待ちに待ったエリックのサードアルバム「Change Of Heart」の発売日。当然すぐさまLPをゲットしました。

ファースト、セカンドともにジャケットがエリックの顔のアップだったのに、モノトーンで、しゃれて帽子をかぶったおぼっちゃま風エリック、裏面はタバコをくわえてワイルドな感じの写真。

A面1曲目「Desparete Fools Overture」。『ん?なんだインストゥルメンタルか』。オーケストラの弦楽器がメロディを奏でる…(始まるぞ…って感じ)…で、音が続いて、バーンとPOPな2曲目「二人のラヴ・ウェイ(Haven't We Come A Long Way)」が。エリックのPOPSの楽しさはこれですね~。「ハ~ン、ダーリン…」等のエリック節が冴えわたります。

419BQ764DEL


◆このアルバム「Change Of Heart」はよく聴きました。ほとんどがハッピーないし、美しいラブ・ソングでハズレ曲なし。ただ…
 ラストの「Desperate Fools」はエリック真骨頂のバラード曲で注目し、なかなか気にいったのですが、歌詞は悲観的で気になりました。エリック、大丈夫なのか...。ちょっとリアルな心のうちが出過ぎな感じがしました。

 これまでのアルバムにも「All By Myself」や「Boats Against The Current」「Run Away」など、エリックの心象風景を表現したような内省的な曲は入っていたのでそんなに変わらないと言えばそうなのかもしれない。だけど、ファーストやセカンド以上に楽しいPOPSが多いので、最後に「馬鹿者達に囲まれている俺って何?」みたいな歌詞で、これまで楽しんできた思いが、ちょっと醒めて冷静になってしまった…という記憶もあります。

◆ですので、アルバム「Change Of Heart」を聴く際には、ラストの「Desperate Fools」の歌詞の意味はあんまり考えずに聴くのがいいかもしれないですね。

「かあさん、僕はいまでも都会で人々にもまれながら、一生懸命生きてるよ...」

という故郷の母親にしたためた手紙(今ではLINE?)くらいの大意にて(^▽^;)。

j13360004



Songwriters: CARMEN, ERIC
lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1978
From The Album“Change Of Heart”

:原詞は太字

I've been up too high
I've been down too low
I've been searchin' for somethin'
With nowhere to go

Thought I'd make it alone
But I'm so far from home
In a town full of desperate fools


舞い上がりすぎてしまったり
かなり落ち込んでしまったり
何かを探してきたけど
どこ行っていいのかわからない

一人でうまくやれると思ってたけど
故郷を遠く離れて
今は暮らしてるのさ
救いようのない馬鹿者たちの街で

Oh, the sun beats down
On the l.a. scene
But you can't feel the cold
When the grass looks so green

And the games that I've played
Were not worth what I paid
In a town full of desperate fools

ああ太陽はロサンゼルスの景色を
照らし出す
でも草木達が緑色だから
そんなに寒さは感じない

僕はゲームに興じていた
お金を払う価値もないゲームをね
どうしようもない馬鹿者達の
この街のなかで

I've been takin' my life
One day at a time
Tryin' to piece it all together
But I know in my mind

That I'm startin' to be
What they want me to be
And I wonder sometimes
What's becoming of me

ある日一度に
人生を賭けるつもりだった
人生の欠片を繋ぎ合わせようとしてたんだ
頭のなかでわかっていたけど

まわりが僕にこうあってほしいと
思うようなヤツになり始めてて
ときどき迷ってしまうよ
僕はどうしたらいいんだって...

'cause I've been up too high
I've been down too low
I've been searchin' for somethin'
With nowhere to go

And I suppose it's been fun
But I guess I'm just one
In a town full of desperate fools
A town full of desperate fools

だって
僕はものすごく陽気になったり
ものすごく落ち込んだりの繰り返し
何かを探してきたんだけど
行き先がまだわからない

楽しかったとは思うんだ
でも結局 僕はひとりの人間さ
救いようのない馬鹿者達にあふれた街で
どうしようもない馬鹿者達の街のなかで…

日本語訳 by 音時

◆こちらアルバムリリース時の雑誌広告。なんちゅうキャッチコピーなんだ(^▽^;)。でもこのコピーを考えた人は、"Desperate Fools"の歌詞から連想したのかな...なんて思いました。

carmeneric7904ma_large


◆こちらはアルバム「チェンジ・オブ・ハート」のオープニング。インストゥルメンタルの「Desperate Fools Overture」(2分ほど)。




◆アルバムタイトル曲「チェンジ・オブ・ハート」。これ会場収録の歌番組ゲスト出演みたい。「紅白歌のベストテン」?あたりかな?