はい、歌姫リンダのドキュメンタリー映画「サウンド・オブ・マイ・ヴォイス」が4月22日から全国の映画館で放映されます!これは観なければ。


Screenshot 2022-04-09 13.00.57

上映館情報はこちらから。(続く、スージ−の映画やウエスト・コーストのアーティストの映画もみんな観てしまいそうです…!)(^_^;)




1975年の6月、“悪いあなた(You're No Good)”に続く2曲連続No1になるかと思われた、リンダの“いつになったら愛されるのかしら(When Will I Be Loved)”のNo1を阻んだのはこの曲(クリック)でした。これもいい曲で強かったからなあ。

US Top 40 Singles Week Ending 21st June, 1975 
TW LW TITLE –•– Artist (Label)-Weeks on Chart (Peak To Date)

1 2 (???????????)
2 3 WHEN WILL I BE LOVED / IT DOESN’T MATTER ANYMORE –•– Linda Ronstadt (Capitol)-11 (2)
3 12 WILDFIRE –•– Michael Murphey (Epic)-13 (3)
4 6 I’M NOT LISA –•– Jessi Colter (Capitol)-12 (4)
5 7 LOVE WON’T LET ME WAIT –•– Major Harris (Atlantic)-13 (5)

6 1 SISTER GOLDEN HAIR –•– America (Warner Brothers)-12 (1)
7 29 THE HUSTLE –•– Van McCoy and the Soul City Symphony (Avco)-10 (7)
8 10 GET DOWN, GET DOWN (Get On the Floor) –•– Joe Simon (Spring)-12 (8)
9 22 LISTEN TO WHAT THE MAN SAID –•– Wings (Capitol)-4 (9)
10 11 CUT THE CAKE –•– The Average White Band (AWB) (Atlantic)-11 (10)

51002722c11b6def9cbf84cb673ea6c9


Songwriter(s) Phil Everly

Released in 1975
US Billboard Hot100#2
From the Album “Heart Like a Wheel”

*原詞の引用は太字

I've been cheated
Been mistreated
When will I be loved?

騙されてきたの
残酷な目にあわされてきたの
私 いつになったら愛されるの?

I've been put down
I've been pushed 'round
When will I be loved?

恥もかかされて
あれこれ振り回されてきた
そんな私 いつに愛に巡り会えるの?

When I find a new man
That I want for mine
He always breaks my heart in two
It happens every time

新しいひとを見つけ出して
付き合いたいって望んでも
男はいつも私の心を2つに引き裂くの
それがいつものことなのよ

I've been made blue
I've been lied to
When will I be loved?

落ち込まされてばかり
嘘もたくさんつかれてきた
いつになったら 私 愛されるのかな?

[Instrumental]

When I find a new man
That I want for mine
He always breaks my heart in two
It happens every time

新しいひとを探し出して
このひとこそって思ったとしても
男はいつも私のハートを切り裂くの
いつだってそうなってしまうの

Oh, I've been cheated
Been mistreated
When will I be loved?

欺かれて
虐げられてばかり
私 愛に巡り会えるのかな?

When will I be loved?
Tell me, when will I be loved?

いつになったら愛されるの
教えて 私はいつになったら
愛されるのかしら?

(Words and Idioms)
put down=こき下ろす、恥をかかせる、けなす、悪口を言う

日本語訳 by 音時

0-071111-00



オリジナルはエヴァリー・ブラザーズ。1960年の全米8位のヒットでした。
こちらの主人公は男性。リンダのバージョンは主人公は女性。
歌詞はちょっと変更されているんですね。どこが変わっているのでしょうか?
そんなことも注目してみてください。和訳記事はこちら(クリック)です。