3人組デュオグループのAmerica。爽やかなハーモニーを聴かせてくれました。
今でこそちょっと泥臭いようなデューイ・バネルの書く曲も聴きますが、めめしい性格だった僕(本当か?)はジェリー・ベックリーの書く優しくて可愛らしいような曲が好きでした。

彼らのサードアルバム「ハット・トリック」ではこの曲"She's Gonna Let you down"とラストの"Goodbye"がヨカッタな。

71uhfam5AOL._SX450_

◆ちなみにこの頃のアメリカのアルバム名は、すべて頭文字が「H」で始まるようになっていました。

知ってましたか?「アメリカ(バンド)」の全盛期を飾ったアルバム・タイトルは、全て頭文字が「H」なんですよ。(ミドル・エッジより)

◆この曲"あの娘はきみをガッカリさせるよ"といくら警告しても、彼は「聞く耳」を持ちません(^▽^;)。
それだけ「恋は盲目」なんですね。周りは前に彼に何か助けてもらった友人として、彼が倒れたときには手を貸そうと思ってるんです。

unnamedHat



彼...きっといいヤツなんでしょう。しかし、この彼女、そんなに酷い女の子なんですかね(^▽^;)。
原題は「あの娘はきみをがっかりさせる」なのに、邦題は「あの娘にふられて」ともう過去形になっちゃってます!

America Hat Trick

(Beckley)

Released in 1973
From The Album“Hat Trick”

:原詞は太字

We're afraid she's gonna let you down
Take your money and drop you to the ground
Wouldn't want to see you messed around
After all the love you think you've found
She's gonna let you down


心配なんだ あの娘はきみをがっかりさせるから
きみからお金を取り上げ 地面に突き落とす
時間を無駄にするきみをできれば見たくないんだ
きみがとうとう見つけたっていう恋だけど
あの娘はきみを失望させるんだ

Doesn't matter what we say
Love's the stubbornest game to play
Given time you might see it our way
And we'll be sorry boy until that day
She's gonna break away


僕らが言うことなんて気にもとめないよね
恋って最も頑固なゲームだから
きみは僕らの言うことがわかるのに
時間がかかるかもしれないね
そして僕らは後悔するんだよ
あの娘がきみから去っていってしまう日に

Remember all the times you helped us through
Now here's our chance to do the same for you
Guess the thing to do is wait around
Lend a hand when you are on the ground
She's gonna let you down
She's gonna let you down
She's gonna let you down


想い出してよ きみは僕達を助けてくれた
今は僕らがきみに
同じことをしてあげられるチャンスなんだ
やるべきことは待つことだけだけど
きみが倒れたときに手を貸してあげるさ
あの娘はきみを落胆させる
あの娘はきみをがっかりさせる
あの娘はきみを落ち込ませるから…

日本語訳 by 音時

imagesHatTrick


◆アルバム「Hat Trick」よりシングルにもなった「Muskrat Love」。



◆こちら「Goodbye」がアルバムラスト曲。"さよなら 「Mrs.悲しみ」、こんにちは「Uncle自由」"。