6月の"雨うた"では「Soldier In The Rain」で登場したイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー。彼らには"星のうた"もあるんですね。しかも同じアルバム「二人のフェリー・ロード」(Dowdy Ferry Road)から!!

◆彼らの「星のうた」は“Falling Stars”=邦題「流れ星」です。この曲は僕が最初に買った彼らのアルバム「ベスト盤」にも収録されていました。こじんまりとしていますが聴きやすくていい曲です。

海辺に二人で座って、一緒に流れ星を数えていたあの頃のこと…。
忘れようにも忘れられない想い出です。

でも、想い出を胸に大切にして、彼には前を向いて進んでいってほしいな。

ああこの曲の主人公、ひょっとすると"Soldier In The Rain"の主人公と同じ人物ではないかな。

…一瞬、そう思いましたが、作者はジョン・フォード・コーリー単独のクレジットなので、違うかな(^▽^;)。


615vt+ITBKL._AC_SX425_


(Coley) 

Released in 1977
From The Album“Dowdy Ferry Road”

:原詞は太字


Seems like this train's moving oh so slow
Or maybe I'm just in a hurry
For hours
I've sat in this chair alone
My eyes like the weather are blurry

この汽車はゆっくり走ってるのかな
それとも僕が気を急いでるだけなのか
ずっと何時間も
ひとりでこのイスに座ってるのさ
僕の両目は曇り空のようさ

And I thought all the way
About the things we had done
I hope I can help you remember

ずっと想い出してるんだ
あの頃の僕たちがしてきたことを
きみにも想い出してほしくてね…

That night after night when the sun had gone
We sat on the beaches
Counting the falling stars
Stars
Counting the falling stars

お日様が隠れたあとで毎晩毎晩
僕らは海辺に腰かけて
流れ星を数えていたね
たくさんの星たちを…
流れる星を数えていたよね


The rain and the cold must be hard for you
There's nothing here I would have traded
And all of these things we were going through
Would now all be gone if you'd waited

激しい雨と寒さがきみには苦しかったんだね
もう僕には失うものは何もない
僕らが経験できるものはすべて消えてしまい
待っていたところで何もやっては来ないのさ

So most often
I think about the times in the past
I hope I can help you remember

だからたいてい
過ぎてしまったあの頃のことを考えてるんだ
きみに想い出してほしくて…

That night after night when the sun had gone
We sat on the beaches
Counting the falling stars
Stars
Counting the falling stars
Falling stars
Counting the falling stars

毎晩のように日が暮れたあと
僕らは海辺に腰をおろして
流れ星を数えてたんだよね
きれいな星空で
流れ星を一緒に数えていたよね…

(Words and Idioms)
blurry=〔物の輪郭・画像などが〕ぼやけた、不鮮明な 〔目が〕かすんだ
most often=ほとんどの場合

日本語訳 by 音時





◆2018年の夏には国立天文台さんによる「流れ星を数えようキャンペーン」という催しものがあったようですね。ちょうどその頃見られる"ペルセウス座流星群"が2018年は最大になるということで多くの方がこのキャンペーンに参加されたようです。

↓↓↓↓↓こちら2016年のペルセウス座流星群の動画。これくらい見えるのなら、流れ星観察したいな。



◆お笑いコンビの「流れ星」。"ちゅうえい"さんの一発ギャグ、僕はかなり"ツボ"です。(特に"スフィンクス" 大笑いです)