ラジオをよく聞いていた世代の皆さんにはこの曲嬉しいですよね!

◆"Pilot Of The Airwaves"…当時は意味がよくわかってませんでしたが、ラジオのDJのことなんですね。

実際には"電波の操縦士"はDJってわけではないと思いますが(無粋)。邦題"涙のリクエスト"…チェッカーズじゃないですよ(^▽^;)。歌詞もとくに悲しいわけじゃないのですが、無理やり想像すると、このラジオ番組があと数回で終わってしまう、とかいう物語だったりして(無粋)。

m48059133940_1

◆歌詞に"you make the nighttime race"とありますね。

最初は「race」を「夜寝ないで起きてる競争」って意味かな?と思いました。僕の経験で僕と双子の弟はどっちが遅くまで起きてるか、毎日競争のようなものでしたから(^▽^;)…。
 でも"race"に"人種"って意味があることを考えたら、深夜放送をよく聞いていた若者を「深夜族」って昔言いませんでした?人気DJの深夜放送があると、寝てから深夜に起きて聞く人もいますよね。(僕がそうでした)そういう意味なのかなと思いました。

◆チャーリー・ドアはイギリスのシンガー・ソングライター。マルチ・タレントでもあります。澄んだ歌声が気持ちいいですよね。カントリー系かなあと思う一方で、シーナ・イーストンのこの曲を別なソングライターと一緒に共作していたり、幅が広い..!Webサイトをのぞいてみましたが引き続ぎ様々な活動をしているようですね!(こちら

71SmctcuDFL._AC_SX679_


Songwriter(s) Charlie Dore, Julian Littman

Released in 1980
US Billboard Hot100#13
From The Album"Where To Now"

:原詞は太字

Pilot of the airwaves
Here is my request
You don't have to play it
But I hope you'll do your best
I've been listening to your show on the radio
And you seem like a friend to me

"電波の操縦士"さん
これが私のリクエストなの
絶対にかけてとは言わないけど
でもそうしてくれたらと期待してます
あなたのラジオ番組をずっと聞いてきたから
もう友達のように思えてるのよ

Or a record of your choice
I don't mind
I'd be happy just to hear your voice
Saying this is for the girl
Who didn't sign her name
Yes, she needs a dedication just the same

あなたの選んだレコードでもいいわ
私は気にしない
あなたの声が聞ければハッピーなの
名前の書いていない彼女のために
この曲をかけるって言ってほしいな
そう 彼女は同じように
彼女のためだけに言ってほしいのよ

Late at night I'm still listening
Don't waste my time chasing sleep
People say I look weary
But that 's just the company I keep

夜遅くにまだ私も聞いてるの
眠ろうとして起きてるのもムダな時間だから
私のこと疲れてるんじゃない?って
みんな言うけど
ラジオは私の長い友達なのよ

Ooooh, you make the nighttime race
Ooooh, I don't need to see your face
You're sounding good 
(sounding good)
Sounding good to me

ああ あなたは深夜族を生み出してるわ
ああ 顔を見たいわけじゃないのよ
あなたの声がとっても気持ちいいの
(気持ちよく響いてくる)
私にとって気が休まる声なのよ

Pilot of the airwaves
Here is my request
You don't have to play it
But I hope you'll do your best
I've been listening to your show on the radio
And you seem like a friend to me

"電波の操縦士"さん
これが私のリクエストなの
絶対かけてとは言わないけど
でもかけてくれると期待しちゃう
あなたのラジオ番組をずっと聞いてきたの
もう友達のように思えてる

[Instrumental Interlude]

Late at night I'm still listening
Don't waste my time chasing sleep
People say I look weary
But that's just the company I keep

夜遅くても私は起きて聞いている 
眠ろうとして時間を過ごすのは嫌なのよ
寝不足じゃない?って言われるけど
それが私の元気の素なんだから

Ooooh, you make the nighttime race
Ooooh, I don't need to see your face
You're sounding good (sounding good)
Sounding good to me

ああ あなたは"夜寝ない族"を生み出すの
ああ 顔をあかす必要なんてないのよ
あなたの声が心地いいの(とっても心地いい)
私にとって心の安らぎなのよ

Pilot of the airwaves
Here is my request
You don't have to play it
But I hope you'll do your best
I've been listening to your show on the radio
And you seem like a friend to me
(Oooooh, I been) 
listening to your show on the radio
And you seem like a friend to me

ああ いつも聞いてるDJさん
今晩もリクエストしちゃうわね
曲がかかるかなって
期待しないって思ってるけど
やっぱり期待しちゃうのよ
ずっとあなたのラジオ番組を聞いてきたから
友達のように思えてならないの
あなたの声をずっと聞いてきたから
もう古くからの友人みたいなの

Oooooh-ooooh-oooooh
Oooooh-ooooh-oooooh
Oooooh-ooooh-oooooh
Play that song for me
Oooooh-ooooh-oooooh
Oh, won't you just play that song for me

だからお願い
あの曲を私のためにかけてね


日本語訳 by 音時

R-2009666-1539423537-2786.jpeg

***************

さて、今日6月15日はケーシー・ケイスンの6回目の命日(2014年6月15日 84歳にてこの世にさよならを告げました)
American Top 40 80's 矢口清治さん)
*Casey's daughterさんより、ケーシーの追悼でこの曲のリクエストをいただきました。

***********

僕もラジオから流れる原盤ディスクジョッキーのケーシーの声を聞いて「育ち」ました。

「全米Top40」の湯川さんや坂井さんの曲紹介や解説はもちろん楽しかったけど、ケーシーの話す英語を聞くのも好きでした。

◎曲をかけるまえにやはりケーシーが若干解説するんです。そのときに、次の曲はあの曲だ!と1秒でも早く気が付きたい!って思いがヒヤリング力を向上させました!

◎原盤の番組では、想い出の曲を紹介するコーナーが英語版のTop40にあるのですが(Long Distance Dedication)、リスナーの想い出を読むケーシーの声が優しいんです。

◎なんといっても1位を紹介するときのコールが好きでした。その日の「全米トップ40」を寝ずに1位まで聴いて、2位までの解説を終えた湯川さんが「ナンバーワン!」と日本語でコールすると、原盤の音でドラムロールが鳴り「Here is the New Number One song in U.S.A. (曲目)」とケーシーが紹介してイントロがかかる。この瞬間だけ録音し続けたテープがまだ残ってます!聞き逃した週のNo1コールはケーシーのマネして自分でしゃべってるので恥ずかしくて人には聴かせられない(-_-;)。

彼の声で洋楽を知り、彼のDJがどんなこと言ってるのかなと興味が沸き学校の英語も一生懸命勉強しました。(そんなに英語力はあがらなかったけど)
僕にとっての英語のDJと言えば、やっぱりケーシーでした。だから…訃報を耳にしたときには、とても残念でなりませんでした。

 このブログ"Neverending Music"は、50年以上聴き続けている洋楽の思い出、そして「全米トップ40」の思い出、ケーシーの思い出をなんとなく形にしたくてを続けています。ケーシーに感謝して、これからも頑張っていきたいと思っています。

Casey Kasem R.I.P.
Keep your feet on the ground!
Keep Reaching For the stars!

◆(ケーシーのDJを聴こう)
CASEY KASEM'S - American Top 40 / #35-40 (Oct.22, 1977) 



40 43 DO YOUR DANCE (Part 1) –•– Rose Royce 
39 46 MY FAIR SHARE –•– Seals and Crofts 
38 42 CHANGES IN LATITUDES, CHANGES IN ATTITUDES –•– Jimmy Buffett
37 45 DAYBREAK –•– Barry Manilow
36 40 SEND IN THE CLOWNS –•– Judy Collins
35 25 STRAWBERRY LETTER 23 –•– The Brothers Johnson

ちなみに音源はここまで、このあと34~31位に好きな曲目白押しなのに!

34 23 DON’T STOP –•– Fleetwood Mac
33 37 I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU (Live Version) –•– Foghat 
32 36 BLUE BAYOU –•– Linda Ronstadt
31 18 TELEPHONE LINE –•– The Electric Light Orchestra