ムムッ…このビデオのロッド、ストーカーじゃねえか…(-_-;)


ロッドの1984年リリースのアルバム「カムフラージュ」。

僕はロッドのアルバムは「アトランティック・クロッシング」以降は購入して聴いてきました。「ナイト・オン・ザ・タウン」も「明日へのキックオフ」も、これぞロック(ボーカル)アルバムって感じでなかなか良かったな。
 でも…最後に買ったのが1983年の「Body Wishes」。いい曲はあったけど、ロッドも流行を取り入れてロックアルバムからは遠ざかって行きましたね…。僕のロッド熱は冷めてしまい、アルバムも買わなくなったのがこのアルバム「カムフラージュ」…アルバムジャケットはカッコ良かったけどな

◆この曲「Infatuation」が1stシングルで、フリーの"All Night Now"だったり、トッドの"Can't We Still be friends?"のカバーも話題性があり、FMなどでよくかけられていたように記憶しています。でも僕は「Some Guys Have All The Luck」(全米10位を記録)が一番気に入っていて、この曲はよく聴いていました。

o0500050414621980948

SomeGuys

◆"Infatuation"は邦題「おまえにヒートアップ」。"Infatuation"の意味が"夢中"や"心酔"などの意味。なかなかピッタリの邦題なように思います。途中に入る気合いの入ったギターは…そうジェフ・ベックですね。ジェフは「Infatuation」、「Can We Still Be Friends」、「Bad for You」の3ナンバーに参加していて、これも聴きどころです。

10151648_5801df554a727

Songwriter(s) Rod Stewart, Duane Hitchings, Rowland Robinson
Lyrics © BMG Rights Management, Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1984
US Billboard Hot100#6
From The Album"Camouflage“

:原詞は太字

Early in the morning I can't sleep
I can't work and I can't eat
I've been drunk all day, can't concentrate
Maybe I'm making a big mistake


朝が白み始めても眠れない
仕事も手に付かず 食欲もない
一日じゅう酔ってるみたいで集中できない
たぶん俺は大きな間違いをしてるんだ

Caught me down like a killer shark
It's like a railroad running right through my heart
Jekyll and Hyde the way I behave
Feel like I'm running on an empty gauge

俺をとらえたのさ 人喰いザメみたいに
ハートど真ん中を走り抜ける列車のように
俺の行動はまるでジキルとハイド
ガソリンがないのに走ってるみたいさ

Oh no not again
It hurts so good
I don't understand
Infatuation
Infatuation
Infatuation
Infatuation


ああ もう また繰り返すのか
傷ついても心地いいんだ
なんでだかわからないけど
夢中になっちまったんだ
のぼせちまった
心底ほれちまったのさ
そいつに夢中なんだ

Heart beats silly like a big bass drum
Losing all equilibrium
It's so hard in the middle of the week
Maybe this woman's just all I need


心臓が愚かなビートを刻むのさ
でっかいバスドラみたいにね
平衡感覚は全部失っちまった
週の半ばにこいつはキツいぜ
こいつが俺の求めるオンナなのかも

Oh no not again
It hurts so good
I don't understand
Infatuation
Infatuation
Infatuation
Infatuation

ああ なんでだ 勘弁してくれ
傷ついても 悪くないんだ
なんでだかわからないけど
夢中になっちまった
のぼせちまったんだ
心底ほれちまった
そいつに夢中なんだ

Spirits soar when I'm by her side
She put a little love in this heart of mine
Maybe I'm lucky, maybe I'm freed
Maybe this woman's just all I need


そばにいると魂が舞い上がる気分なんだ
そいつは俺の心に恋の種を蒔いたのさ
俺はラッキー? それとも解放されたのか?
そいつが俺の求めるただ一人の女なのかも

Oh no not again
It hurts so good
I don't understand
Infatuation
Infatuation
Infatuation
nfatuation

ああ もう また繰り返すのか
傷ついても心地いいんだ
なんでだかわからないけど
夢中になっちまったんだ
のぼせちまった
心底ほれちまったのさ
そいつに夢中なんだ…

(Words and Idioms)
Not again=(嫌なことが連続して起きた場合に)うんざり、イライラ
「またかよ!」「勘弁してよ!」
infatuation= 夢中にさせること[になっている状態];(…への)心酔,のぼせ上がり
equilibrium=均衡、釣り合い、平衡
freed=解放

日本語訳 by 音時

◆こちらのWebページ。日本のロック雑誌のロッドのレコードなどの広告がいろいろ掲載されていますよ。ロッドの"カムフラージュ"発売時の広告もありますね。

https://www.japanrockarchive.com/collections/the-rod-stewart-collection

◆この曲のヒットしていた頃のビルボードチャートは星船さんブログにバトンタッチ!
お願いします)(^▽^)/