この7月!ピーボ・ブライソンの来日公演がありますよ!
「ブルーノート東京」で7月5日から8日まで4日連続 1日2ステージです!
こちらの記事をご参照ください





このバラード好きなんだよな~。最初に聴いたときに思わず涙が...(*_*)。
なんかそういう心境だったのかも?(なんてね)。

 シンガーはピーボ・ブライソン。「デュエットの男役」としては、ロバータ・フラックとの"Tonight I Celebrate My Love"、レジーナ・ベルとの"A Whole New World(アラジンのテーマ)"があまりにも有名ですね。

(ピーボのウィキペディアをチェックしてみたらデュエット曲の数、すごいある!デュエット王と言えるかも...!)

◆プロデュースとWriterはバラード作りの名手"マイケル・マッサー"。彼はダイアナの"Touch Me In The Morning""Theme From Mahogany"や、Whitney Houstonの"Saving All My Love For You""The Greatest Love Of All"など名曲を沢山生み出してます。

 一緒に名前のあるシンシア・ウェイルはこれまた有名なソングライター。バリー・マンと一緒に、クインシーの"Just Once"、セルジオ・メンデスの"Never Gonna Let You Go" などの作者。Tom Snowは Olivia Newton-John ("Deeper Than the Night", "Make a Move On Me", etc.), Melissa Manchester ("You Should Hear How She Talks About You"), The Pointer Sisters ("He's So Shy")...
とこんな豪華なソングライターたちの共作!名曲でないはずがない!


◆表現で"once in a lifetime"が一生に一度っていうのは知っていましたが、"A second once in a lifetime"って言い方は知らなかったな。二度目の"一生に一度"って普通ないけどね。

◆ピーボ・ブライソンあるある!

警視庁の"ピーポくん"を見ると、ピーボ・ブライソンを思い出す!ある?

(ちなみに"ピーポくん"の由来は、ピーポーピーポーというサイレンの音!ではなくて、人々の「ピープル」と、警察の「ポリス」の頭文字からとの話)

************

Writer(s)
Cynthia Weil, Michael Masser, Tom Snow 
Lyrics c Universal Music Publishing Group

Released in 1984
US Billboard Hot100#10
From The Album"Straight from the Heart "

国内盤アルバムジャケットはこちら

:原詞は太字

It all came so easy
All the lovin' you gave me
The feelings we shared

And I still can remember
How your touch was so tender
It told me you cared

すべてがとてもたやすかったんだ
きみが僕に愛を注いでくれたから
二人で分かち合った想いを

僕はまだ思い出せるんだ
きみが触れる手はとても優しくて
きみの僕への想いを教えてくれた

We had a once in a lifetime
But I just couldn't see
Until' it was gone
A second once in a lifetime
May be too much to ask
But I swear from now on

一生に一度の本当の愛
でも僕には失うまで
そのことがわからなかった
二度目の「一生に一度」の愛
求めすぎていたのかもしれない
でも僕は誓うんだ これからずっと

If ever you're in my arms again
This time I'll love you much better
If ever you're in my arms again
This time I'll hold you forever
This time we'll never end

もしきみが 
僕の腕にまた戻ってきてくれるなら
今度はきっと もっと愛してみせる
もしきみが
僕の腕にまた戻ってきてくれるなら
今度はきっと 永遠にきみを抱きしめる
今度はきっと 僕らに決して終わりは来ない

Now I'm seeing clearly
How I still need you near me
I still love you so

There's something between us
That won't ever leave us
There's no letting go
(No letting go)

いま僕にははっきりとわかる
どれだけ僕がまだ
きみにそばにいてほしいかってこと

僕たちの間には何かがある
僕たちを決して離さない何かが
愛を捨てることなんて決してないよ
(決して捨てたりしない)

We had a once in a lifetime
But I just didn't know it
'Til my life fell apart
A second once in a lifetime
Isn't too much to ask
'Cause I swear from the heart

一生に一度の本当の愛
でも僕には人生が崩れ落ちるまで
ちっともわかってなかったんだ
二度目の「一生に一度」の愛
求めすぎていたのかもしれない
だって僕は心から誓うんだ 

If ever you're in my arms again
This time I'll love you much better
If ever you're in my arms again
This time I'll hold you forever
This time we'll never end, 
never end

もしきみが 
僕の腕にまた戻ってきてくれるなら
今度はきっと もっと愛してみせる
もしきみが
僕の腕にまた戻ってきてくれるなら
今度はきっと 永遠にきみを抱きしめるよ
今度はきっと 僕らに決して終わりは来ない
終わりはないんだよ

The best of romances
Deserve second chances
I'll get to you somehow
'Cause I promise now

最高のロマンスが
二度目のチャンスにふさわしいんだ
どうにかしてきみに捧げたい
僕はいま約束するよ

If ever you're in my arms again
This time I'll love you much better
If ever you're in my arms again
This time I'll hold you forever
This time we'll never end

きみがこの腕に戻ってきてくれるなら
今度はきっと きみをもっと愛するんだ
きみがこの腕に戻ってきてくれるなら
今度はきっと 永遠にきみを離さない
今度はきっと 僕らに終わりは来ない

If ever you're in my arms again
This time I'll love you much better
If ever you're in my arms again
This time I'll hold you forever
This time we'll never end

きみが戻ってきてくれたら
僕はもっともっときみを愛するんだ
きみがこの腕に帰ってきてくれたら
きみを永遠に離さない
今度はきっと

If ever you're in my arms again
This time I'll love you much better
If ever you're in my arms again
This time I'll hold you forever
This time we'll never end
If ever you're in my arms again

もし きみをこの腕に取り戻せるなら
今度はもっときみを愛することを誓おう
もし きみをこの腕に取り戻せるなら
今度は永遠にきみを抱きしめるんだ
僕らに終わりは決して訪れない
もしきみがこの腕に…


(Words and Idioms)
once in a lifetime= 一生に一度 
from now on=これからずっと、今後は
letting go=放免

日本語訳 by 音時

◆国内盤シングルジャケット。
有名なキャッチコピー
「ピーボよりうまいのはピーボだけ!」

IfEverArms Again

これは当時、自動販売機だけで売っていた「VIVO(ビーボ)」という飲料ブランドが
「ビーボより美味いのはビーボだけ!」って強烈なキャッチフレーズで売っていました。間違いなく、それをもじったのだと思われます(^▽^;)。

◆"愛をもう一度"が最高位10位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles August 18, 1984

1位は…"ゴーストバスターズ!2位は"愛の魔力"。3位はジャクソンズとミックのコラボ。7位ベイビーズのJohn Waiteが戻ってきたのは嬉しかったな。ピーボは3週連続の10位を記録しました。

-1 1 GHOST BUSTERS - Ray Parker Jr. 
-2 4 WHAT’S LOVE GOT TO DO WITH IT - Tina Turner
-3 3 STATE OF SHOCK - The Jacksons with Mick Jagger
-4 2 WHEN DOVES CRY - Prince
-5 6 STUCK ON YOU - Lionel Richie 

-6 8 I CAN DREAM ABOUT YOU - Dan Hartman
-7 12 MISSING YOU - John Waite
-8 5 SAD SONGS (SAY SO MUCH) - Elton John 
-9 10 SUNGLASSES AT NIGHT - Corey Hart 
10 13 IF EVER YOU'RE IN MY ARMS AGAIN - Peabo Bryson


◆2001年のライヴです。