ジャーニーの新譜「Freedom」が届きました!
15曲70分超の大作、僕もまだしっかり聴けてはおりません…(^_^;)

今回が15枚目のアルバム。前のアルバムは2011年の“Eclipse “だから11年振り!になるんですね。


71FeJs+


このアルバムのWikipediaに書いてあったのですが、今回のアルバムタイトルの「フリーダム」ですが、実1986年のアルバム「レイズド・オン・レディオ」の原題は「フリーダム」であった、とのこと。でもそれが元メンバーのスティーヴ・ペリーによって変更された、という話があります…。

 ジャーニーは「フリーダム」って名前のアルバムをずっと作りたかったのかな。

◆この曲“Together We Run”は「フリーダム」のオープニング・トラック。ジャーニーらしく少しメランコリーなロック。ライブで聴いてみたい一曲ですね。

972778-0-20220428191647_b626a698f2d140

writer(s)
Narada Michael Walden、Rachel Efron、Randy Jackson、Jonathan Cain、Neal Schon

Released in 2022
From the Album “Freedom”

*原詞の引用は太字


The sun is on its way
Acting like it’s some new day
Your curtains hang the same
But the shade’s pulled down

太陽が近づいてくる
まるで新しい一日が始まるようさ
カーテンがかかってるのはいつものこと
だけどブラインドは降ろされてる

I know that they did you wrong
Made it clear you don’t belong
But the world’s much bigger now
than one small town

ヤツらがしたひどい事を覚えてる
きみの居場所はここじゃないって
だけど世界はずっと大きいんだ
ひとつの小さな町よりもね

So pack three shirts
That old guitar
Your moonstruck poetry
And use that angel voice
To say you’ll come with me
Come with me

だから3枚のシャツのパックと
あの古いギター 
きみの空想にふけった詩を持って
きみの天使の声を聴かせてほしい
僕と一緒に来るって歌ってよ
僕と一緒に来るって

Together we run 
(Don’t give up or you’ll lose the fight)
Straight to the city lights
Together we run
 (Hold on to this with all your might)
Our lives begin tonight

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run, yeah
New York dreamеrs
Together we run

一緒に走っていこう
(あきらめるな 勝負に負けるな)
街の灯りに向かってまっすぐに
二人一緒に走っていこう
(つかまっていろ 全力でやるんだ)
僕らの人生は今夜始まるんだ

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
一緒に走っていこう
ニューヨークの夢追い人さ
一緒に駆けていこう

Wе’ll make some dreams come true
You know how I believe in you
Leave doubt and fear behind
A place to start again

僕たち夢を叶えられるはずさ
きみをどんなに信頼してるかわかるかい
疑いや恐怖は置いていこう
この再びスタートを切る場所にね

You rehearsed this role with all your lines
You have what it takes to get it right
Step out into the light
You never dreamed of giving up

きみは自分のセリフを語って役割を演じてきた
きみには正しくやれる素質があるんだ
踏み込むんだ 光のなかへ
諦めるなんて夢にも思わなかったね

You’ve made your mark
There’s so much more
I’m knocking at your door
Imagine all you’ve done
You’re more than good enough

きみは成功したね
だけど まだまだこれからさ
僕がきみのドアをノックするよ
これまでやってきたことを想像してごらん
きみにはまだ伸びしろがあるのさ

Together we run 
(Don’t give up or you’ll lose the fight)
On to the city lights
Together we run
 (Hold on to this with all your might)
Our lives should begin tonight

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run, yeah
Straight to the city lights
Together we run

一緒に走っていこう
(あきらめるな 勝負に勝つんだ)
街の明かりに向かってまっすぐ
二人一緒に走っていこう
(つかまっていろ 全力でやるんだ)
僕らの人生は今夜始まるんだ

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
一緒に走っていこう
街の明かりにむかってまっすぐ
一緒に駆けていこう

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run, yeah
Straight to the city lights
Together we run

Don’t give up or you’ll lose the fight
Hold on to this with all your might

あきらめるな 勝負に勝つんだ
つかまっていろ 全力でやるんだ

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run

You’ve made your mark
There’s so much more
I’m knocking at your door
Imagine all you’ve done

きみは成功したね
だけど まだまだこれからさ
僕がきみのドアをノックするよ
これまでやってきたことを想像してごらん

Don’t give up or you’ll lose the fight
Hold on to this with all your might

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run

Don’t give up or you’ll lose the fight
Hold on to this with all your might

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run

Don’t give up

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run

Don’t give up

Whoa, whoa, whoa
Whoa, whoa, whoa
Together we run

(Words and Idioms)
moonstruck 【形】 空想にふけった、ボーッとした
You've got what it takes.:君には素質があるよ
make one's mark 有名になる、名を成す[上げる]、頭角を現す、成功する

日本語訳 by 音時

Screenshot 2022-07-11 23.31.04



◆しかし、80年代に流行したロックバンドのなかで、ジャーニーが未だ現役!っていうのが嬉しいですよね。あのバンドも、あのバンドも、長いことニューアルバムを出していないなかで、当日のヒットソングを中心にライブを行っているけれど…(^_^;)

このアルバムのツアーで日本に来てくれないかな。

◆アルバム“Freedom”から、すでにもう5枚のシングルがリリースされている!

"The Way We Used to Be"
Released: June 24, 2021

"You Got the Best of Me"
Released: April 26, 2022

"Let It Rain"
Released: May 17, 2022

"Don't Give Up on Us"
Released: June 7, 2022

"United We Stand"
Released: July 4, 2022


◆イントロと曲展開があの“Separate Ways”に似ているよね…!アルバム2曲目の“Don't Give Up On Us ”はこのアルバムからのシングル第4弾。
“安らぎの季節”(by デヴィッド・ソウル)ではありません。同名異曲です。




◆明るい感じのロックなこの曲、“You Got The Best Of Me”。
アルバムを通して聴くなかで僕の好きな点数は高いぞ。“”