やっぱり今日はダンの曲を聴きたくなります…。
この記事は既掲載記事です。

*************

この曲は1位になってほしかった曲!多くの人がそう思ったことでしょう。

 1980年3月。クイーンの「愛という名の欲望」が4週連続No1、ダンが2位に迫ります。大きくなる期待!…そして翌週、3位だったピンク「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール Pt.2」に抜かれ2位で足踏み。そしてダウンしてしまうのです(悲)。これがその週のチャートです。

US Top 40 Singles For Week Ending March 15, 1980
 
1 1 CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE –•– Queen (Elektra)-13 (4 weeks at #1) (1)
2 3 LONGER –•– Dan Fogelberg (Epic / Full Moon)-14 (2)
3 6 ANOTHER BRICK IN THE WALL (Part 2) –•– Pink Floyd (Columbia)-9 (3)
4 4 DESIRE –•– Andy Gibb (RSO)-8 (4)
5 5 ON THE RADIO –•– Donna Summer (Casablanca)-10 (5)

6 8 WORKING MY WAY BACK TO YOU / FORGIVE ME GIRL (Medley) –•– The Spinners (Atlantic)-14 (6)
7 2 YES, I’M READY –•– Teri DeSario with K.C. (Casablanca)-18 (2)
8 9 HIM –•– Rupert Holmes (MCA)-9 (8)
9 10 THE SECOND TIME AROUND –•– Shalamar (Solar)-15 (9)
10 11 TOO HOT –•– Kool and the Gang (De-Lite)-9 (10)


LongerDan


◆僕や「全米トップ40」愛好家の皆さんが“チャート”と言っているのは基本的に米ビルボード誌の「Hot100」チャートのこと。ここでは“Longer”とダンは“悲劇の2位曲”と記憶されていますが、別のチャート誌「キャッシュ・ボックス」では、クイーンとピンクの隙間?に1週だけですが、3月15日付で見事1位に!

3月15日のチャートのNo1曲をクリックして見て!堂々としています。
ダン!天国で見てますか?(^▽^)

◆そうなんです。今日はダンの命日。2007年12月16日、闘病生活の末、ダンは天に召されました(享年56歳でした;前立腺癌)。今日はダンの最大のヒット曲“Longer”を取り上げます。(ダン、R.I.P)

R-1894815-1437672065-7824.jpeg


Songwriters Fogelberg, Dan
Lyrics © EMI Music Publishing

Released in 1980
US Billboard Hot100#2
From The Album”Phoenix”

:原詞の引用は太字

Longer than
there've been fishes in the ocean
Higher than any bird ever flew
Longer than
there've been stars up in the Heavens
I've been in love with you


海に魚たちが泳ぎ出す前から
空に飛び立つどんな鳥よりも高く
天空に星が輝き出す前から
僕もあなたをずっと愛してきた

Stronger than any mountain cathedral
Truer than any tree ever grew
Deeper than any forest primeval
I am in love with you

山にあるどんな大聖堂よりも頑丈で
立派に育ったどんな木よりも誠実で
どんな太古の森よりも深深と
僕はあなたをいま 愛している

I'll bring fires in the winters
You'll send showers in the springs
We'll fly through the fallsand summers
With love on our wings


冬には僕が暖かい炎を持って来よう
春にはあなたが恵みの雨を降らせるんだ
夏と秋の間じゅう 二人で空を飛ぶんだ
愛を僕たちの翼にのせて

Through the years
as the fire starts to mellow
Burning lines in the book of our lives
Though the binding cracks
and the pages start to yellow
I'll be in love with you,
I'll be in love with you


長い年月を経て
炎の勢いが落ち着き始めるにつれ
生命の書の何行かが燃え始める
本の綴じしろがほつれて
ページが黄ばみ始めても
僕はあなたを愛していく
僕はこれからもあなたを愛す

Longer than
there've been fishes in the ocean
Higher than any bird ever flew
Longer than
there've been stars up in the Heavens
I've been in love with you,
I am in love with you

海に魚たちが泳ぎ出す前から
空に飛び立つどんな鳥よりも高く
天空に星が輝き出す前から
僕もあなたをずっと愛してきた
僕は あなたを心から愛している

(Words and Idioms)
mellow=円熟する 落ちつく
the book of life=(天国へ行く人の名を記した)生命の書

日本語訳 by 音時

LongerFanF


◆この曲のSongfactsにあったエピソードです。

:ダンは70年代を通じてややロック志向の曲を作っていました。“ロンガー”については彼のある懐古的なアルバムのライナーノーツには“この曲は僕をエレベーターに乗せてくれる”と冗談で書いています。彼はマウイ島でのバカンスの最中にこの曲を書きました。“ある夜にハンモックに揺られて空を見ていたら、僕にはこの曲が宇宙を漂っているように思えたんだ。そしてこの歌が僕を見つけて、僕ならその曲にいい居場所をくれると決めたみたいなんだ”

…冗談で言っているのか?本気で言っているのか?わからない話ですね(-_-;)。でも何か人力での創作だけでなく、ひらめきがあって書いた曲だというのがわかります。それは天?宇宙?からのサジェストがあったってことなんでしょう。

◆歌詞は「~er」の「~よりも」という比較級で表され、愛の深さや長さを表現していますね。僕はそれとともに、1st verseから
I've been in love with you(過去から現在まで)
 ↓
I am in love with you(現在)
 ↓
I'll be in love with you(未来)
 ↓
I've been in love with you(過去から現在まで)
 ↓
I am in love with you(現在)

と曲のラストまで、ずぅっと「あなたを愛す」一文を「時」を変化させて歌っているのに気づいたとき、震えが止まりませんでした。素晴らしい曲であると同時にスゴい曲だと思いました。日本語でない英語ならではの妙。Lyricのテクニック...!

海外では結婚式に使われることも多く、世界中で多くの人がこの曲を愛しているんですね。