カーペンターズは名曲ではあるものの、残念ながら全米No1になれなかった曲が何曲かありますね。"愛のプレリュード"、"雨の日と月曜日は"、"スーパースター"、この"ハーティング・イーチ・アザー"、そして名曲中の名曲"イエスタディ・ワンス・モア"。これらの曲はみな最高位2位で、1位になれず泣いた曲たちなのです…。

◆"Hurting Each Other"の全米ナンバーワンを阻止した曲は何だったのでしょう?この曲が最高位2位を記録した週の全米チャートを見てみましょう。
US Top 40 Singles Week Ending 26th February, 1972

カーペンターズの1位を阻止したのは…ニルソン「ウィズアウト・ユー」でした!名曲なので許す!
ニルソンは4週連続の1位。"Hurting Each Other"は2週2位をキープしたあと残念ながらダウン…(-_-;)。

-1 1 WITHOUT YOU –•– Nilsson
-2 3 HURTING EACH OTHER –•– The Carpenters
-3 4 PRECIOUS AND FEW –•– Climax 
-4 2 LET’S STAY TOGETHER –•– Al Green
-5 6 DOWN BY THE LAZY RIVER –•– The Osmonds

-6 8 JOY –•– Apollo 100 
-7 9 THE LION SLEEPS TONIGHT (Wimoweh) –•– Robert John 
-8 10 EVERYTHING I OWN –•– Bread 
-9 7 AMERICAN PIE (Parts 1 and 2) –•– Don McLean
10 11 SWEET SEASONS –•– Carole King

では、この曲の歌詞と日本語訳を見てみましょう。

HurtingEachOther


Songwriters GELD, GARY / UDELL, PETER
Lyrics © Universal Music Publishing Group, CARLIN AMERICA INC

Released in 1972
US Billboard Hot100#2
From The Album"A Song For You"

:原詞は太字

No one in the world
Ever had a love as sweet as my love
For nowhere in the world
Could there be a boy as true as you, love

これまでに誰もいないのよ
私の愛のように甘い愛を持ってる人は
だってどこにもいないのよ
あなたほど誠実な男の人は 

All my love 
I give gladly to you
All your love 
you give gladly to me
Tell me why then 
oh why should it be that?

私の愛のすべてを
喜んであなたに捧げる
あなたも愛のすべてを
喜んで私にくれるのに
でもどうして?
ねえ どうして
そんな風になってしまうの?

We go on hurting each other
We go on hurting each other
Making each other cry, 
hurting each other
Without ever knowing why

私たち 互いを傷つけあうの
私たち 互いを傷つけあって
互いを泣かせてるのよ
互いを傷つけあってるの
理由もわからずに…

Closer than the leaves
On a weeping willow, baby, we are
Closer dear are we
Than the simple letters A and B are

私たち シダレヤナギの葉よりも
こんなに近くにいるのにね ベイビー
私たち アルファベットのAとBよりも
もっとそばにいるのにね

All my life 
I could love only you
All your life 
you could love only me
Tell me why then 
oh why should it be that?

私の人生をかけて
あなただけを愛していくわ
あなたも人生をかけて
わたしだけを愛してくれるのね
でもそしたらどうして?
ああ どうしてそうなってしまうの?

We go on hurting each other
We go on hurting each other
Making each other cry, hurting each other
Without ever knowing why

私たち 互いを傷つけあうの
私たち 互いを傷つけあって
互いを泣かせてるのよ
互いを傷つけあってるの
理由もわからずに…

Can't we stop hurting each other?
Gotta stop hurting each other
Making each other cry, 
breaking each other's heart
Tearing each other apart

止められないの?傷つけあうことを
互いに傷つけあって
お互い泣かしあって
心を傷つけあい
お互いを引き裂くのは終わりにしましょう

Can't we stop hurting each other?
Gotta stop hurting each other
Making each other cry, 
Breaking each other's heart
Tearing each other apart

止められないの?傷つけあうことを
互いに傷つけあって
お互い泣かしあって
心を傷つけあい
お互いを引き裂くのは終わりにしましょう

日本語訳 by 音時

R-1595099-1243969200.jpeg

◆ポップスを聴き始めた頃、"ハーティング・イーチ・アザー"と歌のタイトルを耳にして曲を聴いたとき、"Hearting Each Other"で"互いに愛し合う二人"だと最初は思っていました(-_-;)。だって曲も爽やかで悲しい感じもしないからね。

そしたら"愛し合ってるのに傷つけ合う二人"だったんですね。カーペンターズの曲は邦題が付いてる曲が多いのに、この曲はなかなかつけにくかったのかな。"傷つけあう二人"ってのはベタすぎるね。

◆すぐ近くにいて仲がいいことを言うのに、「シダレヤナギの葉っぱ」や「アルファベットのAとB」を引き合いに出すのってやっぱり外国なんだなあ。

R-2083123-1322132917.jpeg


◆カレンがほぼア・カペラで歌います。



◆1965年のこの曲がオリジナルのようです。Jimmy Clanton - HURTING EACH OTHER 。なんかこの人ものすごく人気あるぞ。