邦題は「アイム・アライブ」で「ブ」を使ってますね("ヴ"はいつから使われるようになったのだろう?)。"I'm Alive"(私は生きてる!)は映画「ザナドゥ」で、オープニングの9人の女神たちが生まれるシーンとピッタリ合った曲ですね!

 単純シンプルな歌詞で生きる歓びを歌う"I'm Alive"。基本的にELOの曲作りとしても定石パターンの曲ですね結構僕は好きなのですが、やっぱり「同じような歌」で新鮮味がなく最高位も16位に留まったのかな(^▽^;)。

I'mAliveELO


◆映画「ザナドゥ」の出だしのストーリーは…

・初老の男性が海岸の岩の上で1人クラリネットを吹いている。名前はダニー(ジーン・ケリー)。
・画家志望の若者がいる。名前はソニー(マイケル・ベック)。彼は描きかけの絵を途中で投げ出し窓の外へ放りなげる。
・その絵は風に運ばれて…9人のミューズの女神が描かれた壁画に触れる。
その瞬間、9人の女神が一人ずつ絵からぬけ出し踊り出した!
・その中で最後に生まれた女神。彼女の名前はキーラ(オリビア・ニュートン・ジョン)。
・この世に生を受けたキーラがローラースケートを履いて軽快に滑走。海岸に沿ってひとり歩くソニーに後ろから近づき、彼に突然のキス!←唐突すぎ(-_-;)
・ハッとするソニー。しかし女神の姿はもうなかった…


c0048418_21103498ELO

◆僕はこの曲の入っている「ザナドゥ」のサウンドトラックを当時はLPレコードで買い、後でCDで購入しましたが、LPレコードではA面がこの曲で始まるE.L.Oサイドで、B面がオリビアの"マジック"で始まるサイドでした。でもCDで聴くと、なんと1曲めは「マジック」で、オリビアサイドから始まるんですね。CDだと裏をひっくり返して(^▽^;)、ELOから聴けずに違和感を感じます。

ウィキペディアによると、

LP時代は、片面がオリビア・ニュートン=ジョン、もう片面がエレクトリック・ライト・オーケストラの楽曲で構成されているが、どちらがA面であるかは国によって異なっている。だた、CD化によりオリビア、ELOの順で収録となった。その際にシングル盤B面のみでリリースされたアルバム未収録曲は収録されなかった。

とのことでした。

ザナドゥサントラ

うむ、国内盤ではELOがA面だったようですね。でも映画のストーリーから考えても"I'm Alive"から始まるのが違和感ないと思うぞ。

Writer(s) Jeff Lynne 

Released in 1980
US Billboard Hot100#16
From The Album"Xanadu Soundtrack"

:原詞は太字

I'm alive 
- and the world shines for me today
I'm alive 
- suddenly I am here today
Seems like forever
 (and a day)
thought I could never 
(feel this way)
Is this really me?
I'm alive, I'm alive

私は生きてる!
今日 世界は輝いてるの 私のために
私は生きてる!
突然 私は今日 ここにいるのよ
永遠のように思えるわ
(それとも1日だけ?)
感じたことなかったのよ
(こんな風に)
これ 本当の私なのかしら?
私は生きてる 私は生きてるの

I'm alive 
- and the dawn breaks across the sky
I'm alive 
- and the sun rises up so high
Lost in another world
 (far away)
never another word 
(till today)
But what can I say? 
I'm alive, I'm alive
I'm alive

僕は生きてる!
夜明けが空をつき破ってくるんだ
僕は生きてる!
太陽がこんなに高く昇ってる
別な世界の迷い子たち
(遠くの世界)
別な言葉では言い換えられない
(今日までは)
なんて言ったらいいのだろう?
僕は生きてる 僕は生きてる
僕は生きてるんだよ

Suddenly came the dawn 
(from the night)
Suddenly I was born 
(into light)
How can it be real? 
I'm alive, I'm alive
I'm alive

突然 夜明けが訪れた
(夜が明けて)
突然 私が生まれたの
(光のなかへ)
本当にそうなのかしら?
私は生きてる 私は生きてる
私は生きてるのよ

I'm alive 
- and the world shines for me today
I'm alive 
- suddenly I am here today
Seems like forever 
(and a day)
Thought I could never
 (feel this way)
Is this really me? 
I'm alive I'm alive
I'm alive

僕は生きてる!
僕のために今日世界は輝くんだ
僕は生きてる!
突然 僕は今日ここにいる
それはまるで永遠のよう
(それとも1日限り?)
考えたこともなかったよ
(こんな風に感じるなんて)
これって本当の僕なのかな?
僕は生きてる 僕は生きてる
僕は生命を感じてるんだ!

I'm alive
I'm alive
I'm alive
I'm alive

私は生きてる
僕は生きてる
私は生命を感じてる
僕は生命を感じてる

日本語訳 by 音時


0023398_im-alive-from-movi

◆この曲がヒットしていた頃のビルボードチャートを見てみましょう。

ポールの"カミング・アップ"の1位が続きます。この曲グラスゴーでのライヴの音源なんですよね。
ビリー初のNo1間近です(翌週にNo1)。3位、4位と名曲ですね。
映画「ザナドゥ」絡み、オリビア「マジック」が14→8位とトップ10入りです。E.L.O「アイム・アライブ」は16位で足踏み…。

US Top 40 Singles For Week Ending July 12, 1980
TW LW TITLE Artist (Label)-Weeks on Chart (Peak To Date)

1 1 COMING UP / COMING UP (Live At Glasgow) –•– Paul McCartney and Wings (Columbia)-12 (3 weeks at #1) (1)
2 4 IT’S STILL ROCK AND ROLL TO ME –•– Billy Joel (Columbia)-8 (2)
3 3 THE ROSE –•– Bette Midler (Atlantic)-17 (3)
4 5 LITTLE JEANNIE –•– Elton John (MCA)-11 (4)
5 8 CUPID / I’VE LOVED YOU FOR A LONG TIME (Medley) –•– The Spinners (Atlantic)-9 (5)

6 7 STEAL AWAY –•– Robbie Dupree (Elektra)-14 (6)
7 2 FUNKYTOWN –•– Lipps, Inc. (Casablanca)-16 (1)
8 14 MAGIC –•– Olivia Newton-John (MCA)-8 (8)
9 10 LET’S GET SERIOUS –•– Jermaine Jackson (Motown)-16 (9)
10 11 LET ME LOVE YOU TONIGHT –•– The Pure Prairie League (Casablanca)-10 (10)

16 18 I’M ALIVE –•– Electric Light Orchestra (MCA)-8 (16)


◆映画のオープニング。冒頭のPVと基本的に同じシーンなのですが、こちらでは最後に女神たちが宇宙船を破壊!キーラがソニーにキスするところまで流れます。



◆ELO Part2のポーランドでライヴから(2000)。Livin'Thing~I'm Alive~Xanaduのメドレー。なかなか楽しいけど、Xanaduは女性ヴォーカルにしてほしかったな(-_-;)



(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia I'm Alive
・Movie Walker Xanadu