“Cherry Bomb!”…ランナウェイズは日本のテレビ、雑誌にもよく登場していて、ちょっとの間ですが、中高生に爆発的に人気が出ましたね!(ぎんざNOW!でも観たような気がします)

◆邦題“チェリー・ボンブ”と付けられたものだから、沢山の中学生が“Bomb”という単語を「ボンブ」と発音して、英語の先生に「最後の“b”は発音しません」と指導されたことでしょう。そしてあなたは心のなかで『発音しないんだったらつけるんじゃねーよ』と毒づいたことでしょう。←えっ?僕だけ(-_-;)

R-4004260-1562830689-1881.jpeg


◆“Cherry”は基本的には“cherry boy”の“cherry”でしょう(^▽^;)。ただ歌詞全体のなかでは性的なものだけでなく、同世代の若者には“爆発しようよ”って呼びかけだし、“ハロー”って挨拶されるパパ、ママ、世間には“これがアタシたち若者なのよ”っていうジェネレーション・ギャップを歌ってるのかなと思い、そんな風に意訳しちゃいました。彼女達の日本公演に来ていたのも男の子よりも女の子が多く来ていたようですね。

辞書を引いてみると"cherry bomb"とは(サクランボ大の)赤いかんしゃく玉,爆竹のことを言うようです。なるほど、そうすると、チ、チ、チ、チ...チェリー・ボム!♪のところは秒読み状態から爆発!を示してるように思えますね。

unnamed


Songwriters FOWLEY, KIM / JETT, JOAN
Lyrics c Peermusic Publishing

Released in 1977
All Japan Pop20 #3
From The Album"The Runaways"

:原詞は太字

Can't stay at home,
can't stay at school
Old folks say, ya poor little fool
Down the street, I'm the girl next door
I'm the fox you've been waiting for

家にも居場所がないし
学校にもいられない
オヤジたちは
おまえはちょっと考えが足りないと言うけど
街を行くアタシはどこにでもいる少女なの
でもね アタシは時代が待ち望んだ
次世代のずる賢い女ギツネよ!

Hello daddy, hello mom
I'm your ch-ch-cherry bomb
Hello world, I'm your wild girl
I'm your ch-ch-cherry bomb


ハロー パパ ママ
アタシは取り扱い注意のかんしゃく玉
世間のみなさん アタシは自由気ままな女の子
チュチュチュ…さあ爆発するわ

Stone age love
and strange sounds too
Come on baby,
let me get to you
Bad nights causing teenage blues
Get down ladies
you've got nothing to lose


大昔のような恋をして
珍しい音楽を一緒に聴かない?
さあ来て!
あなたのことよく知りたいの
つまんない夜じゃ
アタシ達ユーウツになっちゃうわ
なくなって困るものなんか
何にもないんだしね!

Hello daddy, hello mom
I'm your ch-ch-cherry bomb
Hello world, I'm your wild girl
I'm your ch-ch-cherry bomb


そうよ パパ ママ
アタシは取り扱い注意のかんしゃく玉
世間のみなさん アタシは自由気ままな女の子
チュチュチュ…さあ爆発するわ!

Hello daddy, hello mom
I'm your ch-ch-cherry bomb
Hello world, I'm your wild girl
I'm your ch-ch-cherry bomb

ハロー パパ ママ
アタシは取り扱い注意のかんしゃく玉
世間のみなさん アタシは自由気ままな女の子
チュチュチュ…さあ爆発するわ

Hey street boy
what's your style
Your dead end dreams
don't make you smile
I'll give ya something to live for
Have ya, grab ya 'til your sore


ヘイ そこ行く ストリート・ボーイ
あんたなんてカッコしてんのよ
行き詰った夢しか持ってないんじゃ
笑顔だって出てこないわ
アタシが生き甲斐を教えてアゲル
アンタを掴んで離さないわ
アンタがヒリヒリ痛がるまでね!

Hello daddy, hello mom
I'm your ch-ch-cherry bomb
Hello world, I'm your wild girl
I'm your ch-ch-cherry bomb
Cherry bomb, cherry bomb
Cherry bomb, cherry bomb
Cherry bomb

ハロー パパ ママ
アタシは取り扱い注意のかんしゃく玉
ハロー 世間みんな
アタシがアンタ達の代表よ
チェリー・ボム!
さくらんぼ爆弾!
今にも爆発しそうなの!

(Words and Idiom)
cherry=処女の、未経験の,新しい
get to 人=連絡を取る
sore=痛い ひりひり

日本語訳 by 音時

500x500Runaway


◆ランナウェイズが日本で大人気になったとき、クラスの男子の間でもメンバーの誰がいいか、なんて話したことがあります。もちろんブロンド&ボーカル&下着姿(!)のシェリー・カーリーがダントツ。Sくんはベースのジャッキーがいいとかなりマニアック。リタ・フォードはギターは上手いんだけど一票も入りませんでした(^▽^;)。僕は…顔だけで選んだサンディ…。でも美人顔に、たくましい腕を見た時にはちょっと引いてしまい、ジョーン・ジェットに鞍替えしました!(サンディはドラマーだから仕方ないよね)

◆ランナウェイズの結成も、プロ志向のサンディとジョーンの2人から始まったようですね。サンディはプロの演奏家になりたいという野心に突き動かされ、メンバー全員が女の子のロックバンドを作るという着想を持っていたようです。1975年、音楽プロデューサーのキム・フォーリーに出会い、地区内に住むギタリストのジョーン・ジェットの電話番号を教わり、二人は出会います。フォーリーはバンドを充実させるために他の女性ミュージシャン、特にリタ・フォードとシェリー・カーリーを獲得する手助けをしたそうです。

b8e3ed834ed6bb844567.v1567933208.w800.h800.fitcrop


◆ランナウェイズは1979年に解散。ドラムのサンディのことをちょっと紹介しますと、彼女はプロのミュージシャンを続けるために様々な試みをしたそうです。南カリフォルニアの他のグループと演奏し、ソロアルバム『The Beat is Back』をリリースし、サンディ・ウェスト・バンドを結成。でもなかなかうまくはいかず、収入を得るためにサンディはランナウェイズ以後の年月の大部分を音楽界の外で働くことを余儀なくされてしまいました。(主に建築業界で働き、バーテンダーと獣医のアシスタントとして短期間を過ごしました)

そして2005年10月21日、サンディは肺癌、そして脳腫瘍の病気と闘いましたが力尽きて天に召されました(47歳とのことでした)。

 ジョーン・ジェットは「私たちはロックンロールを演奏する女の子の夢を共有しました。サンディは活力にあふれた、力強いドラマーでした。」と語り、更に「私は友人を失った悲しみに打ちひしがれています。私たちは何時も自分たちが世界を変えるんだと語り合っていました。」と続けました。サンディ。R.I.P。

 ちなみに"シェリー・カーリー"ですが、ランナウェイズの時に発音を間違えてフォノグラムが"シェリー"と表記してしまったのこと。後にソロアルバムでシュリーという表記に変更しています。フランス読みなのでシェリーではなく"シュリ―・カーリー"さんとのことです。

imagesRunaways


◆文化放送 All Japan Pop20
1977年8月21日に最高位3位を記録しました!

BCRがまだまだ強い、名曲揃いのなかで3位は立派。8位デッド・エンド・キッズはスコットランドのグループ。ローラーズのフォロワーとして日本でも紹介されていました。原題“Have I The Right”。1964年に全米第5位になったハニーコムズのヒットのカバーです。

-1 あの娘はアイドル パット・マッグリン
-2 恋のゲーム ベイ・シティ・ローラーズ 
-3 チェリー・ボンブ ザ・ランナウェイズ
-4 ホテル・カリフォルニア イーグルス 
-5 ダンシング・クィーン アバ 

-6 ふたりのラヴ・ソング カーペンターズ
-7 アイム・イン・ユー ピーター・フランプトン
-8 初恋にレッツ・ゴー! デッド・エンド・キッス 
-9 ロッキーのテーマ ビル・コンティ
10 きらめく光のように オリビア・ニュートン・ジョン


◆日本公演での"Cherry Bomb"。会場は新宿厚生年金かな?



◆ジョーン・ジェットがサンディ・ウェストを偲んでファンと一緒に"Cherry Bomb"を歌います…。



◆こちらは映画「ランナウェイズ」からの"Cherry Bomb".ランナウェイズのストーリーの青春ガールズ・ムービー。



(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia ランナウェイズ
・BBC News
・The Runaways Official Webサイト