元ベイ・シティ・ローラーズのレスリーが天国に旅立って(4月20日)、半月が経ちました。
 本日は一世を風靡したのち、彼らの人気も陰りが出てきた頃のアルバム「風のストレンジャー(Strangers in the Wind)」からすでに掲載した曲も含めて、3曲を取り上げていきます。
 このアルバムは隠れたAORの名盤、ともいえるかなと思っております...。

********

 70年代は、Bay City Rollersの新曲!ときたら、日本の洋楽POPS番組でラジオでも大特集していたので、常に聴いていましたね。

"ロックン・ロール・ラヴレター"
"イエスタディズ・ヒーロー"
カッコいい!

"マネー・ハニー"?
なんだそりゃ!

みたいな感じで…(^▽^;)

 でも"恋のゲーム"からは僕も周りもちょっと冷めてきた?感じがあり、なんとなく"ハートで歌おう(Don't Let The Music Die)"を聴くと妙に淋しい感じがしてました…。おそらく本当のファンの人達はそのままBCRを応援していたのでしょうが、そのほかの人はブームのように聴いていたんでしょうね。

 一方、全米では"夢の中の恋(You Made Me Believe In Magic)"が最高位10位、"愛をささやくとき(The Way I Feel Tonight)"最高位24位と活躍!このまま全米トップ40の常連アーチストの仲間入りかと思われましたが、残念ながらこの曲が最後になって、そのあと彼らがトップ40に入ってくることはありませんでした…(-_-;)

◆でも日本では次のアルバム"風のストレンジャー"がそこそこ売れたようですね。

51CNjJCIUSL._SX300_QL70__R


嬉しいニュースとしては、アラン・ロングミュアーが復活し(やったね兄貴)、ローラーズが久しぶりに5人になりました。(イアンは約7ケ月、パットは8カ月と短命だったからね)

この曲"愛はいつまでも(Where Will I Be Now)"、久しぶりに聴きましたが、なかなかいいじゃないですか!

スライドギター、ギターソロもいい。若い躍動感があるし、メロディはセツナ系のフレーズが入ってます。でもアメリカでヒットした2曲と比べると、少し幼さが戻ってしまった感じかな。ティーン向けのPOPSのような感じもします。("風のストレンジャー"のアルバム全体だと大人っぽくイメージチェンジをはかってセールスが失敗したなかで、なかなか難しいところでしたね) 


aihaitumade_R


(Chris East)

Released in 1978
TBS Radio Pops Best10 Chart#3
From The Album"Strangers In The Wind"

*原詞の引用は太字です

Darlin' 
You don't have to worry 
'bout what people say
Darlin' 
we were gonna end up like this anyway
You with one, and me with another
It just had to end sometime

愛しいきみ
まわりが何て言おうと気にしなくていいよ
愛するきみ
とにかくこんなことは終わりにしよう
きみは一番素敵な女(ひと)さ
僕はたいしたことない男
いつかそのうち終わりにしなきゃ

But I can't take it, 
I can't fake it
Help me girl 
'cause I just can't make it

でもそんなこと受け容れられない
そんな振りなんかできないよ
お願いだよ
僕にはそんなことできそうにないんだ

Where will I be now
without the love you gave to me
You made those days a fantasy
You opened up the best of me

いま僕はどこにいるんだろう?
きみがくれた愛をなくした僕は…
毎日をきみがファンタジーにしてくれた
僕の一番いいところを引き出してくれた

Where will I be now
without the love you gave to me
Oh, I can't fake it, 
I can't make it alone.

いま僕はどこにいるんだろう?
きみがくれた愛をなくした僕は…
ああ 自分をごまかすなんてできないよ
ひとりじゃとてもやっていけない

Darlin' 
there is nothing left for me 
that can compare
Hey Darlin'
With the kind of love that stripped me bare
Of cool and pose 
Lord only knows what I'm gonna live for now 

愛しいきみ
僕に比べられるものなんて残ってないよ
ねえ 愛するきみ
そんな愛で僕は丸裸にされてしまったんだ
クールで気取った愛なんだ
いま僕が何のために生きてるのかは
神様だけがご存じさ

But I can't take it, 
I can't fake it
Help me girl, 
cause I just can't make it

でもそんなこと受け容れられない
そんな振りなんかできないよ
お願いだよ
僕にはそんなことできそうにないんだ

Where will I be now
without the love you gave to me
You made those days a fantasy
You opened up the best of me

いま僕はどこにいるんだろう?
きみがくれた愛をなくした僕は…
退屈な日々をきみがファンタジーにしてくれた
僕の一番いいところを引き出してくれた

Where will I be now
without the love you gave to me
Oh, I can't fake it, 
I can't make it alone.

いま僕はどこにいるんだろう?
きみがくれた愛をなくした僕は…
ああ 自分をごまかすなんてできない
ひとりじゃとてもやっていけないよ…

日本語訳 by 音時(On Time)

beisity_R

◆この曲の作者 はイギリスのシンガー・ソングライターのChris East。Chrisについてはこちらの方のブログに書かれておりますね。(60s/70s英国ロック・データーベースさん)
彼自身も“Where Will I Be Loved ”を歌いシングルをリリースしていたようです。
(One Hit Wonder って紹介されてますね)




◆"愛はいつまでも"が日本のチャートを賑わしていた頃のベスト10です。
(10/23 TBS 今週のポップス・ベスト10より)

おおっ、1位、8位は映画「サージェント・ペッパーズ」サントラからのカバーですね。2位はなんとシティ・ボーイ!日本でこんなに売れてたんですね。8位コモドアーズ"Three Times A Lady"で言い慣れてるけど、改めてですが、邦題は"とわのひとにささげるうた"って言うんだな。9位ジャパン、ちょうどこの頃登場してきたんですね。10位アンディ、やっぱ日本人は邦題で「永遠(とわ)」が好きなのかな。

-1 カム・トゥゲザー / エアロスミス
-2 君のナンバー"5.7.0.5" / シティ・ボーイ
-3 愛はいつまでも / ベイ・シティ・ローラーズ
-4 イーグル / アバ
-5 ストレンジャー / ビリー・ジョエル

-6 永遠の人に捧げる歌 / コモドアーズ
-7 ドント・ルック・バック / ボストン
-8 ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・tライフ / アース・ウインド&ファイア
-9 怪しい絆 / ジャパン
10 永遠の愛 / アンディ・ギブ


◆こちらのビデオはフル・コーラス聴けます。(映像はギターのたれ目 エリックばかりです…(-_-;)



◆アルバム「風のストレンジャー」からオープニングナンバー“雨のニューヨーク(Another Rainy Day In New York City)“





◆アルバム「風のストレンジャー」からタイトル曲“風のストレンジャー(Strangers In The Wind)“です。メンバーへのインタビューと1978年の日本ツアー映像を合わせて…。