エリックの名前を冠した「Eric Carmen」というアルバムは2種類あります。

ラズベリーズからソロになった際のデビューアルバム=通称「金エリック」。

imagesEric


そしてもう1枚は「Change Of Heart」から4年のブレイクを経て1984年にリリースしたアルバム「Eric Carmen」=「Eric Carmen(1984)」=通称「煙草エリック」。

DSC_9514-800x450


◆全米チャートを賑わすヒットは出なかったものの、僕は割と好きで聴いていました。(アナログ・レコードを今も持っています。上記が証拠写真!)

アナログレコードではB面1曲目。「She Remembered」は「感傷の終わり」という邦題が付けられていました。確かにその通りの歌詞なんですが「同窓会に行って再び蘇るあのときの二人の思い」を「感傷の終わり」とはスパッと切り過ぎ!という感じがします(^▽^;)。
 ただ、エリックは確かに感傷たっぷりに歌い上げてるし、なんといっても、昔の彼女との思い出を懐かしむ曲を、アナログレコードの(B面)1曲目とラスト="The Way We Used To Be"邦題「あの頃の僕達」に入れるか~?

 エリックはもしかして、よっぽどこのとき実在する昔の恋人に思いを告げたかったのでは?と想像したりします。

R-2997754-1311312489.jpeg


(Eric Carmen)

Released in 1984
From The Album“Eric Carmen(1984)”

:原詞は太字

I went back to my class reunion
I was wondering
how my friends have changed
I was thinking about a certain girl
I was hoping to find there
I walked in and she caught my eye
Though she was standing with another guy
All the years seemed to fade away
Could it be she still remembered


同窓会に出席したんだ
友達が変わっていてとまどったよ
僕はある女の子のことを考えてた
行けば会えるかなと期待してた
部屋に入っていくと
彼女の姿に釘付けになったんだ
彼女が別な男性とそこにいたんだ
年月がだいぶ経ってしまったけど
彼女はまだ覚えているんだろうか

She remembered
It was so long ago
Could we ever feel that way again
She remembered
Making love neath the stars
Oh, the world was so much younger then
When we kissed
and my heart stood still
I said I loved her and I always will
cause dreams are forever
And some things you never forget


彼女は覚えていたんだ
だいぶ昔のことだけど
また以前のように感じられるかな?
彼女は覚えていた
きれいな星の下で愛し合ったこと
そのとき世界はだいぶ若かった
キスしたときに 
僕の心は停まってしまったよ
彼女を愛してる いつでも
いつまでもと誓ったんだ
夢は永遠に続くし
絶対に忘れないものがあるんだと
 
She introduced me
to the guy she was with
Then I asked her
if she'd like to dance
We hit the floor as the band began
Our favorite old slow song
I pulled her close and to my surprise
I heard her whisper
as she closed her eyes,
God its just like it used to be
I wasn't sure if you'd remember

彼女は一緒にいた男性に僕を紹介した
僕は彼女にダンスしないか尋ねたんだ
僕らの好きだった昔のスローな曲の
バンド演奏が始まったから
僕らはダンスフロアに飛びだした
彼女を近くに引き寄せて驚いた
彼女は目を閉じて耳元でささやいた
“まるで昔のようだわ
あなたが覚えてるなんて思ってなかった”
 
I remember
It was so long ago
Could we ever feel that way again
I remember
Making love neath the stars
Oh the world was so much younger then
When we kissed
and my heart stood still
I said I loved her and I always will
cause dreams are forever
And some things you never forget
 

僕は覚えてるよ
だいぶ昔のことだけど
また以前のように感じられるかな?
僕は覚えてるよ
きれいな星の下で愛し合い
そのとき世界はだいぶ若かったんだよ
キスを交わして
僕の心はそのとき停まったまま
彼女を愛してる いつでも
いつまでもと誓ったんだ
夢は永遠に続くし
絶対に忘れないものがあるんだと

Oh darlin, please don't try
and understand it
Let's be fools
for one moment in time
After all,
this is not as if we planned it
Just hold me close and remember
When you used to be mine


ああ 納得するなんて
しないでほしいんだ
今この時だけ
僕ら愚か者になってもいいよね
結局 思っていたようにはならないから
そばに来て抱きしめてほしい
そして覚えていてほしいんだ
きみが僕の恋人だった頃のことを
 
I remember when
She remembered
It was so long ago
Could we ever feel that way again
She remembered
Making love neath the stars
Oh the world was so much younger then
When we kissed
and my heart stood still
I said I loved her and I always will
cause dreams are forever
And some things you never forget


彼女が覚えていたってこと
僕は忘れないよ
だいぶ時は経ってしまったけど
僕たち同じように思えるはずだ
彼女は覚えていた
星の下で愛し合い
そのとき世界は若返ったんだよ
キスしたときから
心は停まってあのときのまま
いつでもこれからも彼女を愛す
夢は永遠に続いていく
決して忘れないものもあるんだ

Well, dreams are forever
And some things you never forget


そうさ 夢は永遠に続く
忘れることのできない
大切な思い出があるんだよ…

(Words and Idioms)
stood(stand)still=休止する
to my surprise=驚くべきことに

日本語訳 by 音時

aizwhome-img600x575-1427093167xq0xk815714


(英訳について)
途中、ダンスのくだりに出てくる「hit the floor」って歌詞ですが、「もう終わりだ」という意味の熟語もあるようなのです。
ただし、ここでその意味にすると、彼女にダンスを拒否られることになり、そのあとの「to my surprise」や彼女の「whisper」につながらないと思うので、ここでは敢えて「ダンスフロアに飛びだし」と訳しました。

◆バリー・マニロウ「想い出のなかに」(Looks Like We Made It)。この曲も昔付き合っていた相手と久しぶりに会ったときに心が揺れる曲ですね。



◆やっぱこの曲も想い出しますね。齋藤和義さん「ずっと好きだった」。
でもこの一言は言わないおくのかな...。