アルバム「華麗なる誘惑(Bad Girls)」から、“Hot Stuff”、“Bad Girls”の2曲の全米No1を獲得したドナ・サマー。アルバムからの第3弾はこの曲“Dim All The Lights”、ドナ自身のペンによる雰囲気のある曲でした。


Dim_All_The_Lights_(Holland)

◆“Dim All…”はじっくりとチャートを昇ってきましたが、その1ヶ月後リリースされた、ドナとバーブラ・ストライサンドとのデュエット“No More Tears”が急上昇してきて、“Dim All… ”がチャートの2位で、イーグルスやコモドアーズと1位の座を狙っているときに、もう3位に駆け上がってきていました。
 そしてこの翌週、“No More Tears”が首位となり、“Dim All The Lights”は2位から4位にダウン…となるんですね。“No More Tears”がもしもあと1週リリースが遅かったら…1位になっていたかなと思うと残念ですね(^_^;)。

Ending 17th November, 1979 
TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart (Peak to Date)

1 3 STILL –•– The Commodores (Motown)-8 (1 week at #1) (1)
2 2 DIM ALL THE LIGHTS –•– Donna Summer (Casablanca)-13 (2)
3 7 NO MORE TEARS (Enough Is Enough) –•– Barbra Streisand / Donna Summer (Columbia / Casablanca)-5 (3)
4 6 BABE –•– Styx (A&M)-7 (4)
5 1 HEARTACHE TONIGHT –•– Eagles (Asylum)-7 (1)

6 4 RISE –•– Herb Alpert (A&M)-17 (1)
7 9 YOU DECORATED MY LIFE –•– Kenny Rogers (United Artists)-11 (7)
8 8 TUSK –•– Fleetwood Mac (Warner Brothers)-7 (8)
9 10 PLEASE DON’T GO –•– K.C. and the Sunshine Band (T.K.)-13 (9)
10 5 POP MUZIK –•– M (Sire)-15 (1)

◆ドナは当初、“Dim All The Lights”はロッド・スチュワートに提供するつもりだったそうですが、ドナは気が変わって自分で歌ったとのこと。いったいドナに何があったのでしょう(^_^;)。


DimDonna


Songwriter(s) Donna Summer

Released in 1979
US Billboard Hot100#2
From the Album “Bad Girls”

*原詞の引用は太字

Dim all the lights sweet darling
'Cause tonight it's all the way
Turn up the old Victrola
Gonna dance the night away

明かりをみんな暗くして
だって今夜はずっと一緒にいられるから
年代物のレコードプレーヤーの音を大きく
踊り明かしましょうよ

Love just don't come easy
No it seldom does
When you find the perfect love
Let it fill you up

愛はそう簡単にはやってこない
そう めったにないことよ
完璧な愛を探してるのなら
あなたをそれでいっぱいにするわ

Dim all the lights sweet darling
'Cause tonight it's all the way, hey baby
Turn up the old Victrola
Gonna dance the night away

部屋を薄暗くしましょう
今夜は二人ずっと一緒だから
年代物のビクトローラー
レコードをかけて踊り明かすの

Love just don't come easy
No it seldom does
When you find the perfect love
Let it fill you up, hey baby

愛は簡単なものじゃない
素敵な愛ならなおさらのことよ
あなたは完璧な愛を求めるの?
愛であなたを満たしてあげたいわ

Dim all the lights sweet honey
'Cause tonight it's you and me
No need to worry darlin'
'Cause it's for eternity

明かりを薄暗いままでいい
今夜はあなたと私の二人きり
心配することはないわ
だって永遠に続くのだから

Love just don't come easy
This you know I understand
Want to be your woman
If you'll be my man
Let yourself go freely and I'll
Show you things that you've dreamed of
Don't think that your dreaming
We've found the perfect love
And I'm like a cup, come fill me up

愛は簡単なものじゃない
あなたはわかってるでしょ
私はあなたの女でいたいし
あなたがもし私の男なら
自由に振る舞っていいわ
あなたの夢見てたものを見せてあげる
夢だなんて思わないで
私たちは完璧な愛を見つけたの
私は1杯のカップ 満たしてほしいの

Dim all the lights sweet darling
'Cause tonight it's all the way, whoa baby
Turn up the old Victrola
Gonna dance the night away

Do what you want
You can use me all up
Take me bottom to top
Don't leave anything undone

好きなようにやって
私を全部使っていいの
頭から足先までどうぞ
やり残すことのないようにね

No, no, no do it tonight
You know the moments are right
Turn my brown body white
Come on dim all the lights

そうよ 今夜
タイミングもぴったりよ
私の茶色いからだを真っ白にして
そしたら明かりを薄くして

Dim all the lights sweet darling
'Cause tonight it's all the way, hey baby
Turn up the old Victrola
Gonna steal your heart away, hey baby

Dim all the lights sweet darlin'
Dim all, dim all
And dance the night away
Dim all the lights sweet honey
Gonna steal your heart away

部屋の明かりを暗くして…
踊り明かしましょう
あなたのハートも奪っちゃうわ…

(Words and Idioms)
all the way=(道中)ずっと
Victrola=ビクトローラ◆ビクターが1906年に発売した、大きなラッパをターンテーブルの下に埋め込んだ蓄音機。

日本語訳 by 音時

R-2046962-1260659944


◆でも“Dim All The Lights”はラジオ番組「全米トップ40」でも、「息が長く続く歌」で有名になりましたね。ドナの記録は「16秒」(Let it fill you up…の部分)のこと、です。

この「息が長く続く歌」ですが、よく知られているのは、

この曲(16秒:同タイム)
この曲(18秒) もありますが、

この曲の最後の部分(19.4秒)が最長記録なのでは…?とのことです。

iDいmmages


◆この曲、1995年にローラ・ブラニガンもカバーしていたんですね。(知らなかった)

R-1802649-1301996087