この曲は全米1位になるかもしれないと思って、シングルを購入しました!でも、そういうときって1位になってくれないんだよな~。

◆パーティー好きすぎ、真夜中フラフラ遊び歩いてる彼女なんて、好きになるのやめちまえ!とか思うのですが…(^▽^;)。

 まあ、この曲も大人気コメディアンのエディがリック・ジェームズと組んで曲を出したことに意義があります!後半にリック・ジェームズが登場してくるあたり、ゾクゾクってきますね。

ビルボードチャート日記」by 星船さん

◆エディの作ったこの初のアルバム「How could it be」。日本盤タイトルは「ノー・ジョーク」となっていますが、そのようなタイトルの曲は収録されていません。

c738468225.1



 そう、いつも映画やTVドラマでジョークばっかり言っているコメディ俳優のエディ・マーフィー、だけど、このアルバムはマジで作ったんだよ!という意味なんでしょう。


 この曲のシングルの解説に、ようは“「雨の西麻布」なんですよ“と例えが書いてあった記憶があります笑。(「雨の西麻布」は同じこの年1985年にヒットした、石橋&木梨さんのとんねるずが歌った演歌ですね。秋元康さんが作詞しています。)

 スティーヴィー・ワンダーとリック・ジェイムスがプロデュース、様々な協力をしています。スティーヴィー作が2曲 "Do I "と "Everything's Coming Up Roses "。リック・ジェームスが作ったのが2曲、アルバムタイトル曲"How Could It Be"とこの"Party All the Time "。その他の曲はエディ本人の作品です。エディも色んな曲を作っています。

 エディが自分の才能に挑戦した作品がこのアルバムで、この曲ってことなんでしょう!

Screenshot 2021-12-28 07.01.56


Songwriters RICK JAMES
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1985
US Billboard Hot100#2
From The Album"How Could It Be"

*原詞の引用は太字

Girl
I can't understand it 
why you want to hurt me
After all the things 
I've done for you.

ガール
僕にはわからないよ
どうして僕を傷つけるんだい?
きみのためになんだって
やってあげたのに

I buy you champagne and roses 
and diamonds on your finger -
(Diamonds on your finger)
Still you hang out all night
what am I to do?

きみにシャンパンも薔薇も買った
きみの指のダイヤモンドだって
(きみの指のダイヤモンド)
でもきみは一晩中遊び歩いてさ
僕にどうしろっていうの?

My girl wants to party all the time

彼女はいつだってパーティーをやりたがる

Party all the time
party all the time.
My girl wants to party all the time
party all the time.

いつだってパーティーなんだ
パーティーばっかり
僕の彼女はパーティーをやりたがる
いつだってパーティーなんだ

She parties all the time 
- party all the time
She likes to party all the time 
- party all the time
party all the time 
- she likes to party all the time
party all the time.

Girl
I've seen you in clubs 
just hanging out and dancing.
You give your number 
to every man you see.

ガール
あちこちのクラブで
きみが遊び歩いてダンスするのを見たよ
きみは目につく男たちみんなに
電話番号を渡してた

You never come home at night 
because you're out romancing.
I wish you bring
some of your love home to me.

夜になっても帰ってこないのさ
だってきみは外でロマンスに浸ってる
きみの愛をちょっとくらい
持って帰ってきてほしいのに

But my girl wants to 
party all the time . . .
My girl wants to
 party all the time . . .

でも僕の彼女はパーティーが大好き
いつだって
パーティーばっかり
いつだってそうなんだ…

Party
party
party she likes to party all the time.
She likes to party all the time -
She lets her hair down
she lets her body down:
She lets her body
she lets her body down.
Party all the time 
- do you wanna get any party yeah.
Party all the time
 - party all the time.

パーティー パーティー
もううんざりさ

日本語訳 by 音時


R-2470544-1486116149-6496.jpeg


◆歌詞で一箇所 “She parties all the time“と出てきます。
“Party”…って「名詞」じゃなく「動詞」もあるんですね!

辞書で引くと、動詞としては、

自動〈話〉〔パーティーなどで〕盛り上がる、パーッとやる、どんちゃん騒ぎをする

っていう意味だそうです!


◆"Party All The Time"が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles December 28, 1985

 ライオネルが強かった~!エディは3週連続の2位で1位目前で残念(まあ1位に相応しい曲ではないか…^▽^;)。3位シンプル・マインズかっこよかった。何と言っても名曲は4位「愛のハーモニー」。フレンズの皆さんも豪華!スティーヴィー、グラディス・ナイト、エルトンですから!5位クライマックスもいい曲でした。

-1 1 SAY YOU, SAY ME –•– Lionel Richie
-2 3 PARTY ALL THE TIME –•– Eddie Murphy
-3 4 ALIVE AND KICKING –•– Simple Minds 
-4 8 THAT’S WHAT FRIENDS ARE FOR –•– Dionne & Friends 
-5 7 I MISS YOU –•– Klymaxx

-6 9 SMALL TOWN –•– John Cougar Mellencamp 
-7 2 BROKEN WINGS –•– Mr. Mister 
-8 5 SEPARATE LIVES –•– Phil Collins & Marilyn Martin 
-9 12 TONIGHT SHE COMES –•– The Cars 
10 6 ELECTION DAY –•– Arcadia 

◆アルバムタイトル曲“How it could be”はFrank Hamiltonとエディにリック・ジェイムスの共作。リックの名前があるのでダンサブルな曲かと思ったら、なんとバラード!なかなかいい曲です。
デュエット相手はクリスタル・ブレイク。




◆1993年、Eddieの作った"What's Up WIth You ?"にマイケルが共演。 (Billboard R&B Chart#74)




◆Rick Jamesの代表曲「Super Freak」!この曲はやっぱカッコいいな。"Can't Touch This"って言いたくなっちゃいますけど(^▽^;) (MCハマーの"You Can't Touch This"の元歌なのですよ~)