これまで取り上げてきた彼らの曲の和訳記事はこちらです。

イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーの「愛こそ証し」。

 ラジオ番組「全米トップ40」の"秋風の恋"(I'd Really Love To See You Tonight)で初めて彼らデュオを知り、"眠れぬ夜"、"悲しみのかなたに"、"青春の日々"、"愛の出発"と聴いてきて、そしてこの曲。ちょっと彼らのこの間の爽やかなポップの雰囲気からすると、スケールが大きな感じの曲で、僕は「これは名曲だ!」と思いました。「全米トップ40」でも湯川さんの和訳の朗読を聞いて感動した記憶があります。出だしの "Name your price…"で、和訳が"天国行きチケットはいくらだい?"っていう出だしだった(たぶん…)のがインパクトあって覚えてる…。


R-8693982-1515429090-5757.jpeg


◆そして番組のなかでは、この曲が実はカバーで、オリジナルはトッド・ラングレンであると、トッド(ユートピア)の"Love is the answer"をちょっとだけ流してくれたんじゃなかったかな。
 この曲のオリジナルは、1977年のユートピアのアルバム「悪夢の惑星」(Oops! Wrong Planet.)に収録されています。

◆ジョン・フォード・コリーはこの曲について、
僕達が出した全シングルのなかでも僕の好きな曲なんだ。まずなんといってもクラッシックなベースがあって、そしてゴスペルのセクションが気にいってるよ」と言っています。

 その「ゴスペル」のセクションですが、「愛こそあれば」「Love one another」を繰り返しすぎって感じもありますが、でもよく考えてみると…最後の最後に、人間に本当に残されるものって、やっぱ「愛」なんじゃないでしょうか。

 恋人や家族だけでない「愛」が大切。この曲はそんな歌だと思っています…。

ダウンロードLoveAnswe


Songwriters: RUNDGREN, TODD
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1979
US Billboard Hot100#10
From The Album
“Dr. Heckle & Mr. Jive”

:原詞は太字

Name your price 
a ticket to paradise
I can't stay here any more 
And I've looked high and low
I've been from shore 
to shore to shore 
If there's a short cut
I'd have found it 
But there ain't no easy way around it

きみならいくらの値段をつける?
"楽園行きチケット"にね
僕はもうここにいられない
貧しさも金持ちも見てきたし
あちこちを渡り歩いてきた
もし近道があったら
きっと見つけていたと思うよ
でも楽な道は決してなかったんだ…

Light of the world
shine on me 
Love is the answer
Shine on us all
set us free
Love is the answer

世界の光よ
僕を照らしてくれ
愛がその答えなんだ
僕たちを照らして
解き放ってくれ
愛こそその答えなんだ


Who knows why 
someday we all must die
We're all homeless boys and girls
And we are never heard
It's such a lonely
lonely, lonely, lonely world
People turn their heads 
and walk on by
Tell me, is it worth just another try?

僕らは皆いつかはこの世を去る
その理由なんて誰も知らない
僕らは皆ホームレスの子どもたち
こんな淋しくてどうしようもない
世界だってなんて知らなかったよ
人々はまわりを行きかい、
そっぽを向いてしまう
そんななかで
もう一度頑張ってみる価値って
あるのかい?

Light of the world
shine on me
Love is the answer
Let it shine
shine on us all
set us free
Love is the answer

世界の光よ 
僕を照らしてくれ
愛こそその証しなんだ
輝け 輝け
僕らを輝かせて
自由に解き放て
愛こそその証しなんだ


I know the answer is love
Tell me, 
are we alive 
or just a dying planet?
What are the chances?

Ask the man in your heart 
for the answers

その答えは愛
僕らは生きているのか
それとも死にゆく星の運命なのか?
チャンスはあるのだろうか?

胸に手をあててみよう
答えはでてくるはずさ…

And when you feel afraid
(Love one another)

きみが恐れているなら
(互いに愛することだ)

When you've lost your way
(Love one another)

目標を見失ったら
(互いに愛することだ)

When you're all alone
(Love one another)

ひとりぼっちのときは
(互いに愛し合おう)

When you're far from home
(Love one another)

心細いときは
(互いに愛し合おう)

When you're down and out
(Love one another)

うちひしがれてしまったら
(互いに愛することだ)

All your hope's run out
(Love one another)

すべての希望を失ったら
(互いに愛することだ)

When you need a friend
(Love one another)

友達が必要なときは
(互いに愛し合おう)

When you're near the end
love We got to love
we got to love one another

もうダメだと思ったら
答えは愛なんだ
僕らは愛を手に入れた
お互いを愛し合うことなんだ

Light of the world
you got to shine
Love will be a means
yeah, yeah, yeah
Shine on us all
Know that love can save the day
Just give it just one more chance
Love, love, love, love, ooh
Lord, you just can't let it stop, Lord
Love is the answer
Love is the answer 
Love is the answer
Love is the answer, yeah
Got to live free
to let love into your life

愛こそその答えなんだ
僕らを輝かせてくれ


(Words and Idioms)

name your price
=好きな値段で売ります

日本語訳 by 音時


516vq-75h9L._AC_SY355_


◆こちらトッド(ユートピア)の"Love is the answer"。




◆2016年にリンゴ・スターとオール・スター・ヒズ・バンドの渋谷オーチャード・ホールでの来日公演を観に行く機会がありました。そのバンドが豪華!ギターはスティーヴ・ルカサー、ベースはMr.ミスターのリチャード・ペイジ、キーボードが元サンタナのグレッグ・ローリーに、そしてなんとトッド・ラングレン!

 トッドは僕の席からは一番遠い位置だったのですが、だからこそ、よく見えました。いきなり4曲目に"I Saw The Light"。そして8曲め"Bang the Drum All Day"(一日中ドラムをたたけ)で弾けていました!そして、なんとなんと終盤には"Love Is The Answer"を歌ってくれたじゃありませんか!

 もう僕は感動に巻き込まれました…!リンゴが"ピースサイン"をよくステージでも良く出してますが、本当に"Love & Peace"の力を信じさせてくれる曲であることを実感させていただきました。でもこの曲知ってる人は、周りにもそんな多くなかった感じで、"love one another"歌っていたのは僕だけでした…(-_-;)。

 トッド・ラングレンのこれまで取り上げてきた曲の和訳記事はこちらです。

 ただこの曲のSongfactsぺージの情報を見て、さらに感動しました★。

 リンゴのバンドで、トッドが演る曲は"I Saw The Light" と "Bang the Drum All Day,"は前々から決まっていたらしいのですが、リンゴはやっぱりトッドのヒット曲として  "Hello It's Me."を歌ってほしかったらしいのです。 
 でもトッドは、リンゴをいつも"ミスターPeace &Love"と呼んでいたように、リンゴのコンサートで歌うのは"Love is the Answer"の方がふさわしいと思うよ、と主張して、この曲を歌った、ということ!トッド、極東のファンにそのことは伝わったよ!!

◆リンゴ・スター&オール・スター・ヒズ・バンド2016 in Japanより"イエロー・サブマリン"!
(自分撮影です)(^▽^;)
 手前からルーク、リンゴ、リチャード・ペイジ、そして、一番遠くにいる赤いギターがトッドです。"Love is the Answer"はいきなりやって来た!ので録れませんでした(^▽^;)。