プリンスの曲のなかでもわかりやすくてポップで好きです。

シーラ・Eのドラムもゴキゲンでカッコいい!僕が単純なヤツなんだよな~(^▽^;)。
(アルバムバージョンは間奏が長くて疲れるけど…)

 プリンスは才能はスゴイんだけど、2枚組“サイン・オブ・ザ・タイムズ”を2枚通して聴くには、プリンス教に入信してないと(!)聴けませんでしたね~。(ファンの方、ゴメンナサイ)


640_PrinceSOTTdeluxe


Songwriters NELSON, PRINCE ROGERS
Lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1988
US Billboard Hot100#10
From The Album"Sign o' the Times"

*原詞の引用は太字

It was only last June
When her old man ran away
She couldn't stop cryin'
'Cause she knew he was gone to stay
10:35 on a lonely Friday night
She was standing by the bar
Hmm, she was looking alright, yea

まだ去年の6月のことだったよ
彼女が彼氏に逃げられちゃったのはね
彼女はいつまでも泣き止まなかった
だって彼は戻らないってわかったから
淋しい金曜の10時35分
彼女はバーに立っていた
ああ 結構ばっちり決めてたんだよ

I asked her 
if she wanted to dance?
An' she said that
All she wanted
Was a good man
An' wanted to know
If I thought I was qualified, yea

僕は彼女に“踊らない?”って
聞いてみたんだ
そしたら彼女は
“イイ男じゃなきゃダメ”なんだってさ
僕はその資格があるのかを
知りたくなったんだよ 

I said,
"Baby, don't waste your time
I know, what's on your mind
May be qualified
For a one night stand
But I could never take the place
Of your man"

僕はこう言ったのさ
“時間を無駄にしちゃダメさ
きみが考えてることはわかってるよ
僕は一晩だけの彼氏には
なれるかもしれないけど
きみの本当の彼氏の代わりには
絶対になれないんだからね”

It hurt me so bad, when she told me
With tears in her eyes
(Tears in her eyes)
He was all she ever had
An' now she wanted to die
He left her with a baby
An' another one on the way, yea

僕も心が傷ついたよ だって
彼女は目に涙をいっぱいためてたんだ
(彼女の目に涙が)
彼女は彼氏一筋だったのに
今もう彼女は死んじゃいたいってさ
ヤツは彼女と赤ちゃんを残して去ったんだ
そして彼女のお腹にはもう一人
なんてことだい

She couldn't stop cryin'
'Cause she knew he was gone to stay, yea
She asked me,
if we could be friends
An' I said, "Oh, honey, baby
That's a dead end
You know 'n' I know
That we wouldn't be satisfied"
No, no

彼女はずっと泣き止まない
だって彼が戻らないと知ってたからね
彼女は僕に聞いてきた
“アタシたち友達になれる?”ってさ
僕は言ったよ
“ああ ハニー
それじゃ行き詰っちゃうよ
きみも僕もわかってるでしょ
僕たちきっと満足できなくなっちゃうよ”
No、no

An' I said, 
"Baby don't waste your time
I know what's on your mind
Wouldn't be satisfied
(Wouldn't be satisfied)
With a one night stand
(Oh, oh, oh)
An' I could never take the place
Of your man"
 Yea, yea, the place of your man
 (Ooo, ooo, ooo, ooo)

僕はこう言った
“ベイビー 時間を無駄にしないで
きみの気持ちはわかってるからさ
満足なんてできないんだよ
(満足できない)
一晩だけの恋人じゃね
(Oh oh oh)
僕はきみの本当に好きな相手の
代わりにはなれないんだよ”
ああ そうさ
そんなヤツの代わりなんて
僕はゴメンだよ
 (Ooo, ooo, ooo, ooo)

One, two, one, two

日本語訳 by 音時


42fc9352


◆プリンスはライヴで曲の歌詞にちなんだ寸劇?のようなやり取りを前後に入れるようですが、このフィルムで演奏される「プレイス・オブ・ユア・マン」は次のような感じらしい。

(barks.jp)より
:結局恋人と別れたキャットがプリンスに色目を使って言い寄るが、プリンスはつれない素振りをするというステージパフォーマンスから唄われるのは、一転変わってノリの良いバンドサウンド。シーラ・Eのドラムからボニー・ボイヤーのキーボードの音色が絡んでくるイントロが最高に恰好良い。アルバムから4thシングルとしてカットされた(全米10位)。自虐的なタイトルとは裏腹に、楽しそうに唄うプリンスの表情も印象的なポップ・ロック・ソング。


SignTimes


この曲のPVって以前テレビで観たことがあるのですが、ライヴバージョンだったと記憶してますがそれがカッコよかったんだよなあ。プリンス殿下の作品はなかなかYoutubeは厳しいようで再び観ることができないでいます。でも上に書いてあるような感じだった気もする。それと同じ映像なのかな。だとしたらやっぱり観てみたい!


Screenshot 2022-03-21 22.34.39


◆"I Could Never Take The Place Of Your Man"が最高位10位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 6, 1988

ティファニーちゃんの「想い出に抱かれて」が1位。2位はバングルス「冬の散歩道」。Exposeの「Seasons Change」はこれから1位になっちゃいます。7位ペットショップ・ボーイズとダスティ・スプリングフィールドの「とどかぬ想い」。

-1 2 COULD’VE BEEN - Tiffany 
-2 3 HAZY SHADE OF WINTER - The Bangles 
-3 1 NEED YOU TONIGHT - INXS
-4 5 SEASONS CHANGE - Expose
-5 6 I WANT TO BE YOUR MAN - Roger

-6 8 HUNGRY EYES - Eric Carmen
-7 12 WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS?- Pet Shop Boys & Dusty Springfield 
-8 13 SAY YOU WILL - Foreigner
-9 14 TUNNEL OF LOVE - Bruce Springsteen
10 11 I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN - Prince



◆映画「サイン・オブ・ザ・タイムズ」予告編



◆映画「サイン・オブ・ザ・タイムズ」予告編 もう一発!これオープニング映像かな。カッコいいっす。