「星影のワルツ」は千昌夫さん、「星影の小径」はちあきなおみさん、「星影の散歩道」はジェニファー・ウィーンズ、「星影のバラード」はレオ・セイヤーなのです。この曲も邦題で「星のうた」の仲間入りです。確かにこの曲、星空を見上げて歌ってるような感じがあると思います…。

◆「恋の魔法使い(You Make Me Feel Like Dancing)」「はるかなる想い(When I Need You)」の2曲の全米No1でレオを知って、深夜放送で「踊り子ジネット」を知り、「甲斐バンド」の「吟遊詩人の唄」のオリジナルである「One Man Band」…レオの作品をお小遣いが貯まるたびに買い集め聴いてきた僕ですから、レオの久しぶりのトップ10ヒットとなったこの曲は嬉しかったです!

このブログで取り上げてきたレオ・セイヤーの和訳記事はこちらです。

 また「More Than I Can Say 」というなんとなく訳したくなるようなタイトルのこの曲(そんなことないですか?)。僕はこの頃から洋楽の和訳を始めました。この曲もその1曲。辞書を引き引き自分で訳した和訳をハガキに書いて「全米トップ40」宛に送ったなあ。和訳自体が湯川さんの語りで紹介されることはなかったけど、湯川さんが僕の名前を呼んでくれたのは、嬉しかった。感動の1曲なのでした!

◆この曲はレオのオリジナルではなく"ザ・クリケッツ"が1960年に英国で49位にしたヒット曲。クリケッツはバディ・ホリーが作ったグループでバディが中心に活動し人気グループになりました。

Buddy_Holly_&_The_Crickets_publicity_portrait_-_cropped

しかし…1959年の飛行機事故でバディは急逝してしまいます(R.I.P…)。でもクリケッツは活動を続け、この曲の作者もメンバーのSonny Curtisと Jerry Allison。いい曲を作ってくれました。

hoshikage


Songwriters: CURTIS, SONNY / ALLISON, JERRY
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., EMI Music 

Released in 1980
US Billboard Hot100#2
From The Album
“ Have you ever been in love”

:原詞は太字

Whoa whoa, yea yea
I love you more than I can say
I'll love you twice as much tomorrow
Oh, love you more than I can say

ああ
言葉で言うよりもっときみを愛してる
明日には今日の2倍愛してる
きみを愛してる気持ちは
言葉なんかじゃ言えないよ

Whoa whoa, yea yea
I'll miss ya ev'ry single day 
Why must my life be filled with sorrow 
Oh, love you more than I can say

ああ
きみが恋しいよ 毎日毎日そうなんだ
僕の暮らし なぜ悲しみでいっぱいなの?
ああ きみへの想いは言葉じゃ表せないよ
 
Ah, don't you know I need you so 
Oh tell me please I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

わからない?どんなにきみが必要なのか
教えてよ 僕は知らなくちゃならないんだ
きみは僕を泣かせるつもりなの?
それとも僕はその他大勢の一人なの?

Whoa whoa yea yea
I miss you more than I can say
Why must my life be filled with sorrow
Oh oh, love you more than I can say

ああ
言葉で言うより もっときみが恋しいんだ
僕の人生 どうして悲しみだらけなの?
きみが好きなんだ 言葉じゃ言えないくらい

Oh don't you know I need you so
So tell me please, I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

わからない?どんなにきみが必要なのか
お願いだから教えてよ  知りたいんだ
きみは僕を泣かせようとしているの?
僕はきみとは関係ないのかい?

Whoa whoa, yea yea
I love you more than I can say
I'll love you twice as much tomorrow
Whoa, love you more than I can say

言葉よりもきみを愛してる
明日には2倍も愛してる
きみを愛してるんだ 
言葉なんかよりずっとずっと

I'll love you more than I can say
I'll love you more than I can say........

(More than I can say)
I'll love you twice as much tomorrow
(More than I can say)
I'll love you twice as much tomorrow
(More than I can say)

明日は今日の2倍きみを愛すのさ
言葉なんかじゃなくてね

I love you more than I can say
(More than I can say)
I love you more than words can say
(More than I can say)
I love you more than I can say

言葉以上にきみを愛するんだよ
僕の想い 言葉なんかじゃ表せないのさ

(Words and Idioms)
twice as much =2倍多い
every single day=来る日も来る日も、毎日毎日、一日も欠かさずに 

日本語訳 by 音時

R-524392-1259498676.jpeg


◆歌詞では
I'll love you twice as much tomorrow
とか
Why must my life be filled with sorrow
とか
高校生が思わず訳したくなる?英文で「Tomorrow」と「Sorrow」の「韻」とか思わず歌ってみたくなりました。メロディ、アレンジ、コーラスもPOPSの魅力が詰まってますよね!

◆この曲がヒットしていた頃のビルボードチャートを見てみましょう。
US Top 40 Singles For Week Ending December 6, 1980

ライオネル・リッチー作、ケニー「Lady」強し!レオは6→2位のチャートアクションならば翌週は間違いなく1位と信じておりました。ところが…年内4週間2位止まりで年が明けたら…10位に後退しておりました(^▽^;)。
このチャートの日付、1980年12月…この2日後にジョンが凶弾に倒れるんだな…。そして「(Just Like)Starting Over」は1位になるんです…。
 
1 1 LADY –•– Kenny Rogers (Liberty)-10 (4 weeks at #1) (1)
2 6 MORE THAN I CAN SAY –•– Leo Sayer (Warner Brothers)-11 (2)
3 4 ANOTHER ONE BITES THE DUST –•– Queen (Elektra)-17 (1)
4 2 WOMAN IN LOVE –•– Barbra Streisand (Columbia)-14 (1)
5 7 MASTER BLASTER (Jammin’) –•– Stevie Wonder (Tamla)-12 (5)

6 8 (Just Like) STARTING OVER –•– John Lennon (Geffen)-6 (6)
7 9 LOVE ON THE ROCKS –•– Neil Diamond (Capitol)-6 (7)
8 11 HUNGRY HEART –•– Bruce Springsteen (Columbia)-5 (8)
9 5 I’M COMING OUT –•– Diana Ross (Motown)-10 (5)
10 10 DREAMING –•– Cliff Richard (EMI-America)-13 (10)

◆Top Of The Pops でのLeoのライブ(1980)マイク放り投げるパフォーマンスもあり。



◆2009年のオーストラリアのステージから。レオ、元気です!



◆ザ・クリケッツのオリジナルはこちらです。



◆ほどよく酔って駅から歩いて帰るときに、たまに歌うのはたいてい洋楽なのですが、この曲は例外…(やだねえ酔っ払いは…)。「星影の小径」byちあきなおみさん。