ああ 2022年のギルバート来日公演ももう最後、この曲を歌ってる頃でしょうか…!
ギルバートの喉の調子はどうかだったかな…。最後にこの曲とそれに続く“Get Down”、みんなで締めくくってほしいですね…! ありがとう、ギルバート。


「Matrimony」はギルバートのライヴでも必ず演ってくれる曲です。
 発音は"マッチョモーニー"ですね!ピアノを弾くギルバートも楽しそうで、会場もみんな手拍子です。「結婚」!について、人生の悲哀も込めて(!)ユニークに楽しく歌うギルバート。

◆この曲についてギルバートはこのように言っています。

「Matrimony」はイギリスとヨーロッパでは私のシンボル曲のようになった曲です。イギリスなどでは私がTVに出演してこの曲を演り始めるとすぐに私だとわかってもらえるくらい有名になったものです。素晴らしいことは、この曲は一度もシングル・カットされたこともなく、いわゆるヒット曲にもなっていないことです。そういったヒット・シングルでないアルバムのなかの一曲で、自分が知られているということは大変嬉しい経験でした。


◆ギルバートとビル・シャンリー、そのファミリーの皆さん、気をつけてお帰りください。

あっでもこのあと5月10日過ぎの英国ハンプシャーのベイジングストーク公演までちょっとオフが入る模様(そのあと年末までずっと英国からヨーロッパツアーのようですね)。
 ひょっとして、まだ帰らずにご家族と日本観光とか…?
明日あさってあたり、日本の観光地に行ったら、ギルバートに会えたりしないかな(^_^;)。


4050538252668


Screenshot 2022-04-24 00.20.52


Songwriters O'SULLIVAN, RAYMOND
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1971
From The Album"Himself"

*原詞の引用は太字

I've no wish to hurry you luv
But have you seen the time
It's quarter to ten 
and we're supposed to be there at nine

愛しいきみ
急がせたくはないんだけど
きみは時計を見たかな?
もう10時10分前だよ
9時に待ち合わせだったのに

I don't think the registrar
Will be very pleased
When we show up an hour late
Like two frozen peas

僕は考えたりしないよ
登記官がとても喜ぶかどうかなんてさ
1時間遅れで窓口にたどり着いたら
僕たち2人は冷凍豆みたいに
凍り付いちゃうよ

Both now facing for the first time
Presently and past
Something that begins with M
And ends in alas

僕らは今 初めて直面してるんだ
それは現在と過去の狭間
その言葉は"M"で始まり
"alas!"って悲観して終わるのさ

More than not complete disaster
Even from the start
What could it be...
It's Matrimony

大失敗とはいかないまでも
最初からこんなカンジ
これって何なのかね…?
それが"結婚"ってもんさ


I know how you've dreamt about
Being walked down the aisle
But think of the money we'll save
And you'll see it's worthwhile

ヴァージンロードを歩く姿を
きみがどれほど夢見てたか知ってるさ
でも僕ら節約しようって言ってたよね
そのことの大切さがいずれわかるよ

It won't please our mums and dads
But they don't even know,
Besides if they did what's the betting
They wouldn't even go

僕らのママとパパも喜ばないよ
そんなこと知るよしもないからさ
もし知ったとしても
たぶん祝福はしてくれないだろうな

You and me are all that matters
Disregard the rest
Trust your soon to be old man
He knows what is best

大切なのはきみと僕のことだけ
あとのことは無視しておけばいいさ
でもすぐにきみのパパになる人は
信頼してもいいよ
彼は何が一番か知ってるからね

Very shortly now there's going to be
An answer from you
Then one from me
That's matrimony

今すぐに答えがきみから出るはずさ
そして僕からもね
その答えが"結婚"ってことなんだ

I'm truly grateful 
for the little things in life
That have made me so glad
Every other hour that I spend with you
Is not in the least bit sad

人生のちっちゃなことまでも
本当に感謝してるのさ
思いだすたび僕は嬉しくなるんだ
きみと過ごす時間は1時間おきに
これっぽちも悲しくなんかないんだよ

Quite the opposite in fact
And if you don't believe me
Here's the proof
Ask me if I 
and I'll say "Aye, I do"

それとは反対に本当のことを言うと
もしきみが信じてくれないなら
証拠をここに示してあげるよ
愛してる?って聞いてくれ
僕は言うよ
"そうさ 愛してる"ってね

You and me are all that matters
Disregard the rest
Trust your soon to be old man
He knows what is best

きみと僕のことだけが肝心なこと
そのほかのことはどうでもいいんだよ
でもすぐにきみのパパになる人は
信頼してもいいよ
彼は何が一番か知ってるからね

Very shortly now there's going to be
An answer from you
Then one from me
That's matrimony

今すぐに答えがきみから出るはずさ
そして僕からもね
その答えが"結婚"ってことなんだ

Marriage-the joining together
 of the two people
For better or for worse 
Till death them do part

Ole!

結婚…2人の人間が一緒にいること
富める時も貧しき時も
死が二人を分かつまで…

"がんばれよ!"


(Words and Idioms)
registrar=事務官,登記官
show up __ minutes late =_分遅れてくる
frozen pea=冷凍豆; 冷凍エンドウ
alas=[悲嘆・憂慮などを表わして] ああ!, 悲しいかな! 
complete disaster=大失敗 
worthwhile=時間と労力をかけるだけの値打ちのある,やりがいのある
What's the bet/betting that=(英)多分~だろう
disregard=〈…を〉無視する,軽視する
soon-to-be=すぐに~になる予定
every other hour=1時間おきに
not in the least=少しも…しない

日本語訳 by 音時


1571510


◆“Marriage”と“Wedding”、“Matrimony”の違いは…?

Weblio辞書によると次のようにあります。

《★【類語】
marriage は結婚(式)の一般語;
wedding は結婚式またはその祝宴;
matrimony は形式ばった語で,特に結婚に伴う宗教的・精神的な権利や義務を強調する》.


はい、この「形式ばった語」で“マッチョモーニー“と歌うのがギルバートのユーモアのところなのでしょうね!


◆この曲のスタジオバージョンです。









(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Himself
・Gilbert O'Sullivan Original Collection ライナーノーツ
・Weblio 辞書