ロッドのマーキュリー時代の曲のなかで僕が一番好きな曲はこの曲。

 最初に聴いたのは「Sing It Again Rod」というロッドのベストアルバムで1曲めがこの曲。すごくよく覚えているのはピアノが厳かに鳴るなかでいきなり歌い始める歌であること、いろんな楽器が演奏されていることと、このアルバムが普通の四角いジャケットではなくてウイスキーグラスの形をした変形ジャケットであったこと!


Singitagainrod

 なかなか気にいってました。でも買ったのは確か、中古の輸入盤。再発された「Sing It Again、Rod」はウイスキーグラスが印刷され、四隅に黒いスペースが入った普通のアルバムジャケットだったので、僕は鼻高々だった記憶があります。
 (売ってしまったが取っておいたらお宝だったかなあ)


SingitagainRodJAぱn


 ◆「Reason To Believe」はロッドの3rdソロアルバム「Every Picture Tells A Story」に収録されています。

 「Sing It Again、Rod」を聴いて以来、僕はさかのぼって1st、2ndと聴いていきました。[Every Picture Tells A Story」を聴いたときに、B面のラスト曲だったのにはびっくりしました。。「Sing It Again、Rod」では1曲目がこの曲で。なんかロッドが“今から俺の歌を聴いてくれ”的に歌い始める感じを持ってましたので。でもこの曲で締めるアルバムってのもいい感じでしょうね。「Every Picture~」は英米のアルバムチャートで同時1位という快挙を成し遂げたようです。

 そしてこのアルバムからのカット「Maggie May」はロッドの大ヒットとなったわけですが、当初は「Reason To Believe」がシングルのA面でした。B面の「Maggie May」を気に入ったDJ達がラジオでかけたのでA面扱いとなったようです。(ただしレコードのプレス上はB面のまま)

 中高校生の頃はこの曲のオリジナルを聴いたことはありませんでしたが、ティム・ハーディンのナンバー(1966年)をインターネットで聴くことができました。(下に貼りつけてます)ロッドヴァージョンには勝てない(!)けど、フォークでなかなか味わい深いです。(ティムは 1980年に39歳にてヘロイン中毒で亡くなっています。R.I.P…)


MaggyReason

(Tim Hardin)
lyrics c Universal Music Publishing Group
  
Released in 1971
US Billboard Hot100#62
From The Album"Every Picture Tells A Story"

Released in 1993
US Billboard Hot100#19
From The Album"Unplugged...and Seated"

*原詞の引用は太字


If I listened long enough to you
I'd find a way to believe that it's all true
Knowing that you lied straight-faced 
while I cried
Still I look to find a reason to believe

もしきみの話を充分に聞けたなら
それが本当なんだって
信じることができたかもしれない
きみが真面目な顔をして嘘をついてるのが
わかっちゃったから
僕は哀しくて泣いてしまった
でもまだ探してるんだ
きみを信じる理由をね

Someone like you makes it hard to live 
without somebody else
Someone like you makes it easy to give
Never think about myself 

きみのような人は
誰かがそばにいないとダメな人だから
きみのような人は
誰だって自分のことを顧みず
身を捧げたくなってしまうから

If I gave you time to change my mind
I'd find a way just to leave the past behind
Knowing that you lied straight-faced 
while I cried
Still I look to find a reason to believe

もし気持ちを変えてくれるよう
きみにお願いする時間があったなら
過去は捨てることもできるだろう
きみが顔色を変えずに平気で嘘をついて
僕が涙を流したとしても
それでも僕はあきらめない
きみを信じる理由を見つけるんだ

If I listened long enough to you
I'd find a way to believe that it's all true
Knowing that you lied straight-faced 
while I cried
Still I look to find a reason to believe

きみの話をもっと長く聞いてあげられたら
本当だと信じることができたかもしれない
真面目な顔の裏できみの嘘を聞くのは
辛くて涙が出るよ
でもまだ探してるんだ
きみを信じることのできる証しを

Someone like you makes it hard to live 
without somebody else
Someone like you makes it easy to give
Never think about myself

きみは誰かがそばにいないとダメな人なんだ
僕は自分のことを顧みず
きみに捧げてしまいたくなってしまうんだ


(Words and Idioms)
Knowing that=~がわかったので
  
日本語訳 by 音時


ReasonToBelieve

 1990年代のアンプラグドブームのなか、ロッドも1993年にアンプラグドのアルバム「Unplugged...and Seated」をリリース。「Reason To Believe」はこのとき19位を記録しています。

 主人公の男はなんとしても彼女を信じたい、嘘をつかれても、彼女のような人は誰か付いていないとダメなんだ。それは俺だ。だから彼女を信じていい理由を探し続けている…。この男、馬鹿なヤツだけど、いいヤツだよね...。

★Unplugged ヴァージョンが最高位19位を記録した週のチャートです。

マライヤDreamloverが1位継続。この週25位にトップ40入りしてきたMeatloafに譲るまで計8週No1です。マイケルWill You Be Thereはいい曲だけどアルバムDangerousからは7枚めのシングルであったこともあって7位が最高位。9位ソウル・アサイラムは大好きな曲だけど歌詞は意味深。

US Top 40 Singles October 2, 1993

1 1 DREAMLOVER –•– Mariah Carey
2 3 RIGHT HERE (HUMAN NATURE) –•– SWV
3 2 WHOOMP! (THERE IT IS) –•– Tag Team
4 6 THE RIVER OF DREAMS –•– Billy Joel
5 5 IF –•– Janet Jackson

6 4 CAN’T HELP FALLING IN LOVE –•– UB40
7 7 WILL YOU BE THERE –•– Michael Jackson
8 11 ANOTHER SAD LOVE SONG –•– Toni Braxton
9 8 RUNAWAY TRAIN –•– Soul Asylum
10 10 BABY I’M YOURS –•– Shai

19 21 REASON TO BELIEVE –•– Rod Stewart


◆Rod Stewart & Ron Wood unplugged at the Universal Studios, LA 2/5/1993



◆カーペンターズ「Reason To Believe」(アルバム「Close To You」から)こちらはカントリータッチです。



◆オリジナルです。"Reason to Believe" By Tim Hardin