さてアルバム「噂」もいよいよ終盤。ラス前はクリスティンの歌う「Oh Daddy」。

  クリスティンの声は変わらずとも、サウンドは力強く、歌われている中身がそれなりに重い感じがします。

◆この曲はクリスティンがバンドのリーダーでドラマーであるミック・フリートウッドについて書いた曲であるとのこと。当時、フリートウッド・マックのなかで、唯一2人の娘がいたことから、“Oh Daddy”と付けられた様子。ミックはこの曲をフリートウッド・マックの曲の中で最も好きな曲の1つであると述べているそうです。(^_^;)
 一方、この曲はもともと、クリスティンが当時付き合っていたという、バンドの照明ディレクターのために書かれたものという説もあるとのこと。クリスティンがそれを隠そうとして、ミック・フリートウッドのことだと主張した?

  もうドロドロすぎて、どうでもええわ、って気になりました(^_^;)。


wpcr000011857_LLL

Songwriter(s) Christine McVie

Released in 1977
From the Album “Rumours”

*原詞の引用は太字

Oh, Daddy, you know you make me cry
How can you love me, I don't understand why
Oh, Daddy, if I can make you see
If there's been a fool around, it's got to be me
Yes, it's got to be me

ねえあなた どうして私を泣かせるの?
どうして私を愛せるの? 理由がわからない
ああ あなた あなたにわかってもらえたら
物語に愚か者がいるなら  それは私のことよ
そう それは私ってことなのよね

Oh, Daddy, you soothe me with your smile
You're letting me know you're the best thing in my life
Oh, Daddy, if I can make you see
If there's been a fool around, it's got to be me
Yes, it's got to be me

ああ あなた その笑顔で私を癒やしてくれる
私の人生でもっとも大切なものって気がつくの
そう あなた あなたにわかってほしい
愚か者は私なんだってこと
そう それは私と決まってる

Why are you right when I'm so wrong? 
(So wrong)
I'm so weak but you're so strong
(Never so strong)
Everything you do is just all right
And I can't walk away from you, baby, if I tried

私がとても間違ってても どうしてあなたは正しいの?
(とても悪いのに)
私がこんなに弱ってるのにあなたはとても強いのね
(私はそんなに強くなれない)
あなたがすることは全部 正しいことよ
だから私はあなたから離れられなくなってしまう…

[Instrumental Bridge]

Why are you right when I'm so wrong? 
(So wrong)
I'm so weak but you're so strong 
(Never so strong)
Everything you do is just all right
And I can't walk away from you, baby, if I tried

あなたは正しいわ  私がどんなに間違ってる時でも
(私がどんなに間違えようと)
あなたは強いわ 私はこんなに弱ってる時だって
(私はそんなに強くなれない)
あなたがすることすべて 全部 正しいのよ
そんなの嫌だと思っても あなたから離れられない

Oh, Daddy, you soothe me with your smile
You're letting me know you're the best thing in my life
Oh, Daddy, if I can make you see
If there's been a fool around, it's got to be me
Yes, it's got to be me
Yes, it's got to be me
Yes, it's got to be me

ああ あなた 笑顔で私を癒やしてくれる
私はあなたが自分の人生の一番の宝物だって思い知る
そう あなた わかってほしいの
あなたの周りの愚か者がひとり それは私
そう それは私なの
あなたがいないと駄目な私
悲しい愚か者は私なの
そう それは私だってこと



日本語訳 by 音時



FleetwoodRumours


◆しかし、訳してみると、やはり主人公の気持ちはちょっと重いですね(^_^;)。

最後のところなど意訳させてもらいましたが、愛するひとがいることを喜びというよりも、感情を自分の方に向けて、相手と自分を比較して、至らない自分を責めているのでしょうか。“Oh Daddy”と呼びかけているのは、相手が年上?で人生経験も豊富?で、やはり自分が未熟であると思ってしまうのかもしれません。
 アルバム「噂(Rumours)」は本当に最高傑作であると僕も思いますが、A面→B面と爽やかに終わってくれないところがちょっと嫌だなあ。聴き終わったとき、ちょっと自分が重い気持ちに包まれてるんです…。

 「Oh Daddy」の主人公の彼女には思いつめなくていいよ、あなたはあなた、そんなあなたを見て彼はあなたを好きになったのだから、自信持ってほしいな…と言ってあげたい。