ELO円盤を手にした若者(アラビアン・ナイトに出てくるような)は、どんな力を手にして、これからどんな物語が始まるのでしょうか...?


e7298800-s



◆「オーロラの救世主(A New World Recordではハンディサイズになっていました。僕がそのとき想像したのは、ELO宇宙船は宇宙航海のしすぎでエネルギーがなくなり、サイズが小さくなってしまった。(エネルギーがなくなると自衛措置のためにサイズが小さくなる仕様になってる!)

 そこで、時代をさか戻って(タイムマシン機能も持ってる)アラビアの砂漠に着陸。そこで数年が経った後、とある少年が発見…という設定の物語です(^▽^;)

◆「Discovery」とは今では「スカパー」の"ディスカバリー・チャンネル"を思い出しますが、意味は「発見」。ELO円盤を「発見」したイラストと、当時の流行のディスコビートを取り入れた音楽"Disco+Very"という意味のダブルミーニングでしたね。

◆今日の曲は僕も大好きなこのアルバム「Discovery」(A面)からお届けします。

 "コンフュージョン"(混乱)で、本当はそんなに明るい詞じゃないんだけど、"コンフュージョン"と歌えば"コンフュージョン"と「ボコーダー」が答えてくるのが楽しい!
(ちょうどジェフ・リンがヤマハCS-80という最新式のシンセサイザーを手に入れてそれを使って遊んで作った曲との話…)


Confusion


Songwriters Lynne, Jeff
Lyrics c EMI Music Publishing

Released in 1979
US Billboard Hot100#37
From The Album“Discovery”

*原詞の引用は太字

Everywhere the sun is shining
All around the world it's shining
The cold winds blow across your mind

太陽はどこでだって輝いて
世界中すべて みんなキラキラしてる
でもきみの心のなかは冷たい風が吹いてる

Confusion, 
it's such a terrible shame
Confusion, 
you don't know what you're sayin'
You've lost your love 
and you just can't carry on
You feel there's no-one there 
for you to lean on

混乱してる
恥ずかしいほど大混乱
混乱してる
何て言っていいかわからない
きみは恋を失って 
立ち直れないほど凹んでる
でも頼れる人は
きみのそばには誰もいない

Dark is the road you wander
And as you stand there under
The starry sky,
you feel sad inside

暗闇…それはきみが彷徨い続ける道
星がキラキラとままたく夜空
その下できみは佇んでる
心は悲しいままで…

Confusion,
I don't know what I should do
Confusion, 
I leave it all up to you
You've lost your love 
and you just can't carry on
You feel there's no-one there for you 
to lean on, to lean on

混乱してる
僕は何をすべきなんだろう?
混乱してる
きみ次第なんだよ
恋を失い きみは立ち直れなくなっている
頼れる人はもうどこにもいないのかい
きみが相談できるひとは…
きみが信頼できるひとは…

Confusion, 
confusion
Confusion, 
confusion

混乱
ああなにがなんだか
混乱
どうしたらいいんだろ?

日本語訳 by 音時


◆メロディも覚えやすく印象に残るのですが、諸所のコーラス、効果音のアレンジも素敵です。「作られてる」感がすごくあるのですが、フィルスペクターサウンドに畏敬の念を払って、ポップスの楽しさを詰め込んだ「作品」でBGMとしてもいいけれど、細かく聴けばそれだけ"発見"がある曲です。

UKでは「ロンドン行最終列車」とダブルA面シングルで発売し、最高位8位を記録。全米では「ポーカー」をB面にして発売。最高位は37位どまりでした(-_-メ)。

(PS)日本テレビ系『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の1コーナー「勉強して東大に入ろうね会」のオープニングテーマ曲に使用されていた、らしい…。


◆全米シングルではこの曲"Poker"がB面。ELOの"ロック+クラッシック"の真骨頂が見られる曲です!(1975年 アルバム「Face The Music」から)

  


◆ELO Part II - Confusion & Last Train To London TV Argentina 1994
ジェフ・リンのいないPartⅡは認めたくないんだけど…アルゼンチンでなんでこんなに人気なのか、びっくりします!(楽しいよね☆)