーティスト達の団結を感じながら、それを破ってサン・シティで演奏した、というクイーンが嫌いになったきっかけでもありました(^_^;)。

 でもこちらの記事「TAP the Pop」さんの記事にもあるように、当時のクイーンのメンバーは考えがなく商業主義的に行動したのではなく、彼らなりの考え「クイーンは政治的なバンドではない。求められればクイーンはどこにでもいく」(ブライアン)があってのことだったようですね。
 南アフリカで演奏しつつも、そのなかでクイーンらしく南アフリカの人民を支援していたんですね。(当時は知りませんでした)


body_144325



Songwriter(s) Steven Van Zandt

Released in 1985
US Billboard Hot100#38 
From the Album “Sun City”

*原詞の引用は太字

[Intro]
Ahh, sun city
Sun city
South Africa
South Africa

[Scatting]

[Verse 1: Run-D.M.C, Grandmaster Melle Mel & Duke Bootee, Afrika Bambaataa & Kurtis Blow, Big Youth & All rappers]
We're rockers and rappers united and strong
We're here to talk about South Africa 
we don't like what's going on (Tell it)
It's time for some justice it's time for the truth (Speak it)
We've realized there's only one thing we can do

俺たちロッカーでありラッパーは 団結して強くなる
俺たちは 南アフリカのことを話しに来たんだ 
いま起こっていることは なにかおかしいぜ (言えよ)
今こそ正義のために 真実を語る時 (言っちゃえよ)
わかったんだ 俺たちにできることは一つしかない

We gotta say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
Oh, no, no, no
I, I, I, I, I, I
I ain't gonna play sun city
Everybody say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
No, no, baby
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city

俺たちは言う
俺は 俺は 俺は 俺は
サンシティなんかで演奏しない
いやだ とんでもない
俺は 俺は 俺は 俺は
サンシティなんかで演るもんか

[Verse 2: David Ruffin, Pat Benatar, Eddie Kendrick, Bruce Springsteen]
Relocation to phony homelands
Separation of families I can't understand
23 million can't vote because they're black
We're stabbing our brothers and sisters in the back

インチキの祖国「ホームランド」への強制移住
家族が離れ離れ  アタシには理解できない
肌が黒いというだけで
選挙権が2,300万人に与えられない
俺たちは黒人の兄弟・姉妹を傷つけてるんだ

We're gonna say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
We're gonna say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city

俺たちは言う
俺は  俺は 俺は 俺は
サンシティなんかで演奏しない
言わせてもらうぜ
アタシも  アタシ だって  
サンシティなんかで演らないわ

[Verse 3: George Clinton, Joey Ramone, Jimmy Cliff & Daryl Hall, Darlene Love]
Our government tells us we're doing all we can
Constructive engagement is Ronald Reagan's plan
Meanwhile people are dying and giving up hope
Well this quiet diplomacy ain't nothing but a joke

俺たちの政府は 最善を尽くしてると言うが
「建設的関与」はロナルド・レーガンの目論見
そうこうする間に 人々が命を落とし希望を失くしてる
ああ  この「静かな外交」なんて冗談じゃない!

We're gonna say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
I ain't gonna play, no, no
We're gonna say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
Don't wanna play, don't wanna play

アタシたちは言う
俺は アタシは おいらは
サンシティなんかで演奏しない
演らないぜ  いやだ とんでもない
言わせてもらおう
俺 僕 アタシ おいら
サンシティなんかで演るもんか
絶対 演奏したりしない

[Scatting]

[Verse 4: Bonnie Raitt, Ruben Blades & John Oates, Lou Reed, Bobby Womack]
It's time to accept our responsibility
Freedom is a privilege nobody rides for free
Look around the world baby it cannot be denied
Some-somebody tell me why are we always on the wrong side

私たちも責任を取る時が来たわ
自由という特権はタダじゃ手に入らないんだ
見回してみると ベイビー 否定できないよ
俺たちはいつも悪い奴らの側に立ってしまうんだろう?

I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
Will someone tell me what's going on?
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city

俺は 俺は 俺は 俺は
サンシティじゃ演奏しない
何が起きてるか教えてくれよ
俺は 俺は 俺は 俺は
サンシティなんかで演るものか

[Verse 5: Run D.M.C., Kurtis Blow, Run D.M.C. & Afrika Bambaataa, Duke Bootee, Grandmaster Melle Mel & Afrika Bambaataa, Linton Kwesi Johnson & All Rappers]
Bophuthatswana is far away
But we know it's in South Africa no matter what they say 
(No matter what they say)
You can't buy me I don't care what you pay
Don't ask me sun city cause I ain't gonna play

ボプタツワナは遠いけど
ヤツらがどう言おうと南アフリカにあるんだ
(ヤツらが何と言おうと)
カネを積まれようと売ったりしないぜ
サンシティのことを聞いてくんなよ
俺は絶対に演らないから

We've gotta say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city

[Verse 6: Jackson Browne & Bob Dylan, Peter Garrett, Nona Hendryx & Kashif, Bono]
Relocation to phony homelands
Separation of families I can't understand
23 million can't vote because they're black
We're stabbing our brothers and our sisters in the back

インチキの祖国「ホームランド」への強制移住
家族が離れ離れなんて 理解できない
肌が黒いというだけで
選挙権が2,300万人に与えられない
俺たちは黒人の兄弟・姉妹を傷つけてるんだ

We've gotta say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
No, no no, no, no
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
We've gotta say
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city
No, no, no no no
I, I, I, I, I, I
Ain't gonna play sun city

俺たちは言う
俺は アタシは おいらは
サンシティなんかで演奏しない
演らないぜ  いやだ とんでもない
言わせてもらおう
俺 僕 アタシ おいら
サンシティなんかで演るもんか
絶対 演奏したりしない

It ain't that far away
It ain't that far away, sun city
Don't go, no, no, no no no no no
Sun, sun, sun, sun city
Ain't gonna play sun city
Brothers and sisters being stabbed in the back
Don't, not gonna play sun city

遠くなんかない
サンシティは遠くないが
行かないぜ 絶対にな
サン サン サン サンシティ
サンシティじゃ演奏しない
その裏側じゃ 兄弟・姉妹を傷つけるんだ
だから サンシティじゃ演らないぜ


(Words and Idioms)
phony=にせの、いんちきの、うその
stab · 刺し傷、突き刺すこと、· 人の心を傷つけること
privilege =特典、利益
ボプタツワナ(アフリカーンス語: Bophuthatswana)=南アフリカ共和国北西部にかつて存在したバントゥースタン(ホームランド)。

日本語訳 by 音時

a-143887-1110649709.jpg

◆南アフリカでは、1994年4月にようやく全人種が参加する選挙が行われ、5月にネルソン・マンデラが大統領となり新政権が樹立されました。マンデラ大統領就任により、アパルトヘイトはこの1994年に完全に撤廃され、民族和解・協調を呼びかけ、アパルトヘイト体制下での白人・黒人との対立や格差の是正、黒人間の対立の解消、経済制裁による経済不況からの回復に努めてきました。

 20年ちょっと経ちましたが…以降の状況はどうなっているのでしょう…。

アパルトヘイト後の非情な現実 南ア最大の旧黒人居住区はいま
ニューヨークタイムズ