昨日は夜の部でバーブラ・ストライサンドが「あなたのために私はスーパーマンになる」と歌った歌を紹介しましたが、一夜明けて「私はあなたのスーパーウーマンにはなれないわ」という歌を紹介しましょう!

◆シンガーはキャリン・ホワイト。この曲“Superwoman”は1988年に全米8位を記録したヒット曲です。
作者はDaryl Simmons、Kenny "Babyface" Edmonds、L.A. Reidのソングライティング・トリオ。このチームは、Boyz II Men、Toni Braxton、Bobby Brownなどのために数多くのヒット曲を書いてますね。


この曲のWikipediaからの情報ですが、作者の1人であるダリル・シモンズは、この曲のストーリーをソングライター・ユニバースに次のように語っています。
"Karynと会ったとき、ボーイフレンドとの関係について話をしたんだ。僕たちはいつも人に会って、その人の人生に何が起こっているかを見て、その性格から何かを選ぶことができるようにするんだ。それで、「よし」となって、この曲「スーパーウーマン」ができたんだよ。
 だけど多くの人が(歌詞の意味を)間違えているんだ。この曲は「私はあなたのスーパーウーマンじゃない。私はあなたが気を許して、すべてが大丈夫だと思うような女じゃない」。つまり...「あなたは私を失望させ続けて、私がそれでいいと思うことはできないのよ」という意味なんだ。

うむ、上の話はキャリンが実際に話していたことなどを歌にしたんでしょうね。キャリンが“スーパーウーマンじゃない”という話を実際にしたわけではなく、“男が私を失望させ続けるのは私は我慢ができないの…(男も努力して成長してほしい、みたいなことかな)”なんて言ったのかな?


Front-375f2-thumbnail2


Songwriter(s)
L.A. Reid、Babyface、Daryl Simmons

Released in 1988
US Billboard Hot100#8
From The Album“Karyn White”

*原詞の引用は太字

Early in the morning
I put breakfast at your table
And make sure that your coffee
Has it's sugar and cream

朝早くからテーブルに
私は朝食の準備するの
あなたの飲むコーヒーには
砂糖とクリームも忘れずに

Your eggs are over easy
Your toast done lightly
All that's missing is your morning kiss
That used to greet me

あなたの目玉焼きは軽く焼いて
トーストも同じく軽く焼く
足りないのは朝のキスだけね
以前は挨拶によくしてくれたけど

Now you say the juice is sour
It used to be so sweet
And I can't help but to wonder
If you're talking 'bout me

最近 あなたはジュースが酸っぱいと言う
以前は甘くておいしいって言ってたのに
私どうしていいか考えてしまう
あなたが私のこと
話してくれたらと思ってしまう…

We don't talk the way we used to talk
It's hurtin' so deep
I've got my pride, I will not cry
But it's makin' me weak

あなたは以前話していたように話さない
それが私を深く傷つける
私にもプライドがある 泣かないわ
でもこうしたことで私は元気を失うの

I'm not your superwoman
I'm not the kind of girl 
that you can let down
And think that everything's okay
Boy, I am only human
This girl needs more than occasional
Hugs as a token of love 
from you to me, 
ooh, baby

私はあなたのスーパーウーマンじゃない
あなたにガッカリさせられたりして
それでも平気って女じゃない
なんだってOKと思ってるかもしれないけど
わかる? 私もただの人間なの
この女は 気が向いたときに抱きしめられるより
あなたから私への愛の証として
もっと必要としてるものがあるのよ
ああ ベイビー

I fought my way 
through the rush hour
Trying to make it home just for you
I want to make sure that your dinner
Will be waiting for you

私ラッシュアワーにも負けずに
頑張ってきたのよ
あなただけのために家に帰ってきて
あなたの晩ご飯を用意して
あなたの帰りを迎えるようにしてきたわ

But when you get there 
you just tell me
You're not hungry at all
You said you'd rather read the paper
And you don't want to talk

でも家に帰ってくると
あなたはあっさり言うの
お腹が空いてないんだって
食事より新聞を読みたいんだって
それって 私と話したくないみたい

You like to think that I'm just crazy
When I say that you changed
I'm convinced I know the problem
You don't love me the same

あなたは変わったって私が言うと
私の方がおかしいってあなたは思うのね
何が問題か はっきりわかってる
あなたは以前のように私を愛していないの

You're just going through the motions
And you're not being fair
I've got my pride, I will not cry
Still I can't help but care

あなたは変わってないふりをしてるだけ
それは公平じゃないわ
私にもプライドがある 泣かないわ
だけどやっぱり気になってしまうのよ

I'm not your superwoman 
(Oh, no, no)
I'm not the kind of girl 
that you can let down
And think that everything's okay
Boy, I am only human (I'm only human)
This girl needs more than occasional
Hugs as a token of love 
from you to me

私はあなたの「できた女」じゃない
あなたにガッカリさせられたりして
それでも全然平気って女じゃない
何の問題もないって思ってるみたいだけど
わかる? 私もただの人間なのよ
気が向いたときに抱きしめられるより
愛してる証拠をとして必要なものがあるの
あなたから私への…

Oh, baby, 
look into the corners of your mind
I'll always be there for you 
through good and bad times
But I can't be that superwoman 
that you want me to be
I'll give my everlasting love 
if you'll return love to me

ああ ベイビー
私の心の片隅をよく見てほしいの
私はあなたのそばにいる
いい時も悪いときもずっとね
でも私はあなたが求めている
スーパーウーマンにはなれないの
あなたが私に愛を返してくれるなら
私もあなたを永遠に愛していくわ

If you feel it in your heart
And you understand me
Stop right where you are
Everybody sing along with me
Hoo, hoo, hoo, ooh, ooh, hoo

もしあなたが心で感じて
そして私を理解してくれるなら
今その場所でいったんとまって
そして私と一緒に歌ってほしい
Hoo, hoo, hoo, ooh, ooh, hoo

I'm the kind of girl 
that can treat you so sweet
But you got to realize 
that you got to be sweeter to me, 
oh, ho, ho

私はあなたをこんなに優しく
愛してあげられる女なのよ
でもあなたはもう気付いてほしい
あなたは私以上に
私を優しく愛さないとダメなのよ
oh, ho, ho

I need love
I need just your love
I'm not your superwoman (Oh, no)

あなたの愛が
あなたの愛が必要なの
私はあなたの
スーパーウーマンじゃないから…

(Words and Idioms)
as a token of =~のしるしに

日本語訳 by 音時

R-9021196-1473418155-5530



この曲の主人公の女性についてあれこれ考える前に、僕はやっぱり男性なので、この相手方の方を考えちゃいますね。おいおまえ、家に帰ってきて「腹減ってない。それより新聞!」ってなんなんだよ。

この曲の主人公の女性の優しさに甘える、どうしようもないヤツって感じですよね(^_^;)。
(↑ どの口が言ってんだよ! by 音時の妻…フィクションです)


◆グラディス・ナイト、パティ・ラベル、ディオンヌ・ワーウィックの大御所3女が歌うSuperwoman。




◆1988年、デビュー間もない頃のライブから(Apollo Live TV One) 。やはり、まだステージングが慣れていない感じですね!




◆そんなKarynが1991年に出した全米No1ヒット“Romantic”。嫌いじゃないけど、“Superwoman”のときは本格的な女性R&Bシンガーがデビューしたって感じだったので、ちょっと僕の中に戸惑いもありました。