この曲はハートの1980年末に発表されたライヴ・アルバム“Greatest Hits Live”のなかで、ライヴ曲にまじってスタジオ曲の新曲として発表されました。ブラスセクションも入っているなどのアレンジは、グレイテスト・ヒッツの“おまけの新曲”だからこそ自由にできたのかもしれません。

 レッド・ツェッペリンの「ロックン・ロール」などもレパートリーにしているハート。ロックのイメージが強いなかで、この曲はR&Bシンガーのアーロン・ネヴィルの作品(1966年)というのがビックリ(゚Д゚;)しました。

R-4423657-1364992606-2072.jpeg

◆アーロン・ネヴィル(Aaron Neville)。1960年代から活躍してきた息の長いR&Bシンガーです。1989年にリンダ・ロンシュタッドとのデュエット"Don't Know Much"、"All My Life"のヒットもありましたね。

 アーロンのこの曲は彼の最大のヒット曲。邦題は「恋はきどらず」。1967年 1/28付チャートでは、首位モンキーズの“I'm A Believer”に次ぐ、最高位2位を記録しています。その後、オーティス・レディング(1967)や、ジョージ・ベンソン(1969)、フレディ・フェンダー(1978)などがカバーしましたが、オリジナルに次ぐチャート成績はやっぱりハートでした(全米8位)。だって、アンのボーカルもなかなかいいし、よくできてる。ロック・バンドのレパートリーとしても、アンのボーカルを聴かせるR&B曲で、ハートの懐の広さを見せる欠かせない1曲になりました。

koihakidorazu


◆ところで、男のアーロンが歌った歌詞は、

And I'm not a little boy(僕はちっちゃな坊やじゃない)

でしたが、ハートのアンが歌う際にはココの歌詞は、

And I don't want no little boy(幼い坊やなんて要らないわ)

に変わってますね!

僕はこの曲を聴いたのはハートが初めてでしたが、海外の方は、全米2位の大ヒットとなった、アーロンのオリジナルを知っているだろうから、この曲を女性ボーカルで聴くのは興味深かったでしょうね!これもハートの魅力につながったのだろうと思います。アンのストレートなボーカルで「ありのままに言って」と言われたら…言っちゃうかな(^▽^;)。

R-2813726-1370968978-4291.jpeg

Songwriters George Davis and Lee Diamond
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC, OLRAP PUBLISHING COMPANY, M. JONES PUBLISHING CO.

Released in 1980
US Billboard Hot100#8
From The Album"Greatest Hits Live"

:原詞は太字

If you want something to play with
Go and find yourself a toy
'Cause baby, baby,
My time is much too expensive
And I don't want no little boy

遊んでくれる相手が欲しいのなら
おもちゃの人形でも見つければいいわ
だってベイビー そうよ
アタシの時間はとっても高くつくのよ
幼い坊やなんて欲しくないの

And if you, if you are serious
Don't go play with my heart, makes me furious
And if you want me to love you, ooh
Baby I will, ooh, yeah, I will

でももし あなたが真剣なんだったら
アタシの心をもてあそばないで欲しいし
アタシを怒らせたりしないでね
もしあなたがアタシに愛してもらいたいと
そう思っているなら
ベイビー そうよ 愛してあげるわ

Tell it like it is, oh, yeah
Just let your conscience be your guide
You know deep down inside me
I believe you love me
Just forget your foolish pride

ありのままに言ってほしいの
あなたの良心に従って言えばいいのよ
わかるでしょ アタシの心の奥底が
あなたが愛してくれると信じてるの
だから馬鹿げたプライドなんて忘れてほしいのよ

I think life is too short for all this sorrow
We might be here today, gone tomorrow
And might as well just get what I want
I wanna live, I wanna live


こんな悲しみばかりに付き合ってたら
人生なんてあっと言う間に終わっちゃうわ
アタシたち今はここにいたとしても
明日にはいなくなってしまうかもしれない
そしたら欲しいものは手にした方がいいでしょ
アタシは生きたいの
イキイキと自分の人生をね

Tell it like it is
Don't be ashamed, now,
let your conscience be your guide
ooh, yeah, deep down inside me,
I believe you love me
Just forget your foolish pride


ありのままに話してね
もう恥ずかしがらないでよ
自分の心に正直になってちょうだい
ああ アタシの心の奥底では
あなたが愛してくれると信じてる
愚かなプライドは忘れてほしいのよ

Oh, oh, oh
Tell it like it is
Oh, yeah, yeah, yeah, yeah, yeah
Let your conscience be your guide
Oh, oh, tell it like it is, baby, baby
I believe you love me
Just forget your foolish pride


正直にありのままに話してほしいの
ああ そうよ
心の命ずるままに従ってね
そうよ 心のままに言えばいいの ベイビー
アタシを愛してちょうだい
愚かなプライドなんか捨て去ればいいの

Oh, tell it like it is
Tell it to me, baby, tell it to me
You gonna tell it to me right now, yeah, yeah
Tell it like it is
Oh, tell it, tell it


そうよ ありのままに
話してほしいの ベイビー アタシに向かって
ありのままに 今すぐに ねえ
心のままに話せばいいのよ
アタシが聞いてるから
アタシは待っているから・・・

(Words and Idioms)
furious=怒り狂った.
might as well=~する方がましだ、~するのと同じである

日本語訳 by 音時

ab67616d0000b273fe45abcf82940ec656995ea5


◆この曲をアーロンが歌った時の話が"Songfacts"にありました。

真実の愛を"お願い"するこの曲。この曲をレコーディングをしたとき、アーロンは港湾労働者でした。"沢山の人が僕のところに来て言うんだ。ある男はこの曲のおかげでかみさんとの関係が再び強まった、って言うし、ある男はこの歌のおかげでかみさんから愛想をつかされた"ってさ!

 はい、「心のなかをありのままに伝える」ことの良し悪しって…ありますよね(^▽^;)

◆"Tell It Like It Is"が最高位8位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending January 10, 1981

ジョンの遺作(:_;)、スターティング・オーヴァーが1位。2位はニール、映画「ジャズ・シンガー」から。4位ブロンディ「夢見るNo1」が上がってきてます。次週3位に次々週に1位になります。7位はロッド、ホンコン、トキヨーも"パッションが必要"!

-1 1 (Just Like) STARTING OVER –•– John Lennon
-2 3 LOVE ON THE ROCKS –•– Neil Diamond
-3 7 GUILTY –•– Barbra Streisand and Barry Gibb
-4 8 THE TIDE IS HIGH –•– Blondie
-5 5 HUNGRY HEART –•– Bruce Springsteen

-6 6 EVERY WOMAN IN THE WORLD –•– Air Supply
-7 11 PASSION –•– Rod Stewart
-8 10 TELL IT LIKE IT IS –•– Hear
-9 4 LADY –•– Kenny Rogers
10 2 MORE THAN I CAN SAY –•– Leo Sayer

◆May 28, 1982 Dortmund, Germany.



◆おおっアンがダイエットに成功したのか!?・・・と思ったら、ハートのトリビュートバンドでした。("Best Tribute Band 2011" by Vegas Rocks Magazine)“Heart Alive”って名前のバンドのようです。黒髪のアンと金髪の妹ナンシーと芸が細かい(^_^;)。



◆これがオリジナル。アーロン・ネヴィルの"Tell it Like It Is" (1966)