"Jeopardy"のPVで結婚式を飛び出して、車で出発した二人の行先は…?
その次の展開がこの曲のビデオなんですね!




まず、二人を待っていたのは、ヒッチハイカーたち(バンドメンバーが扮してます!)
でも見向きもしない二人…!

そして襲ってきた竜巻!!
かろうじて助かってみんなでお祝いするなかで現れたのは…。

そして最後には…(ビデオを観てください)

◆"Reunited"というタイトルの曲って、
やっぱり全米トップ40ファンの方からしたらピーチス&ハーブのバラード"Reunited(恋の仲直り)"の印象が強くグレッグ・キーンのこの曲は…知らなかったですね。
この曲はシングルHot100では100位入りもせず、なんと101位!

日本でも"ジェパーディ"に続くヒットとしてきっと期待されていたのでしょう。
しっかり国内盤シングルも出ていたようですが、ヒットしなかったんでしょうね。

僕もこのPVの紹介と、グレッグ・キーンのアルバムのタイトル名のこだわりの紹介(和訳の下に書いてます)をしたいがために、この曲を和訳しました(^▽^;)。


simReinited


(Gary Phillips, Greg Kihn, Steve Wright)

Released in 1984
US Billboard Hot100#101
From The Album“Kihntagious"

:原詞は太字

Reunited - With my baby
Reunited - After all
Reunited - With my baby
Reunited - After the fall

仲直りさ おまえとね
仲直りだ とどのつまりは

I really love that girl
I've got to tell the world
I ain't ashamed to admit it

I can't explain myself
I don't want nothing else
I ain't about to forget it

あのコを本気で好きなんだ
世界に誓って言えるか
恥ずかしくなんかないぜ

自分が自分でないみたいだ
ほかには何もいらないよ
忘れるなんてできないさ

Reunited - With my baby
Reunited - After all
Reunited - With my baby
Reunited - After the fall

I had to struggle by
The tears were in my eye
And it was hard to contain it

I was a lonely man
I never had no plans
I know it's hard to explain it

こらえてるんだ
目からこぼれ落ちる涙をね
やっぱり我慢できないよ

俺は孤独だったんだ
どうしていいか何もわからずに
うまく説明はできないよ

Reunited - With my baby
Reunited - After all
Reunited - With my baby
Reunited - After the fall

And when I look into her eyes
Sometimes then I realize
Is anybody out in the hall
My friends say I'm crazy
But that just don't matter at all

そしてあのコの瞳をのぞき込むと
俺はときどき気付くんだ
誰か瞳のなかにいやしないかってね
友だちから おまえはおかしいぞと言われるよ
だけど まったく気にはしないさ

I really love that girl
I've got to tell the world
I ain't ashamed to admit it

I can't explain myself
I don't want nothing else
I ain't about to forget it

あのコを本気で好きなんだ
世界に誓って言えるか
恥ずかしくなんかないぜ

自分が自分でないみたいだ
ほかには何もいらないよ
忘れるなんてできないさ

Reunited - With my baby
Reunited - After all
Reunited - With my baby
Reunited - After the fall

仲直りさ おまえとね
仲直りだ とどのつまりは

Reunited - With my baby
Reunited - After all
Reunited - With my baby
Reunited - After the fall
Reunited

日本語訳 by 音時


R-7073036-1433079250-3303.jpeg


◆さてご存じの方も多いと思いますが、グレッグ・キーンは、自身のアルバムのタイトルに自分の名前"Kihn"を入れた"新語"にする、ヘンな(笑)こだわりのあるアーティストです。

1981 RocKihnRoll(ロッキン・ロール)
邦題:ロッキーンロール
元の語は"Rock'n Roll"

1982 Kintinued(キーンティニュード)
邦題:土曜日の放課後
元の語は"continued"

1983 Kihnspiracy(キーンスピラシー)
邦題:シスコ、大好き
元の語は"conspiracy"=共謀・陰謀

そして1984年の今回は、
"Kihntasious"(キーンティジャス)

これはおそらく元の単語は"contasious"であって、頭の"con-"の部分を"Kihn"に変えたもの。
"contasious"という語は「伝染性の」という意味で、病気や感情・態度が「人から人へ広がりやすい」ということですね。
このアルバムも"人から人へと広げたくなっちゃうぜ!"というシャレなんでしょう。

元の語も難しい単語であることもあり、このことを邦題に表すのは確かに難しいよなあ。国内盤発売の際の邦題はシングルカットしたこの曲のタイトルをつけて「リユナイテッド」!
うーん、面白さが伝わらないとっても残念な(^▽^;)タイトルでした!


Reunited Greg


ちなみに、このあとバンドは一時的に解散し、グレッグ・キーンは所属をEMI Americaに移し、ソロのネーミングにて、翌年の1985年にアルバムタイトル「Citizen Kihn」をリリースします。
このタイトルはもしかして…あの名作映画のパロディ…!

(次の作品"Lucky"の和訳記事をご参照ください)


◆「Solid Gold」のステージから"Reunited"。グレッグ・キーンが若くてハツラツ!



◆2018年のグレッグ・キーンのライブより!まだまだ元気です。"Reunited"&"The Breakup Song"。アアア―アアアアアーン♪