スティーヴィーの1967年発表のクリスマス・アルバム"想い出のクリスマス(Someday At Christmas)"のタイトル曲です。

でも歌詞は"想い出"を歌ったものではなく、"戦争や憎しみをなくそう"と平和で自由な世界を願う歌なんですね。

R-1713663-1510174488-4298.jpeg


前半の歌詞に出てくる"men"はそのまま「男たち」と和訳しました。この曲をスティーヴィーが歌った頃のアメリカはベトナム戦争の真っ只中、小さいときにおもちゃで遊んでいた男の子たちが大きくなると爆弾で「遊ぶ」ようになるなんて…!"男たちが自由になる世界"="戦争のない世界"という意味なんだろうな、と思います。

◆本当の自由な世界は、"きみや僕の時代には難しいかもしれない"。でも"いつかのクリスマス"にはきっと…!
華やかなクリスマス・イヴも楽しいけれど、平和で穏やかに過ごせるクリスマスを願いたい...。
...あなたにメリー・クリスマス。

R-4874735-1378143651-1245.jpeg


(Ron Miller, Bryan Wells)

Released in 1967
From The Album“Someday At Christmas”

:原詞の引用は太字

Someday at Christmas men won't be boys
Playing with bombs like kids play with toys
One warm December our hearts will see
A world where men are free

いつかのクリスマス 男たちは変わってる
おもちゃを遊ぶ子どものように
爆弾で遊ぶ少年ではなくなってるはず
いつかの暖かな12月 私たちの心は見るだろう
彼らがが自由になっている世界をね

Someday at Christmas there'll be no war
When we have learned what Christmas is for
When we have found what life's really worth
There'll be peace on earth

いつかのクリスマス 戦争はなくなってる
クリスマスがなんのためにあるか みんながわかるなら
人生がなんのために価値があるのかわかったら
世界に平和が訪れる

Someday all our dreams will come to be
Someday in a world where men are free
Maybe not in time for you and me
But someday at Christmas time


いつの日か 僕らの夢がかなうだろう
いつの日か 男たちが自由になる世界で
きみや僕の時代には難しいかもしれないけど
いつかのクリスマスにはきっと

Someday at Christmas we'll see a land
With no hungry children, no empty hand
One happy morning people will share
Our world where people care


いつかのクリスマス 僕らは目にするはずさ
飢えて何も持たない子どものいない世界を
幸せな朝をみんなで分け合えるはずさ
人々が互いに思いやってる世界を

Someday at Christmas there'll be no tears
All men are equal and no men have fears
One shining moment, one prayer away
From our world today


いつかのクリスマス 涙を流さなくて済むはずさ
すべての人が平等で 怯えて暮らす人もいない
ある輝く朝に 祈りを捧げよう
いま 私たちの世界から

Someday all our dreams will come to be
Someday in a world where men are free
Maybe not in time for you and me
But someday at Christmas time


いつの日か 僕らの夢がかなうだろう
いつの日か 男たちが自由になる世界で
きみや僕の時代には難しいかもしれないけど
いつかのクリスマスにはきっと

Someday at Christmas man will not fail
Hate will be gone and love will prevail
Someday a new world that we can start
With hope in every heart


いつかのクリスマス 人々はやり遂げる
憎しみはなくなり 愛が広がってる
いつの日か 新しい世界が始まるんだ
みんなの心に希望が満ちている世界が

Someday all our dreams will come to be
Someday in a world where men are free
Maybe not in time for you and me
But someday at Christmas time
Someday at Christmas time

いつの日か 僕らの夢がかなうだろう
いつの日か 男たちが自由になる世界で
きみや僕の時代には難しいかもしれないけど
いつかのクリスマスにはきっと
いつかのクリスマスにはきっと

日本語訳 by 音時

541Someday


◆アルバム"想い出のクリスマス"には、"Someday At Christmas"と同じソングライター(Ron Miller & Bryan Wells)の作品があと2曲収録されています。

"小さなクリスマス・ツリー(One Little Christmas Tree)



"丘の上の小さな家(A Warm Little Home On A Hill)"。