全米第3位にまで昇ったこの曲。あの"エスケイプ""ヒム"のルパート・ホルムスの作品だ!ということで当時驚きました。
兄妹グループのThe Jets、この曲のリードは12歳のエリザベスが取ります。

◆The Jetsのヒットシングルは以下の通り、1985年から1988年という3年間の間でしたが、チャートを賑わしてくれました。最後のトップ10ヒットになってしまいましたが、"Make It Real"も聴かせるバラードでした。

(1985)
"Curiosity" ? 8
(1986)
"Crush on You" 3
"Private Number" 47 
"You Got It All" 3
(1987)
"Cross My Broken Heart" 7 
"I Do You" 20
(1988)
"Rocket 2 U" 6
"Make It Real" 4

20180114_d11130


◆失恋の後で"純愛"って感じの曲かと思ってたんだけど、訳してみると、なんとなく、彼よりあなたの方が数段カッコいいから乗り換えちゃいま~す!みたいな調子のいい主人恋の女の子!?(そんなことないか)

◆ルパート・ホルムズとジェッツが結びつかなかったのですが、そのあたりの経緯がSongfactに出ていました(大意要約)

:ルパートはブロードウェイミュージカルの曲を書いたりしていたところ、マネージャーがファミリー・グループの曲を書かないか?とルパートに提案しました。ルパートは、グループのメンバーが10代ばかりと聞いてびっくり!ルパートは自分の書く曲に出てくる主人公はどちらかというと変わったキャラクターの持ち主ばかりなので最初はためらったようですが曲づくりに挑戦したようです。

 というのはルパートの娘さんは当時10歳。ルパートは娘のことを考えてこの曲を書きました。すると普段は父親の曲に興味を示さない娘さんが友達に"この曲は私のパパが作ったの"と紹介したようです!

はい、ルパート・ホルムズは「エスケイプ」「アンサリング・マシーン」など、アルバム「パートナーズ・イン・クライム」なんかは「奇人・変人」!沢山出てきます(誰だってそういう部分あるよね、ってこと)。"You Got it all"がルパート作だなんて思いませんよ!

131341443


Songwriters HOLMES, RUPERT
Lyrics c Universal Music Publishing Group

Released in 1986
US Billboard Hot100#3
From The Album"The Jets"

:原詞は太字

I, I was a game he would play
He brought the clouds to my day
Then like a ray of light
You came my way one night
Just one look and I knew

私は彼の恋のゲームのなかにいた
彼は私の毎日に雨雲を運んできてたの
そしたら光が射してきたように
ある夜 あなたが私の目の前に現れた
一目でわかったのよ

You would make everything clear
Make all the clouds disappear
Put all your fears to rest
Who do I love the best?
Don't you know, don't you know


あなたがすべてをはっきりさせてくれる
覆っていた雲を吹き飛ばしてくれる
恐れる気持ちも穏やかにしてくれる
私が誰を一番愛しているのかって?
わからない?
わからない?

You got it all over him
You got me over him
Honey it's true
There's just you
You must have been heaven sent
Hearing me call
you went out on a limb
And you're all that he's not
Just look what I got
'Cause you got it all over him


彼のこと
あなたがすっかり忘れさせてくれた
あなたが乗り越えさせてくれた
本当のことなの
あなただけなの
あなたは天からの贈り物なの
私の声を聞きつけて
からだ一つで来てくれたの
あなたは私が彼に見てたものとは
まったく違うわ
だってあなたは彼より
ぜんぶ素敵なんだから

No, don't let him worry you so
Once I met you I let go
Oh you can surely see
You're so much more to me
Just one look and I knew


だめよ 彼のことでもう悩まないで
あなたに逢えた私 前の恋は捨てたの
ああ あなたもわかるでしょ
あなたは私にはもったいないくらい
一目でわかったのよ

You would make everything clear
Make all the clouds disappear
You're better than all the rest
Who do I love the best
Don't you know
Don't you know


あなたがすべてをはっきりさせてくれる
覆っていた雲を吹き飛ばしてくれる
恐れる気持ちも穏やかにしてくれる
私が一番愛する人は誰?
あなたはわかる?
あなたはわかるの?

You got it all over him
You got me over him
Honey it's true
There's just you
You must have been heaven sent
Hearing me call you went
Out on a limb
And you're all that he's not
(All that he's not)
Just look what I got
(Look what I got)
'Cause you got it all
(You got it all)
All over him


あなたは彼より
すべてが素敵なのよ
彼のこと
あなたが乗り越えさせてくれた
本当のことなの
あなただけなの
あなたは天からの贈り物
私の声を聞きつけて
からだ一つで来てくれたの
あなたは彼とは全然違う
(彼とはまったく違う)
私の見た目通りの人
(思った通りの人)
だってあなたは
ぜんぶ素敵なの
(あなたはすてき)
彼なんかよりずっと…

(You got it all over him)
(You got me over him)
Honey it's true
There's just you
You must have been heaven sent
Hearing me call you went
Out on a limb
And you're all that he's not
(All that he's not)
Just look what I got
(Look what I got)
'Cause you got it all
(You got it all)
All over him
(You got it all over him)
(You got me over him)
Honey it's true
There's just you
You must have been heaven sent...


(Words and Idioms)
put~to rest=~を休ませる 〔うわさなど〕を静める
out on a limb=孤立無援の状態で

日本語訳 by 音時

20181220_80a207


◆日本盤シングルでの邦題は「ユー・ゴット...」となっていますが、さすがに発音は「ガット」だよなあと思いますので、この記事も邦題は「ユー・ガット・イット・オール」にさせていただきました(^▽^;)。

◆"You Got It All"が最高位3位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending March 7, 1987

1位はトニーとジーナの物語"Livin'On A Prayer"、5位はブルース・ウィルス。7位はビースティー・ボーイズ。ブルース・ホーンズビーの作品が2位と9位。8位のピーター・ゲイブリエル(小林克也風発音)もビデオが印象的でした。

-1 1 LIVIN’ ON A PRAYER –•– Bon Jovi
-2 2 JACOB’S LADDER –•– Huey Lewis & The News
-3 5 YOU GOT IT ALL –•– The Jets
-4 6 SOMEWHERE OUT THERE –•– Linda Ronstadt & James Ingram
-5 7 RESPECT YOURSELF –•– Bruce Willis

-6 3 KEEP YOUR HANDS TO YOURSELF –•– Georgia Satellites
-7 8 (YOU GOTTA) FIGHT FOR YOUR RIGHT (TO PARTY!) –•– Beastie Boys
-8 9 BIG TIME –•– Peter Gabriel
-9 12 MANDOLIN RAIN –•– Bruce Hornsby & The Range
10 15 LET’S WAIT AWHILE –•– Janet Jackson

◆25th Anniversary Concert in Minneapolis - 04/09/2010



◆ブリトニー・スピアーズもアルバム"Oops!... I Did It Again"のなかでカバーしてたんだな。知らなかった。