やっぱりこの曲の印象はFM放送の"ジェット・ストリーム"でしょうか。

 気に入った洋楽曲をすべてレコードを買うなんてできるはずもなく、FM雑誌をチェックしてはその時間にラジカセの前に正座しては、タイミングを見計らってエアチェック(録音)していました。そんな絶好のタイミングで、姉が部屋の蛍光灯を点灯させて"ブチッ"と雑音の入ってしまったテープが何本もありました。

◆一番よくエアチェックしたのはNHK-FMの「クロスオーバー・イレブン」かな。夜の11時にFMを付けると、落ち着いたしゃべり口調のナレーションで、曲をかけるときもラジオの前で今かと準備している僕の姿が見えているのか、エアチェックしやすい番組でした(感謝)。そして、日付が変わる頃にFM東京で「ジェット・ストリーム」の最初だけ聴く...っていう日がよくありました。

 「ジェット・ストリーム」のオープニングで「ミスター・ロンリー」がかかり、渋い城達也さんが語りだす...これは好きでしたね。



◆ボビー・ヴィントンは、全米トップ40曲を30曲、うちトップ10曲を9曲、うち4曲の全米No1ヒットにした超偉大な米国のシンガーです。今年で85歳で健在!です。
この曲「ミスター・ロンリー」を歌ったとき、ボビー・ヴィントンは陸軍に勤めていたといいます。故郷を遠く離れた海外にいる兵士が主人公。彼は誰からも手紙も来ないし、電話をかける相手もいない自分を"Mr.ロンリー"とニックネームをつけて自嘲しています。1964年と言えば、時はベトナム戦争の真っ只中、多くの若い兵士がこの曲を聴いて、故郷や恋人に会えないなかで思いを募らせていったといいます...。

***********

Songwriter(s)
Bobby Vinton, Gene Allan

Released in 1964
US Billboard Hot100#1
From The Album“Roses Are Red”

:原詞は太字


Lonely, I'm Mr. Lonely
I have nobody for my own
I am so lonely, I'm Mr. Lonely
Wish I had someone to call on the phone

ひとりぼっち 僕はMr.ロンリー
僕に恋人と呼べる人なんて誰もいないのさ
とても淋しいんだ 僕はMr."ひとりぼっち"
誰か電話でもかけられる人がいれば...


Now I'm a soldier, a lonely soldier
Away from home through no wish of my own
That's why I'm lonely, I'm Mr. Lonely
I wish that I could go back home

僕は兵士 孤独な兵士さ
故郷から遠く離れてしまったよ 
自分の意思なんてないままで
だから僕は淋しいんだ Mr.ロンリーさ
僕の願いは 故郷に帰ることなんだ...


Letters, never a letter
I get no letters in the mail
I've been forgotten, yes, forgotten
Oh, how I wonder, how is it I failed

手紙か 僕には手紙なんて来ない
僕への手紙はないんだ 郵便物を探しても
忘れられちゃったんだ 
そう 僕のことなど誰も憶えてないんだよ
わからない どう間違えてしまったのか

Now I'm a soldier, a lonely soldier
Away from home through no wish of my own
That's why I'm lonely, I'm Mr. Lonely
I wish that I could go back home

そして...僕は兵士  淋しがってる兵士さ
知らないうちに 故郷を離れてしまったよ
だから僕は孤独     Mr."ひとりぼっち"さ
僕の願い それは 故郷に帰ること...


日本語訳 by 音時

***********

◆僕の持っている洋楽本「ビルボード・ナンバー1・ヒット1955-1970上」(音楽之友社)のこの曲のページにこの曲のエピソードが書かれています。

この曲はボビーのデビュー曲「涙の紅バラ」と同時にレコーディングされ、ボビー自身も次のシングルとして希望していたのですが、「涙の紅バラ」がヒットするまで時間がかかったために、会社は他の新人シンガー(バディ・グレコ)に歌わせてレコードを発売しちゃったんです(全米64位と不発に終わります。
 ボビーは車の運転中、カーラジオから自分の作った「ミスター・ロンリー」が別な歌手によって歌われていたのを知ったそうです。

 その後、ボビーのベストアルバムの編集の折、最後の1曲としてこの「ミスター・ロンリー」が収録されることになりました...すると...のリクエストが殺到、シングル・カットとなり...2014年12月には全米第1位の大ヒットとなりました!

◆こちらレターメンの歌う「ミスター・ロンリー」。日本でもヒットしました。




◆このオープニングが始まると...ラジオの前で正座で聴きました。「クロスオーバー・イレブン」