全米トップ40 新春SP「“LOVE”の付く曲」で紹介された一曲。ホール&オーツの“メソッド・オブ・モダン・ラヴ”(Method Of Modern Love)。彼らのアルバム「Big Bam Boom」から全米No1になった“Out Of Touch”に続いてシングルになった曲ですね。こちらは最高位は全米5位でした。

be6ea7fb8cae69b639.1000x1000x1


◆この曲まず印象に残るのは「Method Of Love」を一文字ずつ歌う歌詞ですね!“エムイ・ティーエイチ・オーディー・オーエフ…”…最初は何と言っているのかわかりませんでした。
 こういう曲は、
・BCRの「サタデー・ナイト」(S-A-TUR,D-A-Y、NIghts!)
・コニー・フランシスの「ヴァケーション」(V-A-C-A-TION、in the summer sun)
・海援隊の「JODAN JODAN」
などを思い出しますね(笑)。

◆ふわっ〜としたサウンドに特徴のあるこの曲。
 ベスト・アルバムのライナーノーツに、彼らのヒット曲についての彼らのコメントが載っています。この曲についてはジョン・オーツがコメントしています。
 ジョンが言うには「まさにスタジオの産物(の曲)」。ダリルのアイデアをみんなで足していって作った…と言っていますね。(詳しくはCDを購入してお読みください(^o^)。

 ちょっとサウンド自体も「Modern Love」を表すようなモダーンな感じです!

Screenshot 2022-01-01 13.40.44

Songwriter(s) Daryl Hall, Janna Allen

Released in 1985
US Billboard Hot100#5
From the Album “Big Bam Boom”

*原詞の引用は太字

[Intro]
(Love, love, love)
M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E
M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E

恋愛のメソッド
恋愛のメソッド

In the moonlight
Under startlight
Songs old as the night are
what I've been dreaming of
Everybody's hard as iron
Locked in a modern world
Dreams are made of a different stuff

月明かりの中で
星明かりの下で
僕が夢見ていたのは
夜みたいに昔懐かしい歌の数々
誰もが鉄のように心を閉ざし
現代社会の中に閉じ込められて
夢はみな 違ったものからできてるんだ

I believe love will always be the same (Love)
The ways and means
are the parts subject to change

愛はいつの時代も変わらないと信じてる
その方法や意味は変わることがあっても

M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E
It's the method of modern love
M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E
It's the method of modern love

恋愛のメソッド
そいつが現代の恋愛様式
恋愛のメソッド
そいつが現代の恋愛様式

I can call you
Got your number
Share my life with you
a thousand miles away
If you've hurt me
I haven't shown it
Time's too tight to fight
And we're never face to face

きみに電話することはできる
電話番号も知ってるしね
どんなに遠く離れていても
人生をわかち合うことはできる
きみに傷つけられたって
顔に出したりはしない
ケンカする時間がもったいないし
僕らは直接顔を合わせることもない

Style is timeless
 and fashion's only now
 (Love, love, love)
We've got the ways 
no one needs to show us how

スタイルは時を超えるけど 
ファッションは今だけのもの
 (Love, love, love)
僕たちはやり方はわかってるのさ
誰も教えてくれなくたって大丈夫

M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E
It's the method of modern love
M-E-T-H-O-D-O-F-L-O-V-E
It's the method of modern love
(Love)

恋愛のメソッド
そいつが現代の恋愛様式
恋愛のメソッド
そいつが現代の恋愛様式

(Words and Idioms)
subject to change 《be ~》〔仕様・価格などが〕変更される可能性がある、変わるかもしれない

日本語訳 by 音時


Darylhall-liberty-concert2





(ちょっと後半のコーラス部分の細かい歌詞は省略してしまいました。ごめんなさい)

◆歌詞は番組でこの曲を選曲した20代の女性の方が言っていたように「現代の恋愛様式をを歌っていながら、実はそれを皮肉っている」曲で間違いないでしょうね。
 直接会って話をしなくても電話でこと足りる、心から信じる関係でなくても上辺だけの付き合いでも恋愛は恋愛…そんなことを歌っているこの歌。この歌がヒットした1985年、そんな感じだったかなあ。

r220718035.2

◆この曲がチャートで最高位を記録した週の全米ビルボードチャートを見てみましょう。

US Top 40 Singles For The Week Ending 16th February, 1985 
TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart (Peak To Date)

“ケアレス・ウィスパー”が3位から1位に。3位“Easy Lover”の首位はなりませんでした。H&Oはこの週7位から5位にアップしましたが順位はここまでで、翌週は9位に後退します。この週16位から7位に大きくジャンプアップしたのはREO、このチャートアクションも嬉しかったですね。

1 3 CARELESS WHISPER –•– Wham! Featuring George Michael (Columbia)-9 (1 Week at #1) (1)
2 1 I WANT TO KNOW WHAT LOVE IS –•– Foreigner (Atlantic)-11 (1)
3 2 EASY LOVER –•– Philip Bailey & Phil Collins (Columbia)-13 (2)
4 4 LOVERBOY –•– Billy Ocean (Jive)-12 (4)
5 7 METHOD OF MODERN LOVE –•– Daryl Hall & John Oates (RCA)-10 (5)

6 8 NEUTRON DANCE –•– The Pointer Sisters (Planet)-13 (6)
7 16 CAN’T FIGHT THIS FEELING –•– REO Speedwagon (Epic)-5 (7)
8 11 THE HEAT IS ON –•– Glenn Frey (MCA)-11 (8)
9 5 THE BOYS OF SUMMER –•– Don Henley (Geffen)-15 (5)
10 13 CALIFORNIA GIRLS –•– David Lee Roth (Warner Brothers)-5 (10)





◆V-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun!




◆J!O!D!AN!  “JODAN JODAN” 海援隊