映画「リスペクト」のエンディングクレジットで流れるアレサの色んな曲。

まだまだ勉強不足の僕には、なかには知らない曲もありました。最後の最後がこの曲(流れたのは一部ですが)で、なかなかいい曲だと思い、クレジットを目を凝らして見たところ、タイトル「Here I Am」というのと、作者にキャロル・キングの名前があったのがわかりました。

◆朝9時から始まり終了が11:30頃の映画だったので、そのまま外で松屋カレーを食べ(^_^;)、帰宅して調べました。キャロルの歌をカバーしたとしたらやっぱり「ナチュラル・ウーマンの頃かなあ?」と予想を付け、そのあたりのアルバム収録曲を調べてみたのですが、見当たりません。もしかしてこれはひょっとして…と思い、検索をアレサではなく、ジェニファー・ハドソンで「Here I Am」を検索したところ…クリティカル・ヒット☆! 

Respect_2020_film_poster

 そうか、この曲は今回の映画に際しての唯一のオリジナル曲。ジェニファーがソングライターのジェイミー・ハートマンさんとキャロルの手を借りて書いて歌った曲だったんですね。
 どうりで歌詞もこの映画にピッタリ!というところ。なかなか素敵な曲でした。

◆歌詞に1箇所「Respect」が出てきます。ここは歌詞に忠実に、ではなく、アレサが「Respect」を歌って社会にも啓蒙した功績にリスペクトした意訳とさせていただきました…(^o^)。

映画「リスペクト」はもうロードショーは終わってしまいますが、皆様も機会があればぜひ観てください。DVDやBlu-Rayが発売されたら買いですよ。ジェニファーの歌に聞き惚れてください。また、この映画を観る前と後では、アレサの歌を聴く楽しさが2倍になります。これも人生に楽しみ!と言えるんじゃないでしょうかね。

しかし、ジェニファー・ハドソンはやっぱりすごい。映画「ドリームガールズ」では主役のビヨンセを喰ってしまっていたが、今回も歌声に惚れてしまいました…!



81rHF-8+QGS._SS500_

Credits
Writer(s): Jennifer Hudson, Jamie Alexander Hartman, Carole King

Released in 2021
From the Album “Respect Sound Track”

*原詞の引用は太字

I trusted your way for too, too long
It's time for me to sing
Sing my, my own
Lord
Open, open the gate of Heaven, Lord
Oh, Lord

ずっと長い間あなたのやり方を信じてきた
私が自分自身で歌う時がきたのね
歌うの 私自身の歌を
神さま
天国の扉を開けてください
ああ 神さま

I'm gonna sing my
Sing my, sing my way
Sing my, sing my way
Sing my way home

歌うわ 私自身の歌を
私の歌を歌うの
そして私は還っていく
私の故郷へと歌いながら…

Ooh, ooh, ooh, yeah
Hoo-hoo-hoo
Hoo-hoo-hoo

Well, you're a girl, uh
Born with a voice, but unheard (What now?)
And you're denied, girl
You sing 'cause they won't let you fly
(What now?)

ああ あなたは一人の少女だった
声を持って生まれたのに聞こえない(いま何て?)
あなたは押さえつけられてたの
あなたは歌う 飛ばせてもらえない代わりに
(いま何て言ったの?)

Stepped out on the road, 
became a woman on the way
Stare the whole world down
'Til you hold it in your hands and say

外へと道を踏み出したあなた
途中で少女から一人の女になったあなた
世界を見下ろすあなた
その両手に世界をつかむまで そして言うの

Here I am (here I am)
Here I am (here I am)

私はここよ(ここに私がいる)
私はここにいます(見てよ ここにいるの)


You are strong
Won't be left behind anymore (no more)
Head up high
Spread your wings and own the sky (up high)

あなたは強いひと
もう誰にも引けを取ることはない
顔を上にあげて
翼を広げて 空をものにするのよ(空高く)

Stepped out on the road, 
became a woman on the way
Stare the whole world down
'Til you hold it in your hands and say

外へと道を踏み出したあなた
途中で少女から一人の女になったあなた
世界を見下ろすあなた
その両手に世界をつかむまで そして言うの

Here I am (here I am)
Here I am, here I am, well (here I am)
Here I am, here I am (here I am)
Still no justice, still no peace (here I am)
Here I am, you will respect me, yeah

私はここよ(ここに私がいる)
私はここにいます(見てよ ここにいるの)
私はここよ(ここに私がいる)
この世にはまだ正義はなく まだ平和はない
(でもこの世界こ私はいる)
ここにいる私
あなた私に歌で”Respect“してくれるわ

You stepped out on the road, 
Became a woman on the way
Nothing left to, left to say
But here I am
Ooh-ooh-ooh, yeah

外へと道を踏み出したあなた
途中で少女から一人の女になったあなた
何も残さず 何も語らないけど
いまここに私がいる
私という一人の人間がいるんだわ

日本語訳 by 音時





◆オーディションの時からアレサを歌ったジェ二ファー。
今回の主役は本当に夢を射止めたわけなんですね!




◆アレサ追悼コンサートで歌うジェニファー。